Tuesday 23 Sep, 2008

BRAUN プロソニックBS9795

20080923-braun.JPGブラウンの新型を購入した。
Daddyのヒゲは剛毛で、頑丈なシェーバーじゃないと剃れない。パワー足らずで止まってしまったり、直ぐに刃がボロボロになったりするので、毎度購入は上位機種になってしまう。

初めての電気シェーバーはブラウンのシステム1-2-3、もう20年以上話だが、こいつがなかなか丈夫で手放せなかった。7年くらい使ったろうか。それからナショナルのリニアスムーサー、日立のロータリーシェバー・・・しかし日本勢はことごとく壊れた。

それからブラウンに戻り、フレックスコントロールで6年ほど。しかしここ2か月ほどでアダプターの接触不良が多発、なかなか充電できない。またバッテリーの寿命で駆動力が弱くなってしまい、渋々買い替えることに。

そしてやって来た新型プロソニックBS9795、剃り心地は素晴らしい!
なめらかに、スムースに剃れる。深剃りに関しては旧型のほうが優れていたように思うが、肌はまったく痛みを感じず、それでいてそこそこ深剃りが出来るので、まあ満足である。

また長い付き合いになりそうだ。

(9月27日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 10:41   ==

Saturday 20 Sep, 2008

小学校運動会

昨日は台風の影響でかなりの雨。Daddyは同業者の古い知り合いと夜遅くまで飲み会。午前3時過ぎ、ようやく帰途へ・・・
就寝は午前4時半頃となった。このときまだ雨は降り続いていたのだが・・・

朝7時40分、MyWifeから「起きてぇー!」
何事かと思ったが、運動会が開催されるとのことである。
うそでしょフリーダイヤル・・・?

外は久しぶりにいい天気!!
でもDaddyの体調は最悪。久しぶりに強烈な二日酔い。加えて睡眠不足で辛いところ、日中の気温は30℃を超えてしまい、完全にグロッキーである。

20080920-firstson.JPGまずは長男坊。
障害走(エコリンピック)では相変わらず競争心が無く、余裕たっぷりのビリっけつだったが、別に気にすることはない。
ソーラン節の踊りはちゃんとできた!
ちょっと前までは入場、退場だけでもハラハラだったが、年々しっかりしてきて、もう安心して見てられる。

20080920-secondson.JPG続いて次男坊。
得意の障害走ではコースをはみ出したり、誤ったコースから戻るときにコケたり・・・それでも5人中3位である。
何でコース間違えんだ!と聞いてみたら、体育館でしかやったこと無いのだそうだ。でも他の人の走りを見てたら分かるだろうが・・・
踊りのほうは上手に出来てた。

DaddyとMyWifeはPTAの玉入れに参加。
籠の高さは5mくらいあったろうか、全然入らない。女性だと投げても届かないことが多くありそうだ。
Daddyは1,2個入ったと思うが、入る瞬間まで見てられないし、見てても他の玉と混ざってしまい、分からないのだ。

面白かったのは騎馬戦とリレー!
20080920-CavalryBbattle.jpg
騎馬戦は帽子を取るとかじゃなくて、潰し合う!!
その昔、運動会嫌いだったDaddyが唯一好きだった競技である。なぜなら戦略性があったからだ。
2、3組で打ち合わせをして、俺が前から行く振りをするから横から攻めろ!その次は後ろから二段攻撃だ!!
で、自分はどうかというと、のらりくらりと見方を守るとか、相手が疲れてきたら止めを刺す。あるいは強い奴を相手にする・・・楽しかったものだ。
自分の子供たちが騎馬戦をやる頃には、そんなことも教えてみたいと思う。

リレーはやはり盛り上がる。
各学年、走りのエースが競うのだ。それだけで楽しい。

いつもなら紅組白組の点数など気にしないのだが、今回は午前中紅組の圧倒的なリードを後半白組が追い上げ、最終競技リレー前で僅差に!
そしてリレーでは男女共に白組が勝ったため、大逆転の白組優勝!!
我が子ら2人とも白組であったため、嬉しい思い出となった。

