Saturday 17 Sep, 2016

とちぎ舞台芸術アカデミー2016 栃木県交響楽団 特別演奏会

<< プログラム >>

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
フンメル:トランペット協奏曲 変ホ長調
 【トランペット】刑部 望さん
 (第20回コンセール・マロニエ21 金管部門第2位)
〜休憩〜
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調
 【ピアノ】井村 理子さん
 (第20回コンセール・マロニエ21 ピアノ部門第1位)
ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲

指揮:荻町 修さん
20160917-Tochikyo.jpg
今回も大満足
特にピアノ、井村さん。羽石道代さん以来のヒット‼
久しぶりにお気に入りのピアニストが増えたわ✨

それぞれのソリストがアンコールに応えてくださって、またオケのほうも「こうもり序曲」を。
格安チケットなのにさ〜

Daddyも頑張って練習しよう!
(9月19日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 18:22   ==

Sunday 12 Jun, 2016

栃木県交響楽団 第101回定期演奏会

20160612-View.jpg今回は企画もの「伊福部 昭 没後10年記念」のサブタイトル
指揮 :今井 聡さん
    荻町 修さん
ピアノ:山田 令子さん

作曲 :伊福部 昭さん
1.舞踊音楽「プロメテの火」〜第3景「火の歓喜」 
2.管絃楽の為の音詩「寒帯林」
〜休憩〜
3.SF交響ファンタジー 第1番
4.ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ

伊福部さんといえば「ゴジラ」(上記3曲目)
まさか生オケで聴けるとは思わなかった! ゴジラの曲を聴きに足を運ぼうとは思わないからね。でも栃響の定期演奏会なら会員なので行かなきゃ🎵
他はもちろん知らない曲ばかり。

全体的な感想として、ヨーロッパのものとは違う、太古の日本を思わせるような、それでいてワクワク、ギュインギュインな感じで迫力あり、聴いててとても面白かった。バラード系の曲があるとさらに良かったんだけど、無かったのかな?
伊福部さんに興味沸いたので、少し聴いてみようと思う。

コンサートから帰って来て、急いで夕飯、お風呂、
Daddyは10日(金)から入院中(一時外泊)である。今晩は病院へ戻って明日手術、鎖骨の金属プレートとはいよいよお別れだ。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:54   ==

Sunday 31 Jan, 2016

栃木県交響楽団 第100回定期演奏会

Daddyが聴くようになったのは1980年頃から、一時期ブランクもあったが、やっぱりクラシックが好き。今では栃響会員にもなって、できるだけ仕事も調整して伺うようにしている。
定期演奏会100回、プロでもない団員さんたちが都度スケジュールを調整して、練習してずーっと継続してるってほんとすごいって思う。どうすんだよーっ!!なんて時もきっとあったろうな〜😃
20160131-TochikyoRegularConcert100th.jpg
【プログラム】
ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
ベルリオーズ 幻想交響曲 作品14a
ソリスト/宮田 大さん
指揮/末廣 誠さん

団員の方々、いつになく笑顔が多く見られた気がする。
チェロ協奏曲ではソリストに釘づけ!
ベルリオーズはパーカッショングループが大活躍
すんごい盛り上がった!!

100回記念らしく、とてもよい演奏会だったと思う。
みなさん、お疲れさまでした🎵
(2月1日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:26   ==

Wednesday 23 Sep, 2015

サントリーホール

「NTT DATA CONCERT OF CONCERTS Opus20」に行ってきた。このホール、いつかは行こうと思いつつ、遠いこともあってなかなか重い腰が上がらなかったが、今回はタダ券が入手できたので休日出勤を調整して単独行動することに。
シルバーウィーク最終日、東京周辺は大変な混雑だ。

10時前にJR鈍行(グリーン席)に乗車、優雅な気分で赤坂まで移動。溜池山王駅で下車すれば直ぐ近くなのは分かってたけど、敢えて赤坂経由、ぶらり旅が好きなDaddyである。
赤坂駅を出ると、お昼時なのに閑古鳥... ライブハウスやTBSがあるので、人混みを覚悟していたのだが拍子抜けだ。時間も少し余裕見ておいたのに〜

20150923-EFES Beer.jpgまずは腹ごしらえ。駅近くにあるトルコ料理店「サライ」へ
お客さんが数名しかいなかったので失敗したかと思いつつ、ミックスケパブランチ(ビーフとチキンのケパブ)を注文。これが意外に美味しかった! ついでに頼んだビールイラン(EFES)ビールは、コクがあってさっぱり。ランチにも合ってたようでなかなかグッド(上向き矢印)

食後は徒歩でサントリーホールを目指したが、どうにも方向が分からない。細道が多く、どこを通れば良いのやらほとんど山勘。スマホでウォークナビを使っても、上手く動いたり全然方向がおかしかったり...これ何とかならんのか。使い方が悪いのか?
とりあえず高いビルのあるほうへ向かえば...

