Thursday 17 Sep, 2009

鳩山内閣総理大臣誕生!!

昨日、新内閣が誕生した。
生憎、仕事の都合で飲み会の入っていたDaddy、リアルタイムにその瞬間を見ることは出来なかったが。

今日の動き
先ほどニュースで見ていたが、いろいろと面白い!!
きちんと引き継ぎをした省庁もあれば、そうじゃないところも・・・

総務省は旧大臣が居なかったとか・・・
なんだそれ?
コメントする気も無くなるのよ。

とにもかくにも各新大臣の第一声を聴いていると、本当に日本が変わるかも・・・という期待感は大いにある。
どーせこのままじゃダメなんだから、ガンガンやって頂きたい。

多少の失敗はしょうがないでしょ。
いきなり百点満点なんてあり得ないんだから。

新政権、応援しますよー
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:59   ==

Thursday 1 May, 2008

復活の暫定税率

ネット上ではいっぱい書かれているだろうからDaddyが吠えなくてもよいのだが、大変な政治的混乱だということで、自分の日記にも残しておきたいと思う。

今日から我が町周辺でも一気にガソリンの値段が上がった。
20080430-TrafficJam.jpg昨日までは1リッターあたり121円前後だったものが、今朝から152円前後になっており、30円以上の値上げである。
急に財源が無くなってしまっては困る、という地方自治体の悲鳴は理解できるが、そもそもこんな暫定金をいつまで当てにするつもりか。
Daddyが気に入らないのは「暫定税率」は残したのに、「定率減税」とかいう「恒久的減税」ってのはすでに廃止されたこと。それに「100年安心」の年金なんてのもどうなんだ。
政治家の皆さんが日本語を知らない訳はないが、なぜ「暫定」が残るのか。もう「暫定」とは言えないのなら名称くらい変えたらどうなんだろう。
筋が通ってないから不満となって溢れ出す。

値上げはガソリンだけではない。暫定税率とはあまり関係ないが、世界中で需給のバランスが崩れ、食パンやカレー、牛乳、野菜、カップラーメン、BOXティッシュなどなど、あらゆるものが値上げになっている。さらにこれに電気、ガスが続くそうである。

あぁ〜・・ため息しか出ないぞ!!

話を戻そう。道路特定財源が一般財源化する流れができたのは(特定財源が無くなるという意味では)いいが、何で一般財源をガソリンから取るのか分からない。それに必要な道路は造る!!というのはいいが、必要な道路って誰が決めるのかも分からない。新たな基準を、という話もあまり聞こえてこない。
国交省に任せていたら同じことの繰り返しだろう。新たに罰則ができた訳じゃないだろうし。

政治家さんたちは何をやってるのだろう。TVで発言している人はいつも同じ顔ぶれ。国会議員て何人いるんだっけ?
存在感の無い議員さんも、こんなときくらいメディアをフル活用して吠えてみたらいい。それとも何も考えてないのだろうか?


国に集めたお金ってのは、広く諸外国を見据えて国家的戦略を持って使ってもらいたい。教育(人材)、国防、エネルギー関連、伝統文化、他にもたくさんあるだろう。
この国が本当に議論しなければいけないことは、道路財源では無いはずだ。

こんなレベルの低い政治をいつまでも続けてくれるな。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:39   ==

Monday 3 Sep, 2007

ムコ多糖症について

「suzuharu」さんよりバトンを引き受けたので、
微力ながら以下に掲載させて頂く。

《ムコ多糖症》って病気を知ってますか?