(9月21日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 14:52   ==

Sunday 14 Sep, 2008

パラグライダー

まったく無謀なことをさせる連中だ。会社の同僚たち全13名でパラグライダーに挑戦してきた。
しかし高所恐怖症のDaddy、遊園地の観覧車で体が硬直して動けなくなるくらいである。到底一人で飛ぶことはできないと思い、タンデム飛行をお願いした。
ちなみに他の連中は女性2名を除いて「A級技能証取得コース」である。一人で270mの高さからフライトができるコースなのだ。

午前中はビデオを見て頭の中でイメージトレーニング。
「何か質問はありますか・・・」の問いに、気が変わってしまったDaddy、「すいません!タンデム取り消します!!」
何だか自分で操縦してみたくなったのだ。・・・そこに女性も加わり全員が同じコースになった。

20080914-practice.JPGそれから練習場へ
道具一式の説明を受け、早速浮いてみることに。

両腕は肘を曲げて軽く万歳し、キャノピー(傘の部分)を引っ張り空気を入れて翼形に変わったところ、頭を出して突っ込んだように走る!!
するとキャノピー全体が空気にぶつかって抵抗となり、体が浮き上がる!
おおぉっ、ほんの1mくらいだろうが浮いたぞ!
このときインストラクターの指示で、何か腕を動かしたように思うのだが記憶に無い。浮いたことだけで大興奮なのである。
しかし、人数が多いため?練習はこれ一回のみとのことだ・・・
うぞぉー・・・

スクールで用意していただいた食事を軽く済ませると、あららぁ雨が降り出した。そして雷まで・・・
折角覚悟してたのだが、雨じゃぁしょうがない(^^)

だが研修は続く。
今度は屋内にて疑似飛行訓練である。(備忘録として)
1.テイクオフ時の姿勢
 ・直ぐに座らない
 ・両手はこめかみくらいの高さ
 ・無線連絡が聞こえたら足で合図
2.左右旋回
 @旋回方向を見て
 A旋回方向に体重移動(お尻の傾き)
 B旋回方向のブレークコードを金具付近まで引っ張る
 Cもっと急旋回するときは、さらに拳一つ分10〜15cm引っ張る
3.左右修正
 @正面を見ながら行う
 A修正方向に軽く体重移動
 B修正方向のブレークコードを旋回の半分くらいまで引っ張る
4.ランディング
 @ブレークコードをお尻の下までいっぱいに引っ張る
 A椅子から降りて走れる体勢をつくる

と、研修中に雨は止んでしまい、晴れ間が出てきてしまった・・・また新たな覚悟をするDaddy、あとは実践あるのみである。
急勾配(40〜60度)を登るモノレールに乗って離陸場まで移動すると、絶景が広がっている!! モノレールも落ちそうで怖かったが、離陸場では、まともに歩けません・・・
20080914-GloriousView.JPG
動き回ってしまうと体が硬直してしまうので、できるだけ動かないで景色をを眺め続けるDaddy。
(人間の体ってのは、どんな状況にでも適応できる能力があるのだ・・・と自己催眠)

しかしここでハプニング。風が無い。
我々は超初心者である。こんな高いところから離陸したことはないのである。このためインストラクタの方は細心の注意を払い、飛びやすい風を待ち続ける。向かい風が弱いため、体重の軽い人から!ってことで、ファーストフライヤーは女性YTさんである。
1、2度飛ぼうとしたが、上手く風をとらえられず待機状態に。

いつでも飛べる体勢、心を維持しながら40〜50分は経過したであろうか。インストラクタの行きましょう!の掛け声の後、キャノピーがフワリと広がったかと思えば、一気にダッシュ。その間、10秒掛からなかったろうか。意外とあっさり飛んでいった。

その後TK君、身長が高くてライン(キャノピーに繋がる幾つもあるヒモ)のテンションの確認がうまく取れない?とのことで、30分くらい格闘の末、選手交代。急遽Daddyにご指名が掛かり、何と2番手となってしまった。
ちょっちょっと待ってよぉ・・・と心の中で叫びながら所定の位置に着く。ここまで来れば男は度胸! 風も直ぐにやって来て、待ち時間は5分くらいだったろうか。クワトロ機出る!!