20150923-Entrance.jpg開演10分前、迷いながらもギリギリ到着!
が、そこには知っている風景が。あれ... ここ数年前に家族で来た場所、テレ朝の隣じゃんか。小さかった次男坊にMyWifeとのカメラツーショットを撮ってもらった所である。テレビ局巡りをした小旅行、懐かしいな〜ぴかぴか(新しい)

【プログラム】
1.D. ショスタコーヴィチ祝典序曲作品96
2.L. v. ベートーヴェン交響曲第7番イ長調作品92
3.J. ブラームス交響曲第1番ハ短調作品68
アンコール ドボルザーク スラヴ舞曲第8番ト短調
指揮:トーマス・ザンデルリンク(Thomas Sanderling)
演奏:ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ(JAPAN VIRTUOSO SYMPHONY ORCHESTRA)
ついでに企画構成(三枝成彰、大友直人)←出てこなかったけど。

一曲目でびっくり!!
なんだここの音は!! オケの音がいつもと全然違う。席位置は一番後ろから2列目、2階席が真上にあったせいか音が少しこもってしまい、特に低音がぼやける。それを差し引いても素晴らしい音響で、包まれてるように聞こえてくる。もう3列くらい前で、2階席を後ろにするとまた違った音になるはず。
あぁ聴いてみたい!!
20150923-MainHall.jpg
このオケは、日本を代表する楽団のコンサートマスターや首席奏者の集まりとのことで、さすが演奏も素晴らしかった。やっぱり管楽パートが安定してると安心して聴けるわ〜
ベートーヴェン7番4楽章では涙うるうるに...
Daddy久々の「ブラボーるんるん
演奏してくれた人たちに気持ちを伝えなきゃねわーい(嬉しい顔)

是非、また近いうちに来たいと思う!
(9月24日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:22   ==

Sunday 7 Jun, 2015

栃木県交響楽団 第99回定期演奏会

20150607-TochikyoTicket.jpg今回から会員としてわーい(嬉しい顔)
開場5分前に着くと長蛇の列...これをかき分けてすり抜けて開場前に入場。会員は10分前から入れるのである〜全席自由は当然ガラガラ〜
どこにしようexclamation&question

〜 曲目 〜
メンデルスゾーン 交響曲第4番イ長調 作品90「イタリア」
リスト 死の舞踏 S.126 「怒りの日」によるピアノと管弦楽のためのパラフレーズ
ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」
指揮:三原明人さん
ピアノ:阿久澤政行さん

死の舞踏はよかったな〜 難しいピアノ演奏、少し余裕をもって弾いてる印象があった。どんだけ練習すれば...って、小さいころからやってる人は地力が違うんだろう。30過ぎから始めたDaddyでは、命ある範囲内では弾けそうにもない。宝くじに当たって優雅な生活でもできれば...

本日本命の運命♪ Daddyの好きなベートーヴェン
アマチュア楽団だからね、細かいところはいろいろあったけど、まぁご愛嬌わーい(嬉しい顔)
2楽章はいつ聴いても胸がグッとくる。そして3楽章終わりから4楽章にかけての盛り上がり、
いつもながらキターーーーーッ!!
cresc.<cresc.<< ドーミーソーーファッミッレッドッレッドー
かっこ良すぎだグッド(上向き矢印)

20150607-Tochikyo_99thSubscriptionConcert.jpgアンコールはトランペットから
一瞬ドラクエ?! かと思ったが、すぐに分かりますね、まさかの結婚行進曲黒ハート
生オケで聴く機会なんて一生無いかと思ってたよ。きっとペット担当はアンコールまで気が抜けなかっただろうな
ありがと栃響かわいい

次の定期公演は100回記念だ!
(6月13日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:44   ==

Sunday 24 May, 2015

宇都宮シンフォニーオーケストラ第14回定期演奏会

20150524-Tickets.jpgえっと...
まず、この楽団の存在を知らなかったあせあせ(飛び散る汗)
昨日ピアノの師匠から急にいただいたチケット。まだDaddyは自宅療養期間ということもあり、休日の予定はガラガラなので、行ってみることにるんるん
---------------------------
< プログラム >
ブラームス 大学祝典序曲 Op.80
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18
  〜 休 憩 〜
ブラームス 交響曲第1番ハ短調 Op.68

