Saturday 17 Apr, 2010

ピアノレッスン

ピアノ発表会前の最終レッスンに望んだ。

長男坊には事細かに指導が飛ぶexclamation
やはりDaddyと弾いてるのを聴かないと、細かい調整は出来ない(気付かない)ようである。

ここは抑えて、退いて・・・弱くじゃなくてあせあせ(飛び散る汗)
ここはさらに押す、鍵盤では無くてダッシュ(走り出すさま)
抽象的な言葉が長男坊に投げかけられる。

分かんねぇだろうなぁ・・・と思いつつ聞いてると、
長男坊、混乱しながらも理解しようとしてる。素晴らしいぴかぴか(新しい)

Daddyはというと、ミスを連発。
家ではほとんど間違えないのに、ピアノが違うからタッチが変わって、音の響きも微妙に違って、さらに先生の声が木霊していると、もうどこを弾いてるのかサッパリ分からなくなる。

こんな精神力では発表会には通じない。あそこには魔物がいるのだ。
聖なる力を身につけなければ手(グー)
あと1週間で進化できるだろうかー(長音記号1)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 13:01   ==

Saturday 3 Apr, 2010

ピアノ発表会リハーサル

急遽午前中にレッスンが入り、練習の成果を披露。
特にご指摘される事項も無かったため、方向性はよしexclamationということだろうか。レッスン時間は短めの30分だった。

20100403-rehearsal.jpg午後は本日のメインイベント、
発表会リハ−サルである。

リハは前、後半に分かれているが、我が家は後半の部。20名前後いたろうか?長男坊とDaddyの順番は最後から2番目となった。
全然緊張感無かったのだが、前の前の人の演奏が始まって急に様子が変わった・・・ついさっきまでは「たかがリハーサル」と思っていたのに

演奏は大きく2度つまずいたが、あのへん怪しいな〜と思ってた箇所なので、想定の範囲内である。
そして帰宅後に録った演奏を聴き直してみると、ミスったところは別にして2箇所ほど修正したいところを見つけた。
長男坊は出だしのテンポがトロ過ぎ。何度言っても直らんなぁ〜
このままで弾いたらどうなるのか? 明日試してみよう。

だがどうやら行けるぞひらめき
近年のリハーサルでは、良い出来のほうではなかろうか?
と思える余裕が素晴らしい(笑)

問題はどうすれば間違えないで、弾けるのか・・・
永遠の課題だ。
とにかく何度も譜面とにらめっこしながら、弾き続けることしか方法を知らないDaddyなのである。

次男坊の演奏は?
毎度緊張しまくりながら、そこそこのパフォーマンスを引き出す彼だが、どうやら今回は勝手が違うらしい。
打鍵は弱くなり、テンポは安定せずバッド(下向き矢印)
異常な精神状態がはっきり現れた演奏っだった。野球ばかりやってるから、練習不足だな(笑)

本番まではあと3週間exclamation
仕事も忙しいが、こっちも頑張ろう手(グー)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:59   ==

Monday 22 Mar, 2010

3連休3日目(ピアノレッスン)

暗譜して弾ける状態にして、長男坊の先生からレッスンを受けてきた。
Daddyにとっては1年ぶりのレッスン手(チョキ)

発表会曲はプッチーニの歌劇・トゥーランドットより
《 誰も寝てはならぬ 》
男2人のピアノ連弾なのである。

例のごとく、
特に指示もなく、何となく弾くように促される。
先生(ほぼ同年代)としても、生徒でないDaddyにはあれこれ言い難いのだろうか。
初めは少々緊張して手が震えたが、ほんの2、3秒である。あっという間にいつもの状態、平常心に戻れたるんるん

あちこちミスをしながらも一通り弾き終えると、
またまた例のごとく先生からの一言、「どうですか?」

Daddyは思っていることをそのまま述べた。
1.まだ自分の身になっていないこと
2.テンポの変化をどう付けたらよいか苦慮していること
3.昨年一昨年に比べれば簡単に感じること