この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。

しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていません(日本では300人位発病) 
つまり社会的認知度が低い為に今厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けて、もっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません。

《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、発祥すると殆どの人が10〜15歳で亡くなります。

8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で湘南乃風の若旦那が語ってから私達に出来ることを考えました。

それで思いついたのがこのバトンという方法です。

5〜6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて自分達が生きる為に必死に頭をさげてたりしています。
この子達を救う為に私達ができる事は、この病気を多くの社会人に知ってもらって早く薬が許可されるよう努力する事だと思います。

みなさん協力お願いします。

[ムコ多糖症]
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。
多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。重症の場合は成人前に死亡する。
今のところ有効な治療法が無いので、骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。
http://www.muconet.jp/

★この本文を 日記に貼り付けてください。

※私達が何か力になれば・・・とバトンを手渡ししてます。お時間のある方は御願いします。
家庭や職場でも話題に上げて頂けると更に広がって行くと思います。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:28   ==

Thursday 3 May, 2007

野球特待生

時事・政治への思いを書くときは少々ナーバスになるDaddyだ。いろんな意見の人がいるので一概には言えないことが多いのだが、書き記しておきたいことも時々ある。

ここ2,3日の報道で取り上げられている日本高野連の調査結果には少々驚いている。日本学生野球憲章では「野球部員であることを理由にしたスポーツ特待生制度」を禁じているそうだが、400校近くがこれに違反していたらしい。対象部員は8千人超にもなるようだ。そして超有名校がズラリ・・・
ってことは、現在プロで大活躍しているあの選手、この選手も・・・ってことは容易に想像できる。

Daddyから言わせれば「だから何、何を今さら」である。ほとんどの方がそう思われているはずだ。特待生の話をまったく聞いたことが無いなんて人はいないだろう。
それにもともとの発端が「西武ライオンズの裏金問題」からってのが気に入らない。

問題・おかしいと感じる点
・裏金が動いていたこと(プロ側の姿勢)
・特待生制度が悪いとは思わない。
・日本学生野球憲章を各校に徹底させていなかったこと。
・なぜ今なのか?

これからどのような動きになるのか大変気になる。
ただ経済的に苦しい家庭の子が、自分の長所を生かして(特待生制度で)高校に入るってのは良いことだと思う。もしその子が途中で道を変えたくなったら、ある程度のペナルティを課せばいい話だ。これは野球だけに限った話ではない。
それに現在特待生で授業料免除になっている生徒はこれからどうなる?これからはお金を支払うってことか?アルバイトでもするのか?野球部に所属する意味が無くなるのか?
それこそ文武両立どころでは無くなる。部活なんてやってる暇が無くなるだろう。

野球だけ特待生制度に制限をかけるなら、他のスポーツ、芸術に力を入れる子が増えるのは目に見えている。
ってことは、ただでさえ野球人口が減っているのに、これに拍車を掛けるようなものだ。

Daddyのちょっとした改革案(素人案)を述べてみよう。
・野球だけに限らず、すべての特待生制度のバランスをとる。もちろん学力での特待生にも適用すべきであろう。
・特待生制度のレベル分け、選考基準、中途解除のルールを明確(オープン)にする。
深く考えれば日本社会の体質、教育問題にまで絡んでくるので、あまり考えてはいないし、そんな暇もないのだが・・・。最低限でもこのくらいは改善して戴きたいものだ。

そもそも各社報道機関も問題は「裏金」に端を発していることにもっと焦点を当てたらどうかと思う。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 11:48   ==

Thursday 16 Nov, 2006

新・教育基本法案が衆院通過

何なんだこの国の政治手法は。
いじめ、未履修、タウンミーティングやらせ、これらの問題でごちゃごちゃしている間に、新教育基本法案が衆院で可決された。
国会は一体何を議論しているんだ?

法案の内容を見てみると・・いいことがたくさん書いてある。
しかし変なところも、例えば・・
********************************************************************
(家庭教育)
第十条 父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。

********************************************************************
当たり前だ!!こんなこと法律に入れる必要あるのか!?
でもよく考えてみると「生活のために必要な習慣」って何だ。躾とは別次元か?「心身の調和のとれた発達」ってどうすればできるんだ?・・・
完璧な親なんかいない。親も子供と一緒に成長していくものだろうに。
ハッキリ言ってDaddyには余計なお世話だ。

他にもある。
********************************************************************
(教育行政)
第十六条 教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法
律の定めるところにより行われるべきものであり・・・

