Tuesday 9 Oct, 2007

空手拳法選手権大会に向けて(その1)

次男坊がいよいよ出撃する。
本日、空手大会(12月2日開催)への参戦意思を、自分で空手塾長に伝えたそうだ。
昨年は大会前日の夜中に「中耳炎再発」による棄権(自宅療養による不戦敗)という結果に終わっている。
今年は体力もついてきており、昨年と同様のことは起きないだろう。
それにしても悔しかったなぁ・・・

さて大会まであと2か月弱、やるべきことは分かっているのだろうか?
しっかりと目標を決めて計画的に取り組んでいかないと、試合が終わった後、結局何を頑張ったのか分からない、ということになってしまう。それでは時間の無駄だ。
もし一回戦で敗退したとしても、自分の中で目標達成感があればそれで良い。確実に何かを身に付けておけば、結果はそのうち付いて来るはず。ただ我武者羅に「目指すは優勝!!」なんてのはダメで、ある目標に向かって努力した結果として「優勝」であれば最高ということだ。

Daddyなりに考えてみた。

例えば目標その1、
4つ以上のコンビネーションを必ず出せるようにする。
・前蹴りから入るコンビネーション
・下段蹴りからの・・・
・上段受けからの・・・
・中段受けからの・・・
このあたりが実戦的であろうか?カウンター狙いすぎか?

例えば目標その2、
得意技(必殺技)を身につける。
技を決めるためには、まず相手を崩さなければならない。崩し技と攻撃を交互に繰り出すということだ。・・・?ってことはコンビネーションと変わらないか?

これらを1週間に1つずつ物にできたとしても、7週間では7つしか身につかない。あとは普段の稽古で教えられたことを出せるようにしないと・・・
特に相手との距離を取る「前蹴り」は重要だろう。それから組手(我が家での秘密特訓はほとんどコレ)ももっと広いところでやらないとダメか。動きながら受ける、動きながら蹴る、突く、これが慣れないとできないし、踏み込みのタイミングは掴みにくい。移動稽古とはちょっと違うのである。

いろいろ考えると、あまり時間は無いぞ!!

(10月11日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:36   ==

Saturday 11 Aug, 2007

バーベキュー大会

近くの川辺で、MyWifeと息子たちの通う空手塾のバーベキュー大会があった。時々道場に足を運ぶことのあるDaddyだが、稽古の時とはかなり雰囲気が違う楽しいパーティーである。
それでも塾生たちは「師弟関係」ってのがあるので、大人たちも含めてそれなりの緊張感がある。だが学校よりもしっかりとした規律を感じられ、改めて空手塾の良さを伺い知ることができた。

普段ゆっくりご一緒する機会の少ない「塾長」とも随分とお話しできた。
070811_1514BBQ.jpg特に川でのレスキュー関係のお話しは興味津々のDaddyだ。プール代わりのように通っていた川なので、そこでの怖さは十分知っているつもりだったが、救助という目線での話を聞かせて頂き、今後川辺で遊ぶ際にとても参考になった。
【 ↑ 塾長とのツーショット】
今日の川はちょうど良い水量で、広い浅瀬もあって子供たちは大喜び!だったのだが、思ったより早く戻ってきた。ちょっと浅すぎたか?
でも川遊びの少ない子供たちにはこれで十分だろう。
ちなみにDaddyは何度か溺れかかったことがあるのだが、それでも川泳ぎは面白い。

それから格闘技大好きDaddy。もちろんそっち系のお話しもいっぱい・・・息子たちにDaddyが自己流で教え込んでいる「技」にも自信が持てた。まずは大丈夫だ。そのうち息子たちのレベルが上がってくると口を挟む余地も無くなってくるのだろうが・・・

さて、料理の方は?
我が家は菜食一家なのであまり肉を食べない。だがもともとは肉好きのDaddyである。肉食べて、肉、それから肉、さらに肉・・・
旨かった!

070811_1523BBQ.jpg今日は夜7:30からU市で花火大会復活祭である。初っ端から2尺玉3連発!!ということで見に行きたかったのだが、家族みんなクタクタになってしまった。

花火大会はまた別の日に・・・

(8月12日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 11:35   ==

Friday 3 Aug, 2007

昇級試験

   20070803_karate.jpg
空手の昇級試験へ
いざ出陣!!
(Daddyはもちろんお仕事・・・)

最近また強くなってきているのは実感できていたし、コソ練も頑張っていた。Daddyとの組手合戦もマジ戦闘である。次男坊の中段蹴りにより、左手薬指を折られてからはDaddyも手は抜かない。だがもの凄い波状攻撃!!
ガードしきれない!!