そして・・・
レッスンは1時間40分にも及んだ。

・先生の模範演奏(結構テキトーだけど、すごいヒントだらけぴかぴか(新しい)
・この音を出して、
・ここはテンポ通りに弾くと間延びするから一気に!
・ここは2人の音をぴったり合わせて

などなど、どちらかというと長男坊への指摘が多かった。
しかもDaddyの気付かなかった点ばかり。
それを聞きながら一つ一つ納得するDaddy。

無料レッスンとはいえ、不明な点はバシバシ質問!
毎年の事ながら、目からウロコぼろぼろのDaddyなのである。

見えたぞひらめき
まだ持ち帰って、何度か弾かないと確信できないけど7〜8割は見えた。細かいところはリハの後でもだいじょぶだろう。

リハーサルは2週間後だ手(グー)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:35   ==

Sunday 7 Mar, 2010

ピアノ発表会2010に向けて(その1)

20100307_duo.JPG発表会曲はプッチーニの歌劇・トゥーランドットより《 誰も寝てはならぬ 》
例年の事ながら、男2人の連弾である。

Daddyの暗譜が少々怪しいものの、順調に仕上がってきている。
長男坊と合わせたのは今日で3回目手(チョキ)
初回は全く曲にならなかったものの、1小節ずつ確認しながら確実にレベルアップしている。

長男坊の師匠様からレッスンのお呼びが掛かったが、まだこの状態は行けない。Daddyにとって年1、2回の貴重な時間である。それなりに仕上げて向かわねば、頂戴するコメントもしょーもない低レベルなものになってしまう。
今回も是非、目からウロコのご指導を頂きたいるんるん

だがリハーサルが4月3日確定となったため、そうモタモタもできない。
3月中旬以降にお目通し頂くとなると、あと10日ほどでそれなりにしないとあせあせ(飛び散る汗)
無理exclamation&question・・・と思ったら、そこで終わってしまう。

やれる範囲でやるっきゃないのだ手(グー)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 18:34   ==

Sunday 7 Feb, 2010

久しぶりのダウン

朝からピアノ発表会の練習るんるん
順調に仕上がってきており、もう少しスラスラ弾けたら長男坊と合わせてみたいと思う。

セカンドパートは思ったよりも簡単ぴかぴか(新しい)
初めは手も足も出なかったのに、もうそんな余裕が出ている。
しかしまだまだこれから。
テンポの揺らぎ、お互いの旋律に合わせたペダル裁き、プリモパートと合わせるのは大変そうである。
予定では4月から合わせるつもりでいたが、3月に早めよう手(グー)

午後は急激に気力が萎えてベッドへ・・・
すっかり寝込んでしまった。どうも毎年冬眠に入ってしまう。
春からのロケット元気に備えるのだどんっ(衝撃)


次男坊も体調を崩している。
先週月曜日から始まり、水曜日にはダウン・・・
朝方は平熱に戻るのに、夕方以降になると38度以上の発熱が続く。

徐々に消耗しているのが心配だ・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:55   ==

Thursday 4 Feb, 2010

ピアノ練習近況

ScoreSample.jpg次回発表会曲は、プッチーニの歌劇・トゥーランドットより
《 誰も寝てはならぬ 》

ようやく譜面を見ながら、つっかえながら、3ページの譜面を最後まで弾けるようになってきた。
ほぼ指番号が固まったので、あとは何度も弾くしかない。
手も足も出なかったスコアも、毎回こうして克服する。

誰にも教わらず・・・
孤独な練習なのである。

前回、前々回と発表会は不本意な結果となった。
特に前回はDaddyの演奏が止まってしまった。連弾なので、無音になることはないのだが、復活することができず、そのまま演奏終了・・・
正直辛かった。だが原因は自分の中で分析済みだ。

今回こそはリベンジなのである!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:39   ==

Saturday 16 Jan, 2010

進歩

残業続きの仕事・・・ようやく休み、疲れた〜
天気はいいのに身体は思うように動かない。こんな日はゆっくり家で過ごそうグッド(上向き矢印)