指揮:石川和紀さん、ソリスト:越田美和さん
--------------------------------------------
聴きたいのは、もちろんピアノ♪
ラフマニノフだからね。身長2m、12度の音程を片手で弾けたそうだから... それにとにかく重厚で、Daddyは手も足も出ないレベル。女性が弾くのは大変だろうな〜って思ってたら...
オケの音に飲み込まれずに頑張ってた!!
高音部を弾く時には、座る場所を右にずらして、そしてまた元の位置に戻って。
ときには腰が浮くぐらいに踏ん張って鍵盤にパワーをexclamation×2
すごいな〜

いつも音が出てこないと指摘されるDaddy、もっと響かせないと!ってあらためて思った。ちょうど、秋のコンクールに向けて練習を始めている長男坊にも参考になったろうか?

20150524-View.jpg交響曲は...体調のすぐれないDaddy、痛みからのストレスで一日中眠い眠い(睡眠)
すっかり眠い(睡眠)
途中、隣席にいた長男坊のくしゃみで起こされた...
最初と最後しか聴けなかったふらふら

いつもだけど、
演奏会でピアノ聴くと、モチベーション上がるわグッド(上向き矢印)
(5月27日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:55   ==

Friday 24 Apr, 2015

栃木県交響楽団の会員に

20150424-Tochikyo.jpg楽団員ではなく、会員わーい(嬉しい顔)
ファンクラブのような位置付けと思えば良いのだろうか?
何か関わりを持ちたくてずっと気になってはいたものの、なかなか重い腰は上がらず。
あれこれ忙しすぎて手が回らないあせあせ(飛び散る汗)

やっと時間が出来て会社の昼休みに問い合わせてみると... 電話に出てくれなかったりバッド(下向き矢印)
でも繋がってしまえば簡単なやりとりだった。
20150428-TochikyoLeaf.jpg送付されてきた封書には、まだ支払前なのに会員券(入場券)も入ってて、信用されてる感じがいいね!
早速、同封の専用振込票を持参し、指定地方銀行での手続きを済ませてきた。

次回の定期公演は6月、
Daddyの好きなベートーヴェン交響曲、でも「運命」以外を聴きたかったな〜とか思ったり。
メンデルスゾーンのイタリアも楽しみるんるん
(4月28日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:43   ==

Sunday 1 Feb, 2015

栃木県交響楽団 第98回定期演奏会

昨年は仕事の都合で行けないことが多々あったが、今年はどうかな? できるだけ足を運びたいと思う。

【曲目】
・モーツァルト 交響曲第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」
・マーラー 交響曲第1番 ニ長調「巨人」〜花の章付き〜
☆アンコール
・モーツァルト ドン・ジョバンニ序曲
指揮:末廣誠さん
 
クラシック音楽好きな人なら、マーラーで思い浮かぶのは小澤征爾さんのボストン響でしょうね。でも当時、Daddy自慢のオーディオで鳴らしたことは、あまり記憶にない。
なぜなら...

演奏時間が長いから マーラーの交響曲は1時間超えがほとんど。なかなか1時間以上ガッツリ聴こうとは思わない。
それで何となくコンサートも敬遠していたのだが、今回はようやく初の生オケマーラーるんるん

出だしから、おぉ〜マーラーだぴかぴか(新しい)って感動しているDaddy、当たり前なんだが(笑)
クライマックスは管楽器、打楽器系がドドドドーッと押し寄せてきて、ものすごい大迫力どんっ(衝撃)
これだ、これだよマーラーはわーい(嬉しい顔)

20150201-Tochikyo.jpg

演奏後、指揮者の末廣さん「マーラーのあとにアンコールをやってはいけないことになってるんですが、今日はやります」って、サービス精神が嬉しい。あれだけの演奏を振った後はクタクタでしょうにー(長音記号1)

今回も大満足な音楽空間だったわーい(嬉しい顔)
(2月2日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:59   ==

Wednesday 19 Nov, 2014

白鳥の湖

20141119-BolshoiBalletSwanLake.jpg初クラシックバレエである!
ちょうど結婚記念日に宇都宮公演があるとのことで、MyWifeと観に行ってきた。白鳥の湖を知ったのは、野球漫画ドカベン・殿馬(とのま)の秘打だったな^^ 一時期クラシック音楽で聴くことはあったものの、バレエ音楽に興味湧かないので、全曲聴いたことはない。
なんの予習もせずに観に行ってしまったが...