ということで、結果が出ることを待ち望んでいたDaddyである。
早く帰宅して子供たちから報告を聞きたかったのだが、仕事でハマってしまった。
(夜9時頃、電話にて結果確認)

Daddy:「どうだった?」
次男坊:「受かったよ!」
長男坊:「受かったよ!」
Daddy:「???お兄ちゃんも受かったの?」
長男坊:「受かったよ!」
Daddy:「(二人に)おめでとう!!」

見事、兄弟揃って昇級【5級】に!!
気合いの入らない長男坊はちょっとオマケして戴いた感もするが、まあよい。
なにかご褒美してあげようか。

MyWifeも空手稽古での右足負傷で3か月ほど休んでいたが、ようやく復帰の目処がついたようだ・・・

(8月4日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 12:04   ==

Tuesday 26 Jun, 2007

空手道場へ

会社は振替休日のDaddy。
日中はピアノの練習(3時間くらい)とホームページ掲示板のリニューアルをちょこちょこと・・・

そして偶然にも、今日は息子たちの通う空手塾の日(毎週不定期)ということで、久しぶりに道場へ赴いた。
その昔、柔道をかじったことのあるDaddy、一応「一級」である。初段になるとお金が1万2,3千円とか掛かるということで昇段試験は受けなかった。合格する自信はあったが、当時は諸事情があり、そんなお金を親に出してもらうことなど出来なかった・・・という時代もあったDaddyである。
自分が稽古を受ける訳ではないのだが、道場に入るからには、家を出る前から気合いが入る。戦闘モードだ。

息子たちも何か感じているようでピリピリムード。
そして、稽古が始まった。
Daddyは仁王立ちで息子たちへ熱視線を送る。

Daddyだけではない。道場全体がピリピリしている。
この雰囲気。何度来ても感じるが、柔道の稽古場とは何か違う。
一撃必殺の格闘技だからであろうか?それとも塾長殿の発するオーラであろうか・・・空手道場の方が「鋭利」な空気を感じる。
もの凄いプレッシャーだ。

しかしこのような「場」だからこそ精神「心」が鍛えられる。
「心・技・体」とはよく言われるが、Daddy流の考えだと、まず一番初めの文字「心」をしっかり押さえておくべきだと思っている。
「心」は何をやっても「要」となる。空手、柔道、野球、音楽、演劇・・・何でもそうだが「心」はすべてに共通する。「技・体」はそれぞれ目指すものによって、習得する術が変わるのである。

こう考えれば、こんなピリピリムードの中で修行し、小さい頃から「心」を鍛えられる我が子たちは幸せ者だ。この経験は、これからの人生で必ず活きるハズである。出来る限り続けてもらいたい。

   070626_Karate.jpg
写真は休憩の時の様子である。
稽古中は写真など撮れる雰囲気ではない。

先日、次男坊が「学校の先生が怖い」というので、
Daddyが「誰が一番怖い?」と質問してみたら
『 塾長とお父さん・・・』だそうだ。

このカミナリ親父と同レベルか・・・恐るべし塾長!!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:55   ==

Tuesday 3 Apr, 2007

昇級試験

空手の昇級試験があった。
Daddyはお仕事で様子を見ることはできなかったが、MyWifeが5級へ昇級。おめでとう!!
息子二人はコソ練の甲斐無く、残念ながら落ちた。

試験後、塾長より
「落ちた理由を聞きたい人は聞きに来て!」
次男坊は泣き出してしまい聞きに行かなかったそうだ。
結局MyWifeの付き添いで聞いたそうだが・・・

それを聞いたDaddyは説教モードへ!!
「おまえ何しに行ってんだ!!泣いても何も変わらないだろうが!!ちゃんと自分で聞きに行け!!」

そして落ちた理由を聞いたら、これがまた悪い。とても当ブログで書けるような内容ではない。Daddyはさらに説教モードへ!!
「前から稽古で注意されていたことだろうが!!何で直さないんだ!!塾長の言うことをナメてんのか!!中途半端な気持ちでやるならヤメちまえ!!」

・・・
最近少し気持ちが弛んでいるのを感じていたので、いい機会だったと思う。
次男坊も少しは応えただろう。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:36   ==

Wednesday 21 Feb, 2007

骨折!