一発で離陸成功!!
20080914-flight.JPG
飛び立つと同時に、そこは静寂の別世界・・・
何だか雲の上に乗って浮いている感じだが、実際には雲はないので、透明な何かに座っているようである。またフワフワという感じはなく、大変安定している。恐怖心は皆無で至って冷静なDaddyだ。

間もなく地上から無線にてインストラクタからの指示が入る。
しばらく真っ直ぐに飛行してから、左45度旋回、戻して、右90度旋回、戻して、なかなか忙しい。飛行コースは考えず、とにかく指示に従うのである。それが却って心を空っぽにさせるのだろうか。ホントなら進行方向を考えたり、風を読んだり、高度を確認したり忙しいのかも知れないが、「為すがまま」の状態が大変心地良い。

飛行1、2分が経過した頃だろうか。余裕が出てきて景色を見回したり、着陸地点を確認したりもしたが、夢心地は続いている。不思議なのは、高度はかなり下がっているはずなのに下りてきている感じがしないのだ。ホントに下りてるのか?

それからさらに1、2分後、地面が急接近してきた。思ったより早い。もうランディングの体勢に入った方がいいんじゃないの?と思ったが、まだインストラクタの指示は続く。左へ、右へ・・・
それから突然、「はい、おしり!!」
両手を思い切りお尻の下へ引っ張る指示だ。着陸である。
着陸はもうちょっと引きつけてかな? と思っていたところへ舞い込んだ指示に、若干反応が遅れたDaddy。走りながらの着地は出来ず、両足でしっかり地面をとらえてしまった。それから間髪入れず慌てて走ったが、着陸はちょっと失敗である。
でも初めてにしちゃ上出来だろう。

続いて、先ほど交代させられたTK君が飛んできたが、それからは待てども待てども仲間たちは下りてこない。そんな中、飛行を終えた3人はキャノピーのたたみ方を教わり、午前中に練習で使用したものを片付けた。
3人目の飛行から1時間半が経過、仲間たちはまだ下りてこない。

20080914-pity.JPG時刻は17時半になり少し薄暗くなってきた中、とうとう残り10名はトラックで帰ってきた。
結局13名中、3名しか飛行できなかったのである。

何だか申し訳ない気持ちもあるが、こればかりはしょうがない。またここにきて、離陸場でフライト可否を判断していたインストラクタの決断力に大変な重みを感じた。
本当にギリギリの中、3人飛ばしてくれたのだ。

「A級技能証取得コース」は全4回、あと3回も残っている。しかも次回からは研修が少ないので、もっと多く飛べるとのことだ。飛べなかった人は後日!
だが家族を残して遊びに来るのはどうにも忍びないDaddyである・・・


最後にみんなで記念撮影後、解散。
Daddyの頭の中なら「パラグライダー」なんて発想は出てこない。こういう機会を与えてくれた同僚たちに感謝したい。


(9月15日掲載)


http://diary3.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/akaiwa-para/
↑↑ パラグライダースクール・AKAIWA日記
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 10:51   ==

Friday 12 Sep, 2008

Happy Birthday my second son !

20080912-Birthday_2ndson.JPG次男坊8才である。
最近は急に凛々しくなってきて、頼りになることもしばしば。誰かに似てだらしないところも多々あるが、それを補えるだけの何かを持ちつつあるように思う。
誰でも人は完璧になんて出来ない。自分がアピールできることをしっかり持っていれば、それがお前の輪郭となり、人格形成に大きく寄与するだろう。空手でもピアノでも何でもいい。しっかり正面から取り組むことだ。いつまでも応援してやる。

翌日、念願の野球ボードゲームを買ってきた。
トイザラスで一番大きいやつ、「エポック社 野球盤メガスタジアム」
帰宅後はお風呂、夕食、ピアノ練習、諸々を片付けてプレイボール!!