久しぶりにグランドピアノを満喫、
ワンパターンなブルグミュラーのるんるんメドレー
だがいつもと演奏が違う・・・

ひらめき走らない
いつも次の音がほんの少し早く出てしまい、テンポのキープが下手くそなDaddyなのだが、今日は違う。タイミング良く次の音が出せるようになった。

そして、しばらくぶりに弾いたベートーヴェンの月光ソナタは、譜面を見ながらも通しで弾けた。今までは譜読みしながら弾くと、疲れてしまって途中休憩となるのだが、あっという間に最後まで・・・ひらめき

どうやら朝練の効果である。
朝は譜読みしながら弾くことが増えたので、読譜力が付いてきたらしいわーい(嬉しい顔)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 13:03   ==

Sunday 10 Jan, 2010

次回のピアノ発表会曲

次の発表会曲が決まった。

プッチーニの歌劇・トゥーランドットより
《 誰も寝てはならぬ 》
もちろん男2人の連弾である!
カッチョイイ〜曲なので完成が楽しみだが、今のところ手も足も出ない・・・困ったなぁバッド(下向き矢印)

他の候補として
バッハ フーガト短調、
ブラームス ハンガリー舞曲第5番
なんかがあって、Daddyとしてはバッハが第1候補だったが、長男坊の先生から「崩れたら立て直し難しくなる」・・・と言う理由でやんわりと却下。
でも確かにそうだ。昨年は最悪の結果だったし。

【最近の練習】
・ツェルニー40番 No.4〜No.5
・リトルピシュナ48の基礎練習曲 No.4〜No.5
・ブルグミュラー25の練習曲 つばめ、乗馬

つばめ、乗馬は2年ぶりの練習。
このレベルはそこそこイケてるかなぁ〜っという感じになってきた。
6年半前にピアノを始めたばかりの頃は、とてつもなく高い壁だったが・・・

今後は少しずつ
発表会曲の練習にシフトチェンジ右斜め上
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 18:29   ==

Wednesday 23 Dec, 2009

ピアノ練習近況

最近は早起きして練習している。
毎朝だいたい40分〜1時間

【練習曲】
・ツェルニー40番 〜 第4曲、第5曲
・リトルピシュナ48の基礎練習曲 〜 第5曲
・ブルグミュラー 〜 つばめ、乗馬

今日はブルグミュラー・バルカロールの録音をアップした。
ご興味のある方限定
演奏はこちら↓↓
http://boston-recital.seesaa.net
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:56   ==

Saturday 17 Oct, 2009

ピアノ練習近況

久しぶりにピアノの記事をるんるん

練習は毎晩深夜に継続している
「継続は力なり」
仕事には影響の無いように、睡魔との格闘であったりもする。

そんな中、今日はブルグミュラー25の練習曲より「別れ」をアップした。
まぁボチボチの演奏だと思う(笑)

【今後の練習曲】
・ツェルニー40番第1曲〜第5曲
・リトルピシュナ 第1曲〜第5曲

しばらくは基礎練習に没頭しようか・・・
次回のピアノ発表会は4月らしいあせあせ(飛び散る汗)

=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 19:59   ==

Saturday 1 Aug, 2009

La Styrienne

ブルグミュラー25の練習曲より「シュタイヤー舞曲(アルプス地方の踊り)」を録音し、曲を別部屋「Daddy(Boston)の演奏」にアップした。

【練習近況】
・ツェルニー40番
第1曲〜第4曲
まだまだ第3曲、第4曲は曲になっていない・・・
40番の壁は高く厚い!