********************************************************************
不当な支配ってなんだ?大日本帝国のような支配か?
で、他の法律ってのはどの法律だ?これから作るのか?国が法律で教育を縛れるのか?・・・矛盾を感じる文章だ。

所々に変なキーワードが埋め込んであるように思えてならない。こういったことは国会でしっかり審議されたのだろうか。
もともと何のための改正なのか今一つ分からない。現行の教育基本法もそんなに悪く感じない。改正されれば現在の諸問題が解決できるとも思えない。
もっと分かり易く「何をしたいが、現法ではできないのでこのように改正したい」あるいは「新法ができればこういったことが可能になる」といった説明を聞かせてもらいたいものだ。

・・・
政治に興味を持てば持つほど虚しさを感じてしまう・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:26   ==

Tuesday 7 Nov, 2006

いじめ問題(社会の問題)

どうも腑に落ちないことが多い。

「いじめ」という行為が陰湿になってきている感じがするのは否めない。
20数年前ならバカ、ブス、デブ、お前の母ちゃんなんとか・・レベルなのだろうが、最近の「キモイ」「ウザイ」といった言葉は、どの程度相手を傷つけるのだろう。昔と大差ないのだろうか?・・単純に比較できないので子供たちの感覚が掴みきれないが、直感的に存在そのものを否定するような言葉なので、より心に突き刺さるように感じる。
また、隠れてコソコソいじめるのかと思えば、教師まで加担した例もあるそうで、何とも呆れるばかりだ。バレなきゃいいのか?
まったく恥も外聞もない。

大人たちだけの世界からでも似たようなことは多くある。最近のニュースで言えば、粉飾決算、社保庁の不正免除、談合、県庁の裏金、病欠を繰り返した役所職員への給与満額支給、高校での履修不足、教育改革タウンミーティングでのやらせ等々、どれも見つからなければ問題ナシだったのだろう。本質的にはどれも同じ次元のようにも感じるが、公的絡みでの不正が目立っているのが気になる。
特にタウンミーティングのやらせは悪質に感じる。国が国民をある方向に誘導しようとしたのだ。こういったことの積み重ねで、教育基本法の議論をしやすい環境を作り上げたと勘ぐるのはDaddyだけではハズだ。

バレなければ何をやってもいい・・・という気持ちは少なからず誰でも持っている。だがそれも限度があるだろう。自分で謝って、あるいは私財を投げ売って責任を取れる範囲あたりが「ボーダーライン」ではなかろうか。
それとも日本は不正をし続けなければ生きていけない国なのか?

・・・
日本は競争社会だ。
自らが抜け出そうとする努力をしないなら、相手を落とし込めるしかない?
話をイジメに戻すと、努力を知らない、できない者は、自分を良く見せるため、誰かを見下すためにイジメをするってことにならないか?
酷くなれば、親をも見下そうとするのか??
例えば、子供から「キモイ」「ウザイ」と言われた親はどうする?
毅然とした態度が取れない親なら、これも問題ありだと思う。
我が家なら間違いなく・・・q( ̄◇ ̄メ)

しかしながら「自殺しちゃえばいいや・・」という風潮が広がりつつあるのは事実なのである。今さら教育委員会とか文科省なんかを頼る気はサラサラ無いし、批判をする気もない。だが今後を考えるなら、もっとまともな情報提供をしていただきたいものだ。
何人くらいにイジメられたのか。イジメの内容はどんな風なのか、イジメの期間はどのくらいだったのか。原因は何なのか。悩み相談に学校の先生はどう対応していたのか。
そして親は何をしたのか。学校に相談するだけだったのか。自分の子供にどんな言葉を掛けていたのか。友人関係はある程度知っていたのか。近所付き合いはどうだったのか。
学校で子供は何を考えたのか。どんな努力・行動をしてダメだったのか。友達はいなかったのか・・・
もっとイジメの背景を詳細に教えて欲しいと思う。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:50   ==

Tuesday 17 Oct, 2006

日本核武装?