     20080913-BoardGame.JPG

本当にデカイ!!
大きさは60×60cm、デザインもスタジアムの雰囲気タップリで、さらにピッチャーからバッターまでの距離は18.44cmと1/100スケールになっている。
試合のほうは先攻Daddyが4回にソロホームランで先取、その後も着実に追加点を取って4−0。このまま圧勝と思ったが、最終回間際に次男坊が満塁ホームランで同点に。このまま延長戦に入ってすぐにDaddyが1点アドバンテージを取ったが、最後の最後に次男坊のサヨナラ2ランホームランでゲームセット!!

くっそぉー!手は抜かなかったんだが・・・


(9月13日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:01   ==

Saturday 30 Aug, 2008

夏休みの宿題

次男坊の宿題のお手伝いで、Daddyは久しぶりに(その昔趣味だった)水彩画である。

20080830-sketch.JPG画題は「茶臼岳のとんぼ」だったか?
下絵は随分と前から出来上がっていたが、色の塗り方をDaddyに教わりたいとのことで、夏休みギリギリとなってしまった。
細かいテクニックはそう簡単に覚えられないから、簡単なところから始めようか!

今回のDaddyレッスン
1.べた塗り(ムラ無く塗る)
2.グラデーション(ムラ無く色を薄くする)
3.影を作る

20080830-practice.JPGまずべた塗りの練習。
コツは絵の具を溶かす際にスポイトで水をたっぷり加えて、味噌汁を作るように!
そして塗り始めたら一気に、乾く前に広げる!!ここで乾いてしまうとムラになる。

次にグラデーション。べた塗りとほぼ同様だが、ちょっと難しい。
水分たっぷりの絵の具を筆に十分染み込ませ、右へ左へ動かしながら、少しずつ下へ。注意点は筆を画用紙から離さないこと。途中で離すと、せっかく筆で少しずつ引っ張ってきた絵の具が、画用紙上で逆流・・・? 要するにグラデーションが崩れる。

べた塗りもグラデーションも水分をたっぷり含める「いい絵筆」を使うのがポイント。パレット上で絵筆から水分を搾り取ってはいけない。
今ではいい筆も安く手に入る!!

そして「影」
塗り方は簡単。影の部分に重ね塗り(わざと色ムラを作る)、もしくはほんの少し透明な黒を加筆すれば十分。細かいことは気にしない。(水面とかだとちょっとコツがいるが)
2次元の世界では影を入れることでモノの形がはっきりする。それと風景画では、太陽が描かれて無くてもその位置をイメージできるようになる。画用紙外側の風景も思い浮かべるんだ!!

次男坊に聞いてみた。
Daddy: 「太陽はどっちの方にある?」
次男坊:「左の上の方」
Daddy: 「じゃあ影の場所はどうなるかな?」

20080830-finalize.JPG6時間の格闘の末、ようやく完成!!

できれば岩とか草とかはトンボ周辺から離した方が、あるいは薄く色付けした方が良かったのだが、ちょっと主題が弱くなってしまったか。
にしても、小学校2年生にしては上出来だろう。

(9月2日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 11:59   ==

Wednesday 27 Aug, 2008

出張

内勤が主のDaddy、久々の出張である。
場所は東京コンファレンスセンター・品川。詳細は書けないがJ−SOX法関連の外部研修である。

行きはMAXやまびこ2階席、電車ではボーッと風景を眺めているのが好きなのだが、今日は本読み。ドラッカー「プロフェッショナルの条件」をガツガツ読む。8年前に一度読み終えた本なのだが、訳あっての再読である。・・・あっという間に東京に到着し乗り換え。

20080827-Tokaido.jpgいつもならセカセカと山手や京浜東北線に乗り込むのだが、今日は気分を変えて東海道線・熱海行きに。
午前11時頃なのだが、電車は意外と混んでいる。観光気分でゆっくりできるかと思ったら、タイミング良く3分後に発車となった。
これじゃあまり変わりないが、まぁいいか。

立ちながらでもドラッカーを読んでいると、隣のレーンに並走する電車が・・・何か気になってチラリと見ると新幹線「ひかり号」!!
昔懐かしの0系ではなく700系であったが、やっぱり新幹線と言えば「ひかり」と「こだま」、その他は分家なのである。