・ブルグミュラー25の練習曲
せきれい、別れ
「せきれい」は「C」の転回形が決まらない。
「別れ」は右手が固まる・・・

・リトルピシュナ48の基礎練習曲
第1曲・5本の指の練習
だいぶスラスラ弾けるようになってきたので、次に進めようか。


次の録音は「せきれい」だ。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 18:17   ==

Sunday 5 Jul, 2009

Consolation

ブルグミュラー25の練習曲より「コンソレーション」を録音し、
曲を別部屋「Daddy(Boston)の演奏」にアップした。

【練習近況】
・ツェルニー40番
第1曲〜第3曲
相変わらずである。第1曲、第2曲はもう1年以上練習しているが、まだ一線を越えることができない。だがDaddyは諦めない。止めてしまうと今までの練習がすべて無意味になってしまうからだ。
Daddyに限界はない・・・

・ブルグミュラー25の練習曲
せきれい、別れ、シュタイヤー舞曲
どれもこれもあと一歩。3〜4年ほど前に練習したときとはもう違う。自分なりの最高の演奏を目指せ!

・リトルピシュナ48の基礎練習曲
第1曲・5本の指の練習
難しくはない。だが黒鍵から始まる長調(Des,Es,Fis・・・)が苦手であることが分かった。やっぱり基礎力が足らない。

ベートーヴェン 月光ソナタ、ショパン ノクターン第20番・遺作
こちらはしばらくお預け・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:41   ==

Saturday 20 Jun, 2009

フジ子ヘミングのチケット購入

20090620_0904_FujikoTicket.jpg今日は早朝から並んで、フジ子ヘミングさんのチケットを購入してきた。今回で3度目になる。
早朝から行列が出来ており、少々意外?!

彼女のピアノはちょっと不思議な音がする。先日のツィメルマンのような感動とはまた違う何かを感じるのだ。上手いとか下手の次元で話をしてはいけない何か。

音のボリュームは全体的に大きく重い。それでいてふくよかで、心の芯にしっかり伝わってくる。誰が付けたか知らないが「魂のピアニスト」とはよく言ったものだ。

今回はモーツァルト、ピアノ協奏曲第21番が聴ける。
バックを固めるのはベルリン・フィルの室内楽グループ「アンサンブル・ベルリン」だ。
いい演奏を期待したい。そして何かを掴みたい。


【ピアノ練習近況】
1日1時間程度の練習は続けている。
器用な指先だけに頼った演奏が限界に来ており、フォーム改造に着手した。どうやらこれが出来ないと次のステップには進めないようなのである。手首、肘の動きに注意しながら、時には素早く、ダメならゆっくり。練習曲が曲にならなくても、今は我慢の時期だろう。

練習曲は、
・ブルグミュラー25の練習曲後半
・ツェルニー40番-1〜3
数日後からはリトル・ピシュナを加える予定でいる。

ちょっとの間?、月光ソナタとノクターン遺作はお預けだ。
(6月21日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:37   ==

Friday 29 May, 2009

裏ブログ

Daddyの裏ブログを作った。
今後ピアノ練習記録(録音)をアップする、専用ブログとしたい。

記念すべき最初の演奏は
今年のピアノ発表会「前日」の練習録音から

ご興味のある方はどうぞこちらへ ↓↓
http://boston-recital.seesaa.net/
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:30   ==

Monday 11 May, 2009

ピアノ練習近況

・ツェルニー40番-1〜3
40番-1〜2もまだまだ弾けてないが、ようやく40番-3を中心に練習開始。
現在、右手首の小指側周辺に変な痛みがある。筋肉がある場所じゃないので、たぶん軽い腱鞘炎だろうか。
1日1時間くらいしか練習してないのだが・・・

・ブルグミュラー せきれい、別れ、コンソレーション
せきれい、別れ、は支えなければOKのレベル。
コンソレーションは4年前の練習でパスしてしまった曲だ。簡単だからってことでスキップしたのだが、弾けば弾くほど響いてくる。
いい曲じゃないか!!