まったく強くなったものだ。
先週土曜日、自宅リビングルームで次男坊と例の如く空手の組手ゴッコをして鍛えていたところ、思わぬ右中段蹴りが入ってきた。咄嗟に左手で払おうとしたところ、Daddyの手が中途半端に開いていた。
左手薬指から「パキッ!」
嫌な音がした・・・

左手の状態なんて見ていなかったので、どのように蹴りが入ったのか分からない。でもグーで払ってしまうと次男坊の足を痛めてしまうと思い、気遣っていつも軽く払うようにしていたのだが、それが仇となった。

・・・あれから5日。
腫れはだいぶ引いたが痛みは消えない。握り拳にすることもできない。別件で本日会社を午前休としていたので、ついでに整形外科に行ってきた。
20070221-BrokenBone.JPG診断結果は・・
左薬指第2関節の剥離骨折。
全治3ヶ月!!
うっそぉー!!マジですかぁーーー!!

・・・
それでもDaddyはピアノを毎日弾いている。
よりによって一番練習を必要としている左薬指を負傷してしまった訳だが、今日から第2関節は板で固定したし、動かさなければいいんだ。
痛いけど好きなピアノ練習は休まないぞ。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:04   ==

Sunday 19 Nov, 2006

失意の我が家

急遽、次男坊が空手大会を欠場することとなってしまい、虚脱状態の我が家であった。前日の夕方から中耳炎、しかもその治療に夜遅くまで要してしまった。致し方ないこととはいえ、諦めきれない部分もある。
発症があと一日遅ければ、また半日でも早ければ、強行出場も可能だったのだが、タイミングが悪すぎだ・・・

術後で安静にしないといけない次男坊だが、今日の夕方にはだいぶ回復してきており、やや元気が出てきた。昨日の悔し涙もどこへやら・・・引き摺ってはいないようで、ちょっと安心である。明日からの幼稚園には何とか行けそうだ。
どちらかというと、親のほうが元気ないか・・

イカンイカン、気持ちを切り替えよう。
次は次男坊12月3日(日)にサッカー大会!
最近クラブの練習ではシュートを決めることも多くあるそうで、これはこれで楽しみだ。
しっかり治しておこう。

・・・
今日は結婚記念日。
ささやかながら自宅にてステーキとワインで乾杯した。本当は次男坊の初勝利で祝勝会(勝てなくても初出場の祝い)としたかったのだが・・・

未練タラタラのDaddyである。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:55   ==

Saturday 18 Nov, 2006

中耳炎再発(次男坊)

なんてこった・・・
次男坊が午後4時過ぎ頃から急に耳が痛いと言いだした。風邪による軽い炎症かと思っていたが、痛みはどんどん酷くなっていく。
やばいなぁ・・・
行き付けの耳鼻科は土曜午後は休診、ってことで仲良しのママさんに聞いて、別の耳鼻科へスクランブル発進!(Daddyと長男坊はお留守番)

中耳炎再発だ・・・(前回の中耳炎は中耳炎(次男坊)を参照
今回は鼓膜切開をしないで帰ってきたが、相変わらず痛そうだ。
とりあえず医者から戴いた抗生剤を飲んで寝かせた・・・
しかし耳が痛くて眠れない。
それどころか痛みはますますヒドくなり、次男坊我慢の限界!!
とうとう泣き出してしまった。可哀想に・・・

Daddy:「明日の空手の試合に出たいか?」
次男坊:「うん」
Daddy:「・・・」
そりゃそうだろう。今までもつらい体で頑張ってきたんだ。しかしこのままではダメっぽい・・・一晩中眠れそうにない。
午後9時前、近くの大病院へ再度スクランブル発進!!(Daddyと長男坊はお留守番)

・・・かなり酷くなっていたようで、即、鼓膜切開となってしまった。熱もいつの間にか上がって38度。だめだこりゃ。
大変残念だが、明日の試合は欠場しよう。

欠場する話を言い聞かせると、次男坊はとても悔しいらしく、涙が止まらなくなった・・・Daddyももらい泣きしそうだった。

家族みんな頑張った。
今回はみんなで我慢しよう(T_T)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:04   ==

空手の特訓(その2)