そうそう、東海道線てこうだった。そのうち機会があれば、家族で・・・と思ったりした。

まずはメシ。コンファレンスセンターで簡単に安くと思ったが、場所が悪かった。お値段はそこそこ。
20080827-Dattan.jpgダッタン蕎麦だったか?
普通の蕎麦と違うはずだが、味は大差なかったのでちょい期待外れ。
そして食べながらでもドラッカー、研修会の時間ギリギリまで読み続ける。

研修会はいつもテキトーに聴いておく。仕事なので一応真剣には受講するのだが、大したこと無いものがほとんど。
だが今回は違った。事例に基づいた解説、解釈の仕方、最近の動向、落とし穴など、久しぶりに身になる話ばかりで、Daddyは必死にメモり続けた。

研修後は周辺で道草しようかとも思うのだが、いつも思うだけで会社に直帰する。ビジネスモードに入るとどうにもクソ真面目なDaddy。我ながら本当にそう思う。

東京駅で新幹線指定席チケットを購入すると・・・あら、「やまびこ」いっぱいじゃないの。
仕方なく山形新幹線(ミニ新幹線)に初搭乗!!

20080827-Tsubasa.jpg感じとしては私鉄の特急ってところだろうか。やまびこに比べると車内は狭く感じるし、揺れも大きいように思えた。やはり山形仕様になっているのだろうか。
福島からは在来線区間を走るから、カーブも多いだろうし、勾配も違ってくる。よって車体仕様もそれなりにということか。

Drucker_Pro.jpgそんな帰路でもドラッカーを読み続ける。

結局、丸一日集中することができた。凄いぞ!!
Daddyもその気になれば・・・

(8月31日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 07:05   ==

Saturday 23 Aug, 2008

ふるさと祭り2008

折角の休みが朝から雨。降ったり止んだり、時折強く降ったり・・・
気温は20℃前半、まだ8月だというのに寒い。

こういった季節の変わり目は、例外なく体調を崩し出す我が家である。
20080823-Library.jpgDaddy:倦怠感、頭痛、腹痛
MyWife:倦怠感
長男坊:咳、くしゃみ
次男坊:咳


午前中、子供たちはいつもの通り夏休みの宿題、ピアノ、空手練習・・・Daddyは自身のピアノ練習と子供たちにピアノレッスン、後はダラダラで過ごしたいが、MyWifeが図書館へ行きたいとのことでお付き合い。
図書館では読みたくなる本が見つからず、何も借りることができなかったため、しばらくの間はちょっとした空き時間の過ごし方を工夫しなければ。

そして今日は栃木県壬生町の「ふるさと祭り」に行く予定だったが、雨が降ってて寒くて体調も悪い、てことで行く気ゼロ。ところが次男坊が祭りのチラシ(花火大会の広告)を持ってきたので見ると・・・

「25周年」の文字が

おおおっ!ひらめき
これは行かねば!!

雨はほぼ止んで、我が家が会場に到着したときには、すでに打ち上げが始まって30分。予定を早めてスタート(20時→19時半?)したようである。
間近で見る大玉の「ズンッ」と響く音は大変心地良いのだが、先日のうつのみや花火大会の後なのでどうしても見劣りしてしまう。
いいぞいいぞぉ・・・と思ったところで途絶えてしまい、(・・・何かありましたか?)ってな状況の連続である。
駄目押しの連打がほとんど無い。



で、このまま不完全燃焼で終わってしまうのかと思ったら、大波が最後にやってきた。
ボンッボンッボンッと連続で打ち上がり、
ドカドカドカ、ババババ、ドカドカ・・・
いいぞぉ、目の前がぜぇーーんぶ花火だ!!

20080823-Fireworks.jpg最後だけで十分満足なのであった。
来年も頑張れ!


