Sunday 26 Feb, 2017

宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち【第1章 嚆矢篇】

20170226-Yamato2202.jpg50分、1200円...微妙😅
ちょっと躊躇したが、友人が行きたいというので付き合ってきた。

公開2日目、意外にもシアターはほぼ満席。もちろん年齢層はほとんどDaddyより上のオジサマたち、いわゆる第一次アニメブーム世代の先駆けである。ヤマト2199の出来が良かっただけに、みな期待は大であろう。

例のごとくネタバレは書かないが、最初から全開だ。
初っ端から彗星帝国ズオーダー大帝の声で
「だから愛が必要だ!」で始まる。
強烈すぎる!!
(ズオーダーという名はまだ出てなかったか?)

キャラクタは旧作とほぼ一緒だが、ストーリーは全くと言ってよいほど違っており、昔のファンも展開が読めず、十分楽しめると思う。
不満は、前作2199の後の新作『2199 星巡る方舟』のときにも当ブログに書いたように思うが、艦隊戦がイマイチだった。もっと戦術的な要素が入るとずっと面白いのに...
誰が指揮官なのかすらわからない。

そしてあっという間の50分、エンドロールになっても誰も立ち上がらない。聴き慣れたBGMに続きジュリーの歌声が流れる〜第1章の主題歌は、約40年前の旧作でも使用された「ヤマトより愛をこめて」
懐かしすぎる〜
そして予告編、次は6月!
またまた面白そうだけど、TV放映を待とうかな。

最終章にはまた是非、映画館に足を運ぼうと思う
(3月3日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:01   ==

Sunday 19 Feb, 2017

「シーモアさんと、大人のための人生入門」

珍しく一人で映画を観てきた。MOVIXでもTOHOシネマズでもない、昔ながらの映画館、宇都宮ヒカリ座。
たぶん30年ほど前、インディジョーンズを観たのが最後だったと思う。椅子は入れ替えられて大きめになっていたが、前の席との段差は変わっていないようで、混んでいたら頭が気になったろう。
チケットは小さく、2cm角?昔のまんまか?発券機もそのまま??
20170219-HikarizaTheater.jpg

元プロのピアニスト、そして現在は89歳で現役のピアノ教師。
大人のための人生入門、って邦題だけど、内容は入門的な感じではなくて、もっと深く普遍的なお話だ。
原題は「Seymour: An Introduction」だから、人生なんて言葉は入ってない。
20170219-Seymour.jpgフェイスブック記事

昔のピアニストの話が出てきたり、譜読みの話があったり、マニアックなところも多いので、ピアノに深く興味ある人じゃないと面白くないかもしれないな。

厳しくて、温かくて、なぜか胸に切なさの残る映画だった。
(2月21日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:15   ==

Sunday 15 Jan, 2017

Rogue One (STAR WARS)

20170115_RougeOne.jpg飲み友と観てきた。
昔々のエピソードWの直前の話、デススターの設計図を盗むお話しだ。

いつものようにネタばれは書かないけどさ、ストーリー展開が早くて、ついていくのが大変だった💨
疲れた。

俳優陣も似たようなのがいて、これはどっちの人だっけ?なんてことも思ったり。その手の業界で仕事してるDaddyからすれば、設計図のデータ暗号化は?
興味あったところだけど、そんなシーンは無かったり
20170115_RougeOneWall.jpg
最後にちらっと出てきたレイア姫は、噂ほど似てないし
そしてみんな... 悲しすぎる。

イマイチだったかな⤵
(1月19日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:35   ==

Sunday 28 Aug, 2016

シン・ゴジラ

20160828-Movix.jpg評判がいいので観てきた。
考えてみれば、ゴジラをまともに見たことはない。小さいころに何度かテレビで見た記憶はある。vsメカゴジラ、vsキングギドラ、戦いのシーンはかすかに覚えがあるものの、ストーリーは全く覚えがない。
当時の感想は、面白くない...である。
ウルトラマンや仮面ライダーのようなヒーローものではないので、子ども時代のDaddyには分からなかった。

40年の時を経てようやく!
まず感想はというと、ゴジラはとても強くてワクワクした。しかしそれを除けば、緊張したし、重たくつらいシーンの連続だった。あらためて、楽しさを求める映画ではないことが分かった。

今回は東京にゴジラ上陸、ネタばれはあまり書かないでおくが、時は現代。自衛隊の通常攻撃、ミサイルを含めて全く効果なし。日本政府はどう動くのか、そして世界は?!
20160828-Godzilla.jpgシミュレーション映画として、とてもリアルだったと思う。東京周辺の地理がわかると、さらにリアル感が増すだろう。

民主主義、政治家の決断、国民の命、今回はゴジラが対象だったが、本当に想定外の危機が訪れたときのために、政治家は心積もりをしておいてほしい。

緊急時は個々人の能力が問われる。
ルール無用とまでは言わないが...
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 18:42   ==