いよいよ明日は空手大会だ。我が次男坊のデビュー戦(我がファミリーからの初参戦)である。
今さら厳しいトレーニングをしても無駄なので、実戦で使えそうな技を軽く練習しながらイメージトレーニングである。そして作戦会議・・・

< 本日の軽い練習メニュー >
1.組手立ちを崩さない
  → 相手が攻撃しやすくなる。左の技はポイントのみとする。
2.相手をよく見る
  → 闇雲に突撃しない。冷静に攻撃する。
3.必ず連続攻撃
  → 攻撃はガードされる。一発で当たると思い込まない。
4.突きはすぐに戻す
  → ガードが無くなり、ガラ空きとなる。
5.出端をを挫く
  → 前蹴りを有効に使い、自分の間合いを取り、できればすぐ連打。
6.相手は強いがお前も強い
  → 試合前の挨拶から相手を攻撃(大きな声で威圧・・・できるか?)

20061118-enemy.JPGまあこんなところだ。今晩と明日朝にも同じことやれば、多少は身につくだろうか??

さて久しぶりにビデオカメラ本体のチェック・・
場所は隣県のスポーツセンター、我が家からの距離は
80〜90Kmある。

明朝7時、道場へ集合だ!!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 13:07   ==

Monday 13 Nov, 2006

空手の特訓

来週日曜日(11/19)は、我が次男坊の空手大会デビュー戦である。
だいぶ前から特訓を開始しようと思っていたが、長い風邪にやられていて、中耳炎(「中耳炎(次男坊)」を参照)にまで至ってしまい、機会を逃してしまった。何とかつらい毎日を乗り切ってここ数日、ようやく調子が出てきたところだったが、先週土曜日インフルエンザ予防接種・・・軽く体調を崩して今日である。

まずいなぁ・・・道場に通うだけでは決して強くはなれない。相手はちゃんと特訓をしているんだろうなぁ・・・
格闘技大好きのDaddyだが、空手に関してはまったくのド素人である。よってポイントを突いた指導をすることができない。しかし放っておくわけにもいかない。さて何からヤルか・・教えられることだけでもやっておこう!

1.踏み込み
MyWifeが空手塾で教えられた様子を披露してくれた。
フムフム・・・では何のために踏み込むのか
 →技にスピードをつけるため
 →技に威力をつけるため
 →自分の攻撃の間合いに入るため
Daddyが解説を加える。頭でしっかり理解して練習すれば、上達を早めることができる。あとは体で覚えるまで反復練習あるのみ。

2,間合い
踏み込んだら同時に技を出す。すべての技は自分の間合いをしっかり掴んでいないと威力を発揮できないばかりか、技の空回りは相手の攻撃を容易にさせてしまう。
そこで考えた・・・間合いを掴むには組手が一番いいだろう・・・ということで、早速Daddyと対戦開始だ。
Daddyは多少動く(当たり前だが試合では相手が動く)が、今回は間合いを掴むための練習なので、しっかり間合いを詰めてきたときには、わざと次男坊の突きを受けるようにした。イメージトレーニングに近い。
幼稚園児の分際ながら、なかなか威力のある技を出してくる。最近ちょっとだけ上達したようだ。だが予想通り今一つ間合いが掴めていない。
Daddyからの激しい檄が飛ぶ。
「もっと踏み込め!技が届かないぞ」
「両足を揃えるな!」
「ガードを下げるな!(透かさず軽い張り手が入る)」
「どこを狙ってる!適当に技を出すな!」
「大振りするな!しっかり突け!!」
次男坊は半ベソ状態である。

時間にして15分くらいだったろうか。ちょっとだけビデオカメラで撮っておき、次男坊とチェックだ。
「ほら、右腕の大振りは技が遅いから当たらないし、スキができるだろ」
全部でボディーへの突きは40〜50発くらい受けたであろうか・・・
以前痛めたことのある左肋にイイ突きを2発食らってしまい、不覚にもまた痛めてしまった。強くなったものだ。・・・キカン坊だった30年前の自分と対戦させてみたい!十中八九、Daddyの負けだろうが・・。

明日は空手塾があるようなので、今日得たことをしっかり試して自分で再確認してもらいたい。

次の特訓は防御か、連続技か、
いや、体の圧力のほうが大会に使えるか・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:39   ==