どうにも怒りが収まらないので、ブログに書き残しておこう。
中川昭一自民党政調会長が15日テレビ朝日の番組の中で、日本の核保有について「議論は大いにしないと・・」などと発言されたことで、世界中に波紋が広がっている。アメリカ大統領までがコメントを始めた。
世界唯一の被爆国である日本の政治家が言っていいことと悪いことがあるだろうに。一般国民の発言とは重みが違う。

なんで今さら核保有の議論なのか?議論は既にし尽くしたのではないのか?それとも議論したこと無かったのか?ならば今回の失言を無駄にしないよう、議論して結論を出しておいたらいいのではないか。
にしても最悪のタイミングだ・・・

だいたい日本の核武装について議論をする余地はあるのか?
日本が核兵器を持って何すんだ?核拡散防止条約「NPT」からは脱退するのか?
武力で世界での発言権を強く得ようとするなら、やることが北朝鮮と同じではないのか?
疑問ばかりが出てくるぞ!!

日本は核兵器を持たない国の見本として独自路線を行くべきだろうに。使わない、使ってはいけない兵器を持ったところで無駄だ。

では日本の安全保障はどうするのか?
・・・政治家が考えることだが、一部の方しかまじめに考えてないのだろうか。
日米安保のみか?他国頼みもどうなんだろう。
どこからの攻撃を想定しているんだ?北朝鮮が無くなったら?
いっそのこと中国や韓国、ロシアと組んだら・・?歴史が許さないのか?
じゃあ国益って何だ?領土なのか?平和を優先するんじゃないのか?
何もかも戦争を前提に考えているような気になってきた。限りがない・・・

Daddyの小さな頭で考えたことを小さな声で言うと「光子力バリア」の開発?
それとも核兵器が爆発する前にこれを無力化してしまう新兵器か!!
そんな夢のような話を実現するしかなさそうだ。
いずれにせよ小さな島国が中国やアメリカなど大国の真似をしたってダメだろう。

・・・
それより北朝鮮が2回目の核実験準備に入ったようだ。
いよいよ中国も本腰を入れて批判を始めた。
パニックが起きないよう、ある程度やわらげて報道されていることを考えると、現実は相当ヤバイのかも知れない・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:41   ==

Monday 9 Oct, 2006

地下核実験(北朝鮮)

午前10時35分頃、北朝鮮で地下核実験が実施されたそうだ。
午後10時になっても確定的な情報は無いようだが、気になるのはこれで終わりか?ということだ。また明日とか?

語れば切りがない。
今後の動向を注視しよう・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:06   ==

Tuesday 15 Aug, 2006

靖国問題?

十年後の日本が平和であることを祈って記しておこう。

まず小泉首相、まあ参拝は個人の自由であることは理解できるし、諸外国から何を言われようと意見を曲げないのは立派だと思う。しかし全面的に肯定できるか、と言われると強く「否」である。
いったい何が問題なのだろうか。

《 靖国神社が何だか分からない! 》
これがそもそも大問題なのだ!!Daddyもいい歳ブッこいてつい2,3年前まで何も知らなかったのだが、あんまり報道が騒がしいので調べたことがあって、多少は知ったつもりでいる。
多くの戦争未体験者は「794ウグイス平安京」は知っていても、靖国神社は?だろう。中国や韓国の「反日」歴史教育についてドーノコーノ言う前に、自国の歴史教科書を見直したほうがいいんじゃないだろうか。縄文時代なんか知らなくてもいい訳だし・・・。この辺が変わっていかないのは、妙に国がなにか規制しているようにも思える。TV報道を見ていてもどーも中途半端な言いっぷりが多い。何か報道規制でも布かれているのかと思いたくなる。学校での歴史勉強は近代史から始めるべきであろう。少なくともDaddyはそうして欲しかった。