・ショパン ノクターン第20番「遺作」
53小節目以降が難関!そっちばかり弾いてると前半を忘れてしまう。しかし毎日曲全部を弾いてるほど時間はない・・・

・ベートーヴェン ピアノソナタ月光(第1楽章)
なかなかここまでは練習時間が取れない。休日で時間が許されるときに練習している。
そんなに難しい曲ではないものの、ゆらゆらとした空間を作るには繊細なタッチが要求される。シフトペダル(左ペダル)をたくさん入れたいが、今のDaddyにそこまでは無理か・・・


電子ピアノでは練習にならなくなってきているのを強く感じる。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:10   ==

Sunday 22 Mar, 2009

ピアノ練習近況

20090322-Nocturne.JPGこの連休は長男坊の体調が優れず外出しなかったため、自宅にてピアノをたくさん弾いた。ちなみに春分の日は「はたらくおじさん」だったので、3連休とはならなかった。


まずは子供たちのピアノ練習をサポート!
発表会で一番出来の悪かったDaddyが指導するというのは、ちょっと立場無いのだが、それでも変な弾き方してれば黙ってられん!!

それから自分の練習に << 最近の練習曲 >>
1.ツェルニー40番-1
2.ツェルニー40番-2
3.ブルグミュラー やさしい花
4.ブルグミュラー せきれい
5.ベートーヴェン ピアノソナタ「月光」第1楽章
6.ショパン ノクターン第20番「遺作」

特にツェルニー40番はここ1年進んでないので、練習の仕方が悪いのかも知れない。独学の限界を感じてしまう。
また、これだけ練習すると軽く2〜3時間は必要になってしまい、平日の練習はツェルニーばかりで味気ない。

それでも継続は力なり・・・
信じる者は救われる。

別に神様を信じている訳ではない。自分を信じるのである。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:49   ==

Saturday 14 Mar, 2009

スーパーピアノレッスン - シフと挑むベートーヴェンの協奏曲

悪夢のピアノ発表会から徐々に回復し、ピアノ練習を再開したDaddyである。このままピアノから離れることも、連弾を止めることだってできたが、悔いを残したまま別の目標を立てても無意味なのである。
この屈辱を忘れることなく精進しようではないか。

AndrasSchiff.JPGそんな中、NHKで放映されていたアンドラーシュ・シフのスーパーピアノレッスンが最終回を迎えた。Daddyの大好きなベートヴェンのピアノ協奏曲全曲でのレッスンってことで、毎週釘付け!

2年前だったろうか、バレンボイム氏のレッスンは、ベートーヴェン・ピアノソナタでの超真面目な音楽哲学ワールドだったが、今回は同様な要素もタップリあったものの、とても陽気なレッスン風景は人との接し方という意味でも大変参考になった。

すべて英語でレッスンされていたのも聞いてて楽しい。音楽用語は世界共通なのである。もちろんDaddyはとてもこの水準で弾くことはできないが、曲の構成とかイメージの仕方とかは、聴き手としてのレベルに変化があったように思う。

今回生徒として参加されていた、小菅優さんやエイナフ・イェルデンさんの今後にも注目したい。
魅力あるピアニストだった。

・・・ It has a universal musical and human message. [ by Shiff ]

(3月15日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 08:56   ==

Sunday 8 Mar, 2009

ピアノ発表会2009

悪夢の再来となってしまった・・・
Daddyの演奏は過去最悪。リハの時のように演奏が止まることはなかったが、音楽として、曲として体をなしていない。帰宅してから見たくなかった録画映像を確認したが、唖然バッド(下向き矢印)
分かっちゃいたが、ここまで酷かったか・・・

右手がほとんど歌えてなかった。たぶん8割以上弾けてなかったろうか。この4か月半の努力が報われることはなかったのである。
相変わらず緊張はさほど無かったが、ちょこちょこと外す音に頭が反応してしまい、途中から真っ白になってしまった。
すぐに戻れば何でもないが、復活のタイミングが掴めずズルズルと・・・
くっそー・・・なぜなぜなぜなぜなぜ

この模様は、後日CD化される音源と合わせ、我がホームページで公開する訳だが、今日は凹みすぎて、二度と発表会に出たくない心境である。
だが、後日よーく考えたい。連弾をやめるか、ピアノから足を洗うか・・・
それとも復活できるか、Daddyのソロデビューか、さらに連弾でリベンジかexclamation&question

一方、子供たちの演奏はまあまあであった。

長男坊はメチャクチャなDaddyを尻目に9割以上の出来だったろうか。
Daddyがしっかりしていれば、さらに素晴らしい演奏だったのに・・・
すまん!