会場入りするとオペラグラスの販売が眼鏡
しまった!こんなときのために持ってるのに、そこまで気が回らなかったちっ(怒った顔)
何度も来たことのある栃木県総合文化センター、おぉ〜あんなところにオケがいる。そして幕が上がってまたビックリ! こんなに奥行きがあったとは 思ってたより広いステージだ。

20141119-Seating Position.jpg舞台は落ち着いた色合いでとても綺麗ぴかぴか(新しい) 鮮やかな西洋絵画を観ているようである。雰囲気はオペラと同じ感じなのだが、歌詞・台詞は発しない。なんとも焦れったい!
舞踊ですべてが表現されるわけで、慣れないDaddyはそれを読み取るのに大変苦労する。細かいところは分からないが、長い修練積んだんだろうな〜と感心しながら観ていた。女性は美しく悩ましく繊細に、そして男性はダイナミックに!
欲を言えば、プリマやダンスールノーブルの周囲にいる人たちが、もっと動きを合わせてくれると格好良かったんだが。水泳シンクロの強いロシアなんだからさ〜

肝心の物語は、そうか... 最後はそうなのかもうやだ〜(悲しい顔)
終幕後、拍手は鳴り止まない。
初バレエは大満足な異空間であったぴかぴか(新しい)

...で、来年で結婚20年になるんだなかわいい
(11月21日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:45   ==

Saturday 1 Nov, 2014

ユリアンナ・アヴデーエワ ピアノリサイタル

Avdeevaでアヴデーエワ? なんか微妙なカタカナだけど(笑)
素晴らしかった!
2曲目、3曲目ではジーンと来てしまったDaddy、大満足である。CDで聴いてた時は何てことない曲だったのに、かっこよかったな♪
20141101-YuliannaAvdeeva.jpg

小柄な身体でもガンガン鳴る〜さすが、ショパンコンクール1位はダテじゃない。時々身体が浮いてたりして、あのくらい踏ん張るんだ目
弾き方の姿勢はきれいで、とても参考になるところが多々あった。演奏中に前方上45度くらいを見つめるようなシーンが何度もあったが、あれは意識してだろうか? Daddyが思うに、彼女自身のお気に入りポーズなんじゃないかとぴかぴか(新しい)

アンコールは3曲、小さな町のホール半分くらいしか入ってないのに、大サービス!!
優しそうな笑顔はチャーミングだったわーい(嬉しい顔)(笑)
(11月3日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 09:44   ==

Wednesday 11 Jun, 2014

避難訓練コンサート

栃木県総合文化センターにて催された、その名の通り避難訓練ありのコンサート。
ピアノはDaddy一押しの地元ピアニスト・羽石道代さん
お久しぶりでございます(笑)
無料ということもあってか、大ホールは1階席がほぼ満員。集まりましたね〜っ!!

20140611-DisasterDrill-.jpg訓練はこんな感じ。
演奏プログラムの中盤に入ってきところ、曲の途中でどこかから異音が。
ゴオォォォォーーーーッ なんだ? ガラスが割れる効果音まで。
どうやら大地震が発生した模様。会場はそわそわしているものの静かなものだ。
構造物は耐震構造なので、その場で身を屈めて頭を隠してとのアナウンス

落ち着いたら今度はがく〜(落胆した顔)リリリリリリリリリリリリリリ
火災報知機である。出火場所を確認するので、しばらくそのまま動かないように。
数分後、避難を開始するようにとの放送があり、係員の誘導にしたがって避難場所へ移動。
移動が始まるとスムーズだったように思う。

でもいくつかの問題があったように思うので、ペンアンケート用紙にしっかりと書き記してきた。改善されるかな(笑)
元の席に戻ると、ちゃんと空いてる。自由席なのでどうかと思ったけど、やっぱり日本人!こういうところはほんといいねかわいい

20140611-Program.jpg演奏の方はというと、いつもながら大満足るんるん
ピアノのハンマーが少し湿ってたのか? スタインウェイらしい高音が出てないような気がしたけど、それはそれで落ち着いた音でGood!
ショパン革命ではペダルさばきに目がテン目 うわ〜っあせあせ(飛び散る汗) すっごい細かい動き。長男坊が次の学生コンクールにチャレンジする予定曲なのである。
マジかよ、弾けるのかよ、長男坊exclamation&question

そしてプログラム終了後は、まさかのアンコール2曲グッド(上向き矢印)
クライスラーのシンコペーション、葉加瀬太郎の情熱大陸
無料で聴くには申し訳ないコンサートだった。

にしても、道代さんのトーク
おっかしいわーい(嬉しい顔)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:50   ==

Saturday 16 Nov, 2013

ジャン=マルク・ルイサダ ピアノリサイタル

20131116-Stage.jpgMyWifeから話を聞いた時は耳を疑った。
ルイサダ?
マジかいexclamation&question
昨年ユンディリのリサイタルが来日中止になって、ピアノリサイタル欠乏症だったDaddyである。