(8月25日掲載)



=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:30   ==

Sunday 17 Aug, 2008

うつのみや花火大会2008

雨天決行の花火大会が、荒天のため本日に延期となった。
しかし今日も小雨が降り続いており、しかも寒い。気温は22℃で、エアコンの設定温度よりも低い。この花火大会は不況の影響で休止となって4,5年? 昨年から地元の若者有志たちの力によって蘇り、今回は復活2回目である。

出かける前にやることを!
子供たちは夏休みの宿題、Daddyはピアノ、グランドピアノはうるさくて勉強の邪魔になりそうなので電子ピアノで練習。その後子供たちはグランドピアノでレッスン(長男坊がピアノの時は次男坊は空手の型、そして交代する)

ちょっと早いが15時過ぎ、いろいろと用足しもあるので出発。
まずはイエローハットで切れてしまった車幅灯の替え球、ケーズデンキでポータブルラジオ(花火大会で使う)、それから洋服の青山でクールビズ用シャツを購入。洋服の青山はいつもながら店員さんの接客が素晴らしくて、気持ちよく買い物ができる。店員さんのお勧めなんかサラッと出されてしまうと、「それお願いします・・・」ついつい購入してしまうのだ。

17時前、雨は降り続いていが、まだ時間があるということで腹ごしらえに。久しぶりのマックである。大阪周辺ではマックではなく「マクド」というそうだが、何故そうなったのだろう。昔からビッグマックってあるじゃないの?
20080817-Mac.jpg初めて入った店舗はいつもと雰囲気が違う。このアングルだとホテルみたい・・・ということでワンショット!!

おやっ?雨が止んできたか。

用足しを順調に消化し、18時過ぎに花火大会会場へ到着。
雨は時間を合わせたように止んでいる。無料駐車場はいっぱいだが、昨日から状況を見ておいたので、来年はこの辺も難なくクリアできそうだ。花火大会を謳歌するには、ある程度の経験が必要なのか?

僅かな時間だが急いで切れた車幅灯を交換し、今度は徒歩にて移動。駐車場から歩くこと約10分、鬼怒川河川敷にたどり着いた。栃木FM局・レディオベリーの中継があったりしてなかなか騒々しいが、思ってたよりも空いており、花火大会本部席?周辺に陣取ることができた。あとは打ち上げを待つのみ!

19時、いよいよと思ったら開会の挨拶等々が始まった。長々とした挨拶だったが「みんなで夢を!!」ってな感じのお話が多くて、ちょっと元気づけられた気がする。子供たちは退屈そうだったが。大会会長さんは昨夜の荒天から徹夜で花火を守り、一睡もしていないとのことだった。
(うわぁー・・・お疲れ様です)
FMで生放送を聞きながら見ることができるとのことでラジオを購入してきたのだが、この場所ではまったく必要なかった。

19時半打ち上げ開始!初っ端から2尺玉の3連発!!
2尺玉の花火って間近で見るととてつもなく大きいのだが、ちょっと離れた場所での打ち上げだったので、その迫力を感じることはできなかった。昔はもうちょっと近くで上げてくれたように記憶しているが・・・

その後、花火大好き我が家はたまりません!!
目の前3〜5か所から同時に花火がバンバン上がる。しかも何処ぞと違って花火の間にスポンサーの放送が無いので途切れない。それに加えて花火が単調ではなく、見たことの無い仕掛けものなんかが多い。あまり見ない色、レモン色、まぶしいオレンジ、星のようなブルー、エメラルドグリーン、明るい紫、まるで宝石箱のようなカラフルさで、とっても綺麗!!


中盤には子供の「花火の絵コンクール」の作品の中から3作品だったか?チョイスしたものを花火師たちが具現化!!絵を描いた子供の前で打ち上げてくれるのである。テーマが「夢」というだけあって、何て素晴らしい企画だ!きっと一生の思い出になるだろう。

そしてその後もフィナーレまでバンバン上がる。このスピード感は気持ちいい!!


心満腹で終わったかと思えば、会場司会進行の方が「花火師さんたちにアンコールしてみましょう!!」
予想外の展開に笑えたが、アンコールの大合唱が始まって直ぐにアンコール花火が上がり出した。
もうちょっと大合唱させれば良かったのに・・・しかし上がった花火はショボイ。仕方ないかぁ、と思っていたら意識してのフェイント?
またバンバン上がり出したのである。
うわぁーーーうわぁーーーうぉぉーーー( Daddy歓喜の声!!)