Sunday 27 Dec, 2015

STAR WARS EPISODEZ

映画館でスターウォーズを観るのは2回目。
初回はエピソード1、シンガポールのシアターで。音声は英語で字幕は中国語だった。
印象は... つまらなかった。帰国してビデオで見直したけど、やっぱりつまらなかった。映像がすごいばかりで内容はイマイチ、正直、エピソード1〜3はダースベイダーの誕生が分かっていただけに、外伝のような位置付けになってしまったと思う。
20151226-STARWARS.jpg
で、今回のエピソード7
あまり期待すると「しっぺ返し」が怖くて気にしないようにしてたのだが...
物語後半から、ぞくぞくの連続。
来た来た来た来たーっ❗❗
ネタバレは書かないけど、Daddyのような往年のファンは痺れっぱなしじゃなかったろうか。
最後のご対面は涙ものだった。

新三部作、次回が楽しみだ😃
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:05   ==

Sunday 7 Dec, 2014

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

20141207-Yamato2199.jpg公開2日目に観てきた。
突っ込みどころ満載だったが、前回のダイジェスト版(追憶の航海)が今ひとつだったので少しスッキリ!!

物語はイスカンダルからの帰路でのエピソード。ガミラスとの友好関係(デスラーは出てこない)、そして横暴なガトランティス、ヤマトには珍しい艦隊戦が展開されたが、もっと戦略的な感じがあると面白いんだけどな〜 いつも行き当たりばったり
「敵襲!!正体不明!!」
ってなパターンが多すぎ
古代が戦闘指揮してたけど、沖田艦長の艦隊戦が見たかった!!

まだ彗星帝国という言葉は出てきてないと思うので、ガトランティスの正体はおあずけ。今後の展開が楽しみである。

音楽的にはガミロン(ガミラス人)がピアノを弾くシーンがあった。若い女性と老いた男性、いずれもさらっと弾いてたけど、音楽教育とかされてるのかな?(笑)
音楽集が出るならそれも楽しみなのである🎵

続編のアナウンス、何も無かったけどあるよね?
(12月17日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:11   ==

Sunday 12 Oct, 2014

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

20141012-YAMATO2199Dijest.jpg友人とサンデーナイト🎥
昨年の新TVシリーズ全26話(映画では全7章)を新たな視点で再構成した特別総集編のヤマト2199。新シリーズがとても気に入ったので、期待大だったが...

ひどい、こんなのあり得ない💥
ヤマトファンとして許せない、観なくても良かったと思うくらいだ。新しいカットは入ったものの、戦闘シーンばかり。しかも、いきなり冥王星基地(ストーリーの途中)から始まったかと思うと、最初(地球を飛び立つ前)に戻ってしまったり、初ヤマトの人が観たらチンプンカンプン⁉じゃないかと。
Daadyが期待していたのは、再来月に公開される完全新作へのつなぎエピソードが入ると思ってたのだが、それも無く、ほんとにダイジェストのみ。

良かったのは音楽かな🎵
前回よりもガンガン鳴ってたような気がする。そんなシーンばかりだったからか??

観衆は夜ということもあり20人位、45歳のDaddyよりも上のおじ様ばかりだったが、みなさん観終わってから呆然... 何なんだこの雰囲気。
友人と交わした会話も「これで終わりかい...?」
満足感の欠片もなかったな。残念だ⤵
(10月18日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:44   ==

Sunday 1 Sep, 2013

宇宙戦艦ヤマト2199 第7章

20130901-Yamato2199.jpgシアター → DVD → TV放映の順で公開されており、毎週日曜日のTV放映は、Daddy至福のひと時なのである。
リメイク版なんてのはロクなもんじゃない。そんな先入観で📺見続けていたのだが、これが予想以上に面白い。大雑把なストーリーはほぼ同じなのだが、まったく別物といって良いほどにリメイクされている。

最新の科学考証がされていたり、政治的な駆け引き、人種差別、エネルギーの平和利用、そして相変わらずの「愛」、映像はコンピュータグラフィックも多用されており、画質は旧作を遥かに凌いでる。逆に言うと、昔々これをセル画で作ってたのが凄すぎなのだが(笑)

いよいよ最終章ということで、映画館に足を運んだ。
もう期待通り! ガミラスとの最終決戦は、内容が全然違っていた。ネタばらしは書かないけど、後半部分は涙ウルウルしっぱなし。泣いたら一緒に行った友人に笑われるので我慢するのが大変だった💦

不満な点が無いわけでもない。
Daddyの好きなヤマト音楽は、使われ方がイマイチで完全にBGM状態。旧作は音楽の上にストーリーが載っている感じすらあったのだが。
それから重量感。宇宙空間だから猛烈なスピードが出るのはいいのだが、ヤマトが戦闘機のように攻撃をかわしたり、重力のあるところでも軽々と上昇したり、もうちょっと大戦艦という感じを出して欲しかったな。

でも全体として、旧作よりも良くできてたと思う。
やっぱりヤマトはいい‼
(9月2日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:14   ==