早めに会場入りしないと動きが取れなくなると思い、少し急いで来たのに、ホールに入ると人はまばら...
そのうち埋まってくるのかと思えば、開演直前になってもそれは変わらず...1000人収容できるホールの後ろ半分が空席であるふらふら

オラが村、こういうことに興味なさ過ぎでしょあせあせ(飛び散る汗)
3,000円の爆安チケット、なんで余るかな〜
世界レベルのピアニスト、大都市圏ならこの倍払っても入れないだろうに

20131116-Program.jpg演奏スタイルは独特、背もたれに寄りかかるように弾き始め、時には左足を前に伸ばして寝そべっているような格好にも。もちろんそんな格好ばかりではなかったけど、そこから生まれてくる音は格別である。いつも聴いてるスタインウェイ、どうしたらこんなに柔らかい音が出せるんだろう。

全曲譜面を見ながらの気楽な感じもいい。
曲によってはほとんどスコアを見ないこともあったけど、次の曲が見つからなくてパラパラ探しながら、聴衆にはちょっと待って^^のしぐさ
身長190cmくらいありそうな大きな身体なのだが、お茶目な感じがいいねわーい(嬉しい顔)

アンコール2曲目に入る前に、ちょっと大きめの地震があって会場がそわそわしてたのに、まだ完全に揺れが収まる前に何事も無いように弾き出して...すごい集中力

以前から何となく気になってたピアニストるんるん
すっかりファンになりましたかわいい
(11月20日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:33   ==

Wednesday 14 Nov, 2012

キエフ国立交響楽団

かなり久しぶりのオケ鑑賞るんるん
平日6:00開場、6:30開演ってことで、仕事は定時上がり。急いで栃木県総合文化センターへ。ギリギリかと思ったら、6:20頃に到着できた。MyFamilyと合流して菓子パン食べて、イザッ!

20121114_Ukraine.jpg指揮:ヴォロディーミル・シレンコ
ピアノ:ウラジーミル・ミシュク

【 曲 目 】
チャイコフスキー/幻想序曲「ロミオとジュリエット」
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調
チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調

平日、時間帯のこともあってか、お客さん少ないね。メインホール半分ちょいくらいしかいない?
まず、ロミオとジュリエット。オーケストラの編成(並び)はいつもと違って古典配置。左に1stヴァイオリン、右に2ndヴァイオリン、コントラバスは左側。ヴァイオリンの掛け合いが左へ右へ移るので、これはセンターで聴きたかったな。家でCD聴いてるとパッとしない曲だけど、生は迫力あって次男坊も気に入ったようだ。

20121114-UkraineOrche.JPGDaddyの席はステージ向かって左側。ピアノコンチェルトがあるときは、だいたいソリストの手が見えるところに陣取るのだが、そのラフマニノフが・・・
なんだこのスローテンポは、それに音量のバランスの悪さ。ピアノの聴かせどころでオケの音しか聞こえなかったり、ピアノとオケの音が度々ズレたり。日本のローカル楽団でもこんなにひどくないってくらいに聴き苦しかった。

リハーサル聴かせるなら、もっと安くしなフリーダイヤル
あまりマイナスコメントは書きたくないDaddyだが、今回は言っとかないとどんっ(衝撃)

20121114-Studying.JPG休憩中、次男坊はお勉強。えらい!
で、後半のプログラムはチャイコフスキーの第5番。
主題がしつこく出てくるのであまり好きな曲じゃないんだけど・・ 音の厚みかな? 思ったよりもドドーッと響いて、心まで大きくなったような気分。とても心地好い演奏だった。
Daddyからはブラボー2回、ほかの聴衆からもあったね。あまり入ってない割にブラボーが多かったように思う。コンチェルトで不完全燃焼だっただけに、すっきりしたわーい(嬉しい顔)

アンコールは2曲
チャイコフスキー/歌劇「雪姫」より 道化師のダンス
スコリク/メロディ

「道化師のダンス」はウキウキ、Daddyの頭が久しぶりに踊ったわーい(嬉しい顔)
スコリクの「メロディ」はとてもきれいなメロディ(笑) どちらも聴いたことない曲だったけど、いい感じかわいい
あとで復習しておこう。

次男坊の学童野球が終わったら、もっと聴きに行くぞー(長音記号1)
(11月16日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:40   ==

Thursday 20 Sep, 2012

ユンディ・リさん来日公演中止

20120919-Yundi_Li_Cancellation.JPG朝から残念なニュースが舞い込んだもうやだ〜(悲しい顔)