次男坊は相変わらず本番に強い!
昨年もそうだったが、練習での実力をそのまま発揮した。
ガチガチに緊張してるくせに、なぜそんなことが出来るのか?
頭の中を見せてくれ・・・


まったく悔しい結果となってしまったが、もしかして一番残念がっているのは、普段の練習演奏を聴いていたMyWifeかも知れない・・・
スマン m(_ _)m
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 19:39   ==

Saturday 7 Mar, 2009

ピアノ発表会前日

今朝から長男坊の熱もようやく下がって、いよいよ明日の本番に向けて気合いの入るDaddyである。一時はどうなることかと思ったが・・・

20090307_practice.JPG午前中はアンサンブル練習
Daddyに出番はないが、子供たちも全然練習できてなかったので、最終チェックを入れてみた。練習すること数回・・・

まっボチボチ。
ノーミスとはいかないだろうが、楽しいアンサンブルになりそうだ。

夕方になっても本調子の出ない長男坊。
Daddyもあれこれ、明日に向けて最終調整をしていたところ、
かすかな光が・・・ひらめき

20090307_gp156open.JPGこれだぁー!(と、思う)
グランドピアノ屋根手前(譜面台のところ)を開けて演奏してみたら、リハの時に近い感覚が再現された。鍵盤も急に軽くなったような感じ。
そして音の聞こえは速過ぎて、聴きにくく感じる。
試しに演奏してみると、思った通り。間違いを連発し始めた。

ちょっとした感覚の違いなのだが、この「直接音」を聞きながらの演奏
が出来なかったのである。人によってはどうでもいいことに思えるかも知れないが、直接音がガンガンくると意外とビビるようである。急に耳元で大きな音が鳴った感じに近い。
いつも近所迷惑を考えて、休日の昼間でも譜面台は使わなかったDaddyだったが、これが違和感の原因だったとは・・・

そうと分かれば早速練習。
Daddyのタッチの強さで弾くとやっぱり相当ウルサイが、ご近所様、今日だけは勘弁・・・と思いながらガンガン弾く。

よし慣れてきた!
いつまでも横になっている長男坊を引っ張り出して、ちょっと付き合ってもらうと、やっぱり。長男坊も音の出し方に戸惑ってミスを重ねる。どうやら間違いなさそうだ。でも長男坊はいつも譜面立ててなかったか?

何度か二人で弾き続けていると、ようやくいつもの感じが出てきたのだが、体調が良くないため、あまり根を詰めての練習はできない。
くそー、もうちょっと早く気付いていれば・・・

だが、感じは掴めた。明日の本番で結果が出せるか?
楽しみになってきたぞexclamation
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 17:06   ==

Thursday 26 Feb, 2009

ポータブルデジタルレコーダー(その3)

20090227_View.JPG先日購入した「TASCAM DR-07」で、またちょっと録音をしてみた。

音源はYAMAHA電子ピアノDUP-7
前回はグランドピアノだったが、休日で、かつ子供たちのいない静かな時間など滅多にない・・・

接続はヘッドフォン端子からレコーダーへの直結、
当然ながら周囲の音は関係ないのである。

まずはAriGardenメインテーマ(笑)


もうちょっと先のほうも弾いてみる


最近は発表曲の練習ばかりで弾いてない曲のため、我ながらヘナチョコな演奏になったが、ラインからの録音でもなかなかの性能であることはわかった。このレコーダーに興味のある方は、是非パソコンにヘッドフォンを繋いで聴いて頂きたい。
ただ、電子ピアノの音はタッチで表情がうまく変わってくれないので、「ブーブーブー不満のブー」である。

20090227_op27-2.JPG以後、できるだけグランドピアノ&マイク録音にしようと思う。

右の譜面は
ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」
今月中旬くらいから、発表会曲練習の合間に弾き始めた。ちょっと息抜きには丁度いいレベル(第1楽章)である。
1年くらいで、そこそこ弾ければいいかな・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:53   ==