Tuesday 31 Oct, 2006

Happy Birthday MyWife & Happy Halloween

今日はMyWifeの誕生日だ。おめでとう。
残念ながらまた年を取ってしまった。ささやかながら家族でお祝いをした。
Daddyは仕事で、MyWifeと息子たちは空手塾で帰りが遅く、時間は夜9:00になってしまった。
それでもほんの少しだが、幸せな時間を過ごすことができた。
20061031-Cake.JPGケーキを食べたそうにしている次男坊に質問してみた。
Daddy:「今日は何の日?」
次男坊:「ハロウィン!」
Daddy:「あとは・・・?」
次男坊:「・・・ん?何だっけ?」
Daddy:「お兄ちゃん分かる?」
長男坊:「お母さんの誕生日!」
さすが!!

そしてそして何と、空手塾長からお祝いと言う訳でも無かったのだろうが、MyWifeがメデタク昇級して「青帯」となった。
20061031-BlueBelt.JPGただ塾長からは、「もう少し技の切れを」とのご指摘を戴いたそうだ。
そうだろう、Daddyが見ても今一つだった。塾長からすると相当トロく見えたであろうに。
にしても、昇級おめでとう!!

20061025-Halloween.JPG左の写真は先週、次男坊の通う英語塾でのハロウィンショット。
アメリカ旅行の成果か、最近英語塾でマジメにレッスンを受けているらしい・・・
いいぞ!!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:53   ==

Wednesday 18 Oct, 2006

キックミット

空手練習用に【キックミット】を購入した。
     20061018-kickmitt.JPG

試しにDaddyが持って(構えて)空手塾に通うMyWifeに蹴ってもらった。
エイッ、ヤー!!
予想以上に威力のある蹴りである。だがまだ甘い。格闘技好きのDaddyが偉そうに「うんちく」をタレた。
「もっと腰の回転を・・」
「膝からムチのように・・・」 だが分かっているようだ。
「あとはスピードだね」 これも分かっているようだ。

ついでにDaddyもキックしてみた。中段から上段にかけての回し蹴り!
打ちこんだ足が全然痛くない。もっと硬いのかと思った。
それから徐々にパワーアップ・・・足腰を鍛えていないのでフルパワーでのキックはできなかったが、8〜9割くらいの力は出せた。
気持ちイイーーー!!
ストレス解消にはいいかも!

そして来月空手の大会に初出場する次男坊に蹴らせてみると・・・
左足の蹴りがまだぎこちない。左足での自分の間合いが掴めていないから、踏み込みが足らない。タイミングがズレてるので腰も回せていない。これではここから攻めて下さいと相手に言ってるようなものだ。いわゆる弱点である。分かり易すぎるので、まずはここから修正していこう。

長男坊は・・・?まだ覚醒は始まらないか・・・

にしてもDaddy以外の3人の目はキラキラしていた。
道場での稽古はきつくて苦しいのだろうが、とても楽しいようである。
羨ましい・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:15   ==

Tuesday 20 Jun, 2006

空手の昇級

息子たちが揃って青帯(3級)となった。おめでとう!!
今回の型の審査は「平安(ピンアン)初段」と「平安2段」。
妻がほぼ毎日特訓したようだが、それでもやはりまだチビッ子である。今一歩というところが見受けられていた。
Daddyが見てあげられる時間は少なかったが、それでも見始まってしまえば、
「声が小さい!」
「フラフラするな。もっとビシッと決めろ!」
「顔はどこ向くんだ!」
「前屈、後屈立ちはしっかり体重を乗せろ!」
・・・などなど、つい熱が入ってしまうのだ・・・。
     karate_bluebelt.JPG 新品の青帯!これぞサムライブルー!

+---- 空手の発祥について ----+
もともとは「空手」ではなく「唐手」と書き、昭和10年頃に仏教の「空」の意味が込められ『空手』となったそうだ。
発祥は若干謎めいている。中国拳法が沖縄に伝わり、そこから独自の発展を経て現在の形になった、というような感じか・・・「独自の発展」にいろいろな説があって、どれが空手につながるのかハッキリしない。中国拳法もどの流れのものだかよく分からない。ただ、昔はもっと総合格闘技系(というよりは実戦的な武術)で、関節技や投げ技も多くあったそうだ。
って、これ以上あまり詳しくないので、知ったかぶりはこの辺で・・・
これを機会に、今後は少しずつ空手の話題にも触れていこう。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:56   ==