さて話を戻して、普通の神社は「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」など「神々」を祭神としている。この頂点が伊勢神宮である。そして天皇はその神の子孫「現人神(あらひとがみ)」とされ、日本は世界でただひとつの「神の国」とされた。そして神のもとに国家神道(こっかしんとう)が築かれ、これにより大日本帝国へ変貌してゆく。
では靖国神社は?というと「英霊」、もっと砕いていえば「皇室のため、国家のために身を捧げた者」を祭神としている。同じ神社という名前が付いていても靖国神社は別なのだ。(「護国神社」は靖国神社の地方版でほぼ同じ)要するに人が死して祭られる=神と同等になれる??場所である。これが建立された目的で、幕末の動乱期に各地で営まれた招魂祭がもとになっているそうだ。ここには吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作なども祭られており、日本の偉人・英雄たちの神社として、かつては華々しい場所になっていたのだろうと想像できる。

・・・現人神という言葉あたりから、靖国問題以前に何かがおかしい。
続けよう。
上記した国家神道は道徳として国民に教育(洗脳?)され、仏教徒もキリスト教徒も神社へ拝みに、というように統一宗教っぽくなる。これらは明治時代の話である。そして見事な国家統制?が敷かれることになる・・・この辺はそんなに詳しく知らないので、このくらいで。

その後、国家神道は軍国主義の精神的基盤となり、日本人の精神そのものへと変化してゆく。そして伊勢神宮と靖国神社が精神の中心として際立つ存在となった。
この頃の大人たちの中には、特に明治時代以前を知っていた方たちは、何かが違うと感じていた人もいたと思われる。だが外国の脅威に待ったは無く「日清戦争」「日露戦争」を経てゆく日本には、この神道を歩んでいく以外に無かったのかも知れない。もしどちらかの戦争で負けていれば日本は無くなっていたかも知れないのだ。当然これらの戦争の英霊たちも靖国神社で祭られている。そして国家神道の最終的な代償は太平洋戦争による多くの犠牲者、そして東京裁判にまで至ることになる。
靖国神社のホームページ【靖国神社御祭神戦役・事変別柱数】には、未だに満洲事変、支那事変、大東亜戦争と記述されている。ちなみに「柱数」というのは英霊の方々(何人とは数えない)を指している。今どき大東亜戦争という名前を使う人はあまりいないと思うが・・・このへんも何かズレているように感じる。きっとDaddyが無知なのだろう。大東亜戦争と太平洋戦争は違う気がする・・・が、第2次世界大戦である。
なお靖国神社への合祀者は神社自身が決定しており、天皇・日本のために戦った方ならば、朝鮮や台湾出身の軍人も含まれているそうである・・・。ご遺族の意向は無視なのだ。決して一般戦争犠牲者が入れる場所ではない。キーワードは「天皇」である。

よって靖国神社の本質は「国家神道そのもの」と言えるかも知れない。だから近隣諸国が参拝を嫌がるのは無理も無い。しかし日本人は「国家神道」に対して参拝をしている訳ではない。この考え方のズレが理解されないのだろうか。あるいは現在の日本人が正しく理解していないのか・・・。
現在の天皇が参拝を見合わせていることを思えば、これが本来の日本の姿、今の時代に合った姿なのではないかと思う。
よく諸外国が靖国問題を政治カードとして使っている、と言う意見もあるがDaddyから言わせれば逆もありである。日本の政治家が諸外国の内政干渉に屈さぬ姿勢を見せるために、靖国神社を利用しているように思えてならない。

=====* 今日のDaddyの結論 *=====
政治家の仕事は外交問題を作ることではなく、外交問題を解決することであることを忘れてはならない。
そして英霊の方々は「天皇陛下」「神の国」を守るために戦ったのだから、本来は天皇陛下が何の問題もなく、ごく自然に参拝できる環境づくりこそ優先すべきだと思う。天皇陛下は自身が参拝しないことに何も感じていない訳は無い。
今後を考えるなら、靖国神社が自ら時代に合わせて変化してゆくことが理想的か、と思われる。或いは追悼施設が無宗教であることを望むなら、神道形式にこだわる必要はまったく無く、本人の遺志、ご遺族の意思を尊重できるような施設「千鳥ケ淵戦没者墓苑」とかを国家追悼施設とするのもいいと思うのだが・・・。

・・・
今日現在、Daddyが持ち合わせた情報を整理するとこんなところだろうか。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:11   ==