なんてこったバッド(下向き矢印)
今年5月にゲットしておいたイベントチケット
あのときのDaddyは毎日が苦しくて、でもこれを抜ければ楽しみが待ってるかわいいとか思いながら入手しといたのに・・

宇都宮公演まであと17日ってところで
音楽に国境があるのかよーダッシュ(走り出すさま)


以下、栃木県総合文化センターのHPより抜粋
┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛

『ユンディ・リ ピアノリサイタル』
公演中止のお知らせ

 10月5日(金)栃木県総合文化センターにて開催予定の標記公演は、昨今の日中両国間の問題から、『ユンディ・リ』に対し、中国政府から日本への渡航不可の行政指導があったことにより、誠に残念ながら当公演を中止させていただくこととなりました。
 入場券をお買い求めいただいたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことについて、主催者として深くお詫び申し上げます。


┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛┘┛

=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 19:49   ==

Tuesday 21 Feb, 2012

栃木県議会議事堂ホールコンサート

20120221-PrefecturalGov.JPG羽石さんが演奏するそうなので、ちょっと足を運んでみた。初めて訪問する栃木県庁・新庁舎。建て直して5年くらいは経ったかな?

入ってびっくり、デ、デカイexclamation×2
ちょっと豪勢に作りすぎだな。こんな箱モノに見栄張ってどうすんだよあせあせ(飛び散る汗)
Daddyだって滅多に来ない場所、ランニングコストが掛かるだけ・・・総工費いくら掛かったんだ?と思いネットで調べようと思ったら、検索しても全然ヒットしない
なんで目
こういうのはすぐ見つかるようにしときなさいよむかっ(怒り)
怪しさ満載だわ・・

20120221-PianoView.JPG他の県でも似たような記事が見つかったりして、やっぱり同じこと思う人いるんだな。
どうせモノに使うなら、立派な消防車とか素敵な図書館とか、JRや東武鉄道と協力してチョ〜かっちょいい宇都宮駅を作るとか・・
住民が常に利用できるようなモノにして欲しい。県庁なんて滅多に来ないんだから。

それよりも、借金あるんだべ?
なんで最小限の機能に絞らないのかな・・ そういうアピールなら、日本一の県庁になれるのに。

さて本題るんるん
まず県議長さん挨拶、県知事さん紹介などが軽くあった後、
早速演奏へ
<< 曲目 >>
1.県民の歌(斉唱あり)
2.モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調KV.467
指揮:荻町修さん、ピアノ:羽石道代さん、オケ:栃木県交響楽団

県民の歌はDaddyも立って一緒に斉唱。
歌ったのは小学生以来かな?
いゃ〜生オーケストラバージョン。県民の歌かっちょいいグッド(上向き矢印)
感動したぴかぴか(新しい)

そしてモーツァルト。久しく聴いてない曲だったけど、たまらんわぁ〜揺れるハート
今回は羽石さんの手がよく見える。その距離3mほど。
手は大きくないですね眼鏡
第2楽章はもっと響きが欲しかったけど、場所が場所だけにしょうがないな。羽石さんも勝手が違ったのか、本調子じゃなかったような・・ ピアノがお休みのところで、しきりに手もみ。
いつもああいう仕草、多かったっけ?
なんとなく気になったDaddyである。

20120221-Leaflet.jpg無料の演奏会は45分くらいで終了。
すかさず県議会開催のお知らせ、議事堂傍聴席へ移動のアナウンス。
でも栃響のメンバーはまだ座ってる・・・
もしやこれ、アンコールありexclamation&question
そんなことはお構いなしに、聴衆を案内し始める進行担当者。

なんだかな・・・
だがDaddyはそんなに暇ではない。議会運営はあなた方の仕事です。県民が見てなくてもしっかりやってください。
借金してまでご立派な箱モノは要りません。
(2月25日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:04   ==

Tuesday 15 Nov, 2011

ユリアンナ・アヴデーエワ ピアノリサイタル

YuliannaAvdeeva.jpg昨年のショパンピアノコンクール優勝者!
細身でパンツルックのピアニスト。ん?似たような方がいたような?