予定(午後9時)よりも20分ほど早く終了したが、それでも予想以上に大満足の花火大会であった。
来年も必ず足を運びたいと思う。


(8月19日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:18   ==

Saturday 16 Aug, 2008

ふれあいプール〜花火大会

例の如くプールへ!
天気予報では曇りの予定だが今日も外れて、晴れ時々曇り?ってとこか。いつもの町営プール、今シーズン最多の賑わいのようで、お昼前に到着したがすでに駐車場には満車の掲示が!
それでも強引に駐車場に入ると、所々空いてるのである。

早速25m練習プールへ
いつもは空いている場所なのに・・・これじゃ練習になりません。
それでも隙を見て子供たちの練習を見る。
「もっと体を真っ直ぐに」
「足が沈むと息継ぎができないぞ。バタ足しっかり」
「腕をしっかり回さないとあまり進まないし、息継ぎもできないぞ」

また進歩した子供たち。
長男坊は少し息継ぎができるように、次男坊は息継ぎの形ができてきた。あと2、3回練習すればモノにできそうだが、今シーズンのDaddyレッスンは今日が最後だろうか?

時々Daddy自身も泳いで実演(次男坊が携帯で撮影)

(再生は再生ボタンを2回クリック)
こう混み合っていると25mも泳げやしない・・・

次は宇都宮の花火大会に行く予定のため、14時で上がる予定だったが次男坊が行方不明・・・友達がいたのでどこかに行ってしまった、と思ったら、予定時間になってからはDaddyを探していたとのこと。
20分ほどオーバーしたが、いつものアイスクリームを買って一度帰宅。

それから花火大会会場には、17時前に到着した。
しかし見る見るうちに雲行きが怪しくなってきた。車を降りて会場に歩き出したところ、ポツポツと
まずい、引き返すぞ!!
車の中で待機である。あと2時間あるから小降りになるだろう・・・

17時半ごろ、花火大会開催の知らせだろうか、音だけ花火が上がったが、その後雨足はさらに強くなり豪雨に。
車内で北京オリンピック・レスリングを見ていたところ、NHKニュース速報が流れ、「宇都宮で記録的な降雨の恐れ・・・」とか。さくら市では1時間に110mm降ったとのことである。マジかよ!
栃木テレビやレディオベリーで状況を確認するも、花火情報は流れてこない。聞き逃したか?
18時半頃にもなると道路は既に大渋滞、我が家もどうしようか迷っていたが、ようやくFMラジオで「明日に延期」の知らせが入った。

よし、帰るぞ!!
雷は大したことないが、もの凄い雨。運転にもかなり気を遣うのだが、この豪雨の中のドライブもなかなか乙なのであった。
これでも56mm/時の雨だったとか・・・

1時間に110mmの雨って想像できないぞ。


(8月17日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 14:27   ==

Thursday 14 Aug, 2008

お盆回り

会社から1日だけ休みを頂戴してMyWifeの実家、それからDaddyの実家を回ってきた。両家は隣町にあるため、いつもお盆回りは1日で済ますことが出来る。

午後を回ったところでMyWifeの実家に到着。すでにK叔父様ができあがっていたが、叔父兄弟でも一番酒癖が悪くない人なので全く問題なし。後からDaddyもホロ酔いに・・・昼間のアルコールはよく回る。350mlの缶ビール1缶で酔えてしまうのだから不思議だ。

で、一体何を話していたのか覚えてないのだが、あっという間に2時間半が経過。そろそろK叔父様は帰宅とのことだったが、いつまで経っても帰らない。
何してんだろ・・・と思っていると、なにやら怪しげな段ボール小箱を持ってきた。箱サイドには「ジャパネットたかた」
何だ?
ガサガサとどんな秘密兵器を出すのかと思いきや、
「ポータブルカラオケセット!!」ドラえもんじゃあるまいし・・・

↓↓ 叔父様は気分良く歌い始めてしまった。
20080814-K_uncle.jpgで、一人でよろしくやるのかと思えば1曲熱唱後に笑顔で「おまえもやれ」、軽く叔父様命令である。だがもちろん、そんなことをすんなり受けるDaddyではない。

「興味ないです」
「嫌いです」
「延長コードが無いと無理ですねぇ」
あの手この手ではっきりとお断りしたのだが、思った以上にしつこい叔