今回は毎日に追われていて、曲の予習できなかった(>_<)
でも・・・
すごいわ、さすが世界レベルぴかぴか(新しい)
知ってる曲はほんの2、3曲、それでも全然退屈しない。

【曲目】
ショパン:舟歌嬰ヘ長調 op.60
ラヴェル:ソナチネ
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第2番 ニ短調 op.14
リスト:悲しみのゴンドラ2
リスト:灰色の雲
リスト:調性のないバガテル
リスト:ハンガリー狂詩曲第17番 ニ短調
ワーグナー(リスト編):オペラ「タンホイザー」序曲

20111115-encore.JPGどこからアンコールが始まったのか。。。
分かっていたのは長男坊。
Daddy「いまの何調だった?」
長男坊「変ニ長調だった」
ってことはアンコール曲?(すでに2曲目に入ってたあせあせ(飛び散る汗)

見る角度が良かったのか、体重の掛け方、抜き方など、とても参考になった。
特にDaddyが注意される手首、グニャングニャンに動いてたな。
次男坊も同じこと言ってた。(いいところ見てるぞ目
(11月19日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 08:36   ==

Sunday 23 Oct, 2011

仲道郁代ピアノリサイタル

20111123-IkuyoLeflet.JPG今回は栃木市合併記念事業、三井住友海上文化財団派遣コンサートということで、料金が格安。
指定席で1,000円、子どもらは500円フリーダイヤル

しかしながら、安いコンサートは普段クラシックを聴かない人もやって来るようで、聴衆のマナーは今一つ。
でもさ、演奏中に咳をするときはハンカチを当てる、携帯電話の電源は切る、おしゃべりしない、荷物をいじってクシャクシャノイズを出さない。
この程度はやろうよ・・

さらに言えば、曲が終わったときは最後の音が消えるまで、そして演奏者の表情が曲から抜けるまで拍手は待つ!
曲が終わった途端に拍手をする人、知ったかぶりしなくていいよ!!
と、愚痴はこのくらいで。

まずプログラムに入る前に
東日本大震災へ哀悼の意を込めて「ノクターン嬰ハ短調 遺作」
これがもういきなり涙ウルウル・・

<曲目>
シューマン/リスト:歌曲集《ミルテの花》op.25-1より「献呈」S.566
リスト:愛の夢 第3番 変イ長調 S.541-3
リスト:2つの演奏会用練習曲より
     第1曲「森のざわめき」変ニ長調S.145-1
     第2曲「小人の踊り」嬰へ短調S.145-2
シューマン:《子どもの情景》より「トロイメライ」op.15-7
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」op.27-2
ショパン:ポロネーズ第3番 イ長調「軍隊」op.40-1
*ピアノ解体ショー
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調op.31
ショパン:12の練習曲op.10第5番 変ト長調「黒鍵」
ショパン:12の練習曲op.25第1番 変イ長調「エオリアンハープ」
ショパン:12の練習曲op.10 第3番 ホ長調「別れの曲」
ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」op.53

20111023-HallView.JPG演奏前にはそれぞれの曲のエピソードなどを語り、時折上品な冗談も交えたり、全体を通して和やかなコンサート。

アンコール曲には革命、愛の挨拶
どれもこれも彼女の優しさ溢れる演奏だったように思う。全体として安定感あったなー
ただ、ピアノ弾きなら好き嫌いがはっきり出るかも。

とっても素敵な「郁代ワールド」だったわーい(嬉しい顔)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:10   ==

Wednesday 28 Sep, 2011

第5回 羽石道代プラスシリーズ「お料理ボンジュール」

20110928-HaneishiMichiyo+.jpgいゃ〜待ってましたのコンサートるんるん
最近は野球ばかりで出歩いてないから、ホッとする一時・・・
会社を定時で上がって、コンサート会場へダッシュ(走り出すさま)
(これがなかなか大変なのだが)

席は先に到着していたMyWifeとMyChildrenが確保していたので、慌てずゆっくりと会場入りできた。
彼女のコンサートはもう2年ぶりか?
月日の経つのは早い・・・

前半は普通にクラシックコンサート
駒井ゆり子さんと田中麻里さんの歌曲、どれもこれも良かったが、Daddyはやっぱりピアノぴかぴか(新しい)
20110928-Michiyo+View1.JPG前半最後、F.リストの2曲、凄かったぁ〜グッド(上向き矢印)
ちゃんと予定曲の予習はしていった。リストの2曲だって、ツィメルマンとユンディリの演奏を何度も聴いてから行ったのに、全く聴き劣りしない。
久々に音の洪水!たまらんハートたち(複数ハート)

にしても道代さん、相変わらずのパンツルック目
カッチョいいわ〜

後半は、オリジナルオペレッタ「お料理ボンジュール!」
ネタバレは書かないほうがいいかな?
バカ笑いするほどではなかったけど、ずっこけストーリーに歌曲が何曲も織り交ぜられていて、とても楽しくリラックスして観ることができた。

コンサートの最後は、心温まる「赤とんぼ」
フランス語とイタリア語と日本語だったかな?

今回も大満足のDaddyぴかぴか(新しい)
早くも次回が楽しみなのである黒ハート
(9月29日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:08   ==

Friday 22 Jul, 2011

コンサートチケット2枚♪

20110720_MichiyoPuls.jpg現在、Daddyの好きなピアニスト
ツィメルマン、バレンボイム、ランラン、ユンディリ

そして地元出身「羽石道代さん」ぴかぴか(新しい)
3年前、ベートーヴェンのコンチェルトを聴いて一目惚れならぬ、一耳惚れ揺れるハート (前記事:栃木県交響楽団
いつも東京でコンサートをしており、ようやく地元開催である。まっ、しゃーない。絶対的に人数が少ないし

で、今回は何だ目exclamation&question
企画モノ?「第5回お料理ボンジュール」
第4回のお料理ボンジュールがあったのか?って読み取れちゃうリーフレットだけど、きっと「第5回羽石道代プラスシリーズ」だな。
まぁそんなことはどうでもよくわーい(嬉しい顔)
ちゃんと曲を事前に学習して楽しみたいと思う。
テンション上がっぺなグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
20110720_MichiyoTicket.jpg

それから、もう1枚のチケットは
「ユリアンナ・アヴデーエワさん」のリサイタルるんるん
昨年のショパン国際ピアノコンクールでの優勝者である。女性の1位受賞はアルゲリッチ(1965年)以来だというからちょっと意外目 (アルゲリッチはそんなに好きでもないけど)
ただ、予定されてる曲目にショパンが1曲しかないのは少々不満・・・

何にせよ、楽しみが待ってるのはいいことだ。
お陰でいろいろ頑張れそうだがね〜手(グー)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:52   ==

Sunday 6 Feb, 2011

栃木県交響楽団(第90回定期演奏会)

20110206-131004.jpg久しぶりのコンサートである。
曲はそんなに好きじゃなかったが、奥村愛さんのヴァイオリンってことでチケットをゲットした。
野球部練習の次男坊も何とか間に合うだろう!
ってことだったが、なんと学級閉鎖あせあせ(飛び散る汗)
野球部は学年閉鎖?・・4年生は練習に来なくていいそうで・・・

なら久しぶりのお出かけできたじゃ〜ん
プチ旅行が大好きなDaddy、もうウズウズしっ放しなのである
まぁ買っちまったチケット、無駄にはできないふらふら

== 曲目 ==
スメタナ/連作交響詩「我が祖国」より第1曲「高い城」
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲
バルトーク/オーケストラのための協奏曲

まずはスメタナ
Daddy早速撃沈もうやだ〜(悲しい顔)涙ウルウルである。この曲を聴いていたのは中学2年か3年か?
音楽の授業で覚えたモルダウの歌るんるん
「ボヘミアの川よ〜モルダウよ〜 過ぎ〜し日のごと 今もなお〜」
これで火が付いて「我が祖国」のレコードを買ったCD
CDではない、レコードである音楽
今回の曲はモルダウ(第2曲)ではないが、それでも懐かしいぴかぴか(新しい)
生オケで聴く日がくるなんて・・・ 当時のDaddyに教えてやりたいものだ

感動もそこそこに
次は奥村愛さんのチャイコフスキー
愛さんにお会いするのは4年半ぶり?・・ あちらさんは知らないだろけど(笑)
同曲は3年前、忘れもしない天満敦子さんの強烈な演奏どんっ(衝撃)
これが記憶にあるため少々違和感があったものの、これはこれで愛さんのチャイコフスキー
いつもアバウトな彼女のブログを拝見していたので、難しい演奏をしているのを見て「ヴァイオリニストなんだ・・・」と改めて思った次第である。
(愛さん、すみませんm(_ _)mわーい(嬉しい顔)
演奏はとても品があって良かった。
MyWife曰く「かわいいからイイ黒ハート」だそうだ目

20110206-132240.jpg最後はバルトーク
分からんよ。一応CDで予習はしておいたけど、やっぱり分からん
好んで聴いたりはしないジャンル?だわな〜

にしても、驚いたのが次男坊
なんとずっと起きてた(笑)
どの曲が良かった?の問いに「最後のアンコール曲exclamation
Daddyも同感!
静かに聞いていたDaddy、アンコール2曲後にブラボー2回演劇
ようやく声を張り上げたのであ〜るわーい(嬉しい顔)

次回の定期演奏会はベートーヴェン交響曲第7番だそうで、これはぜひ栃響で聴いてみたい!
スケジュール合うかな〜
(2月8日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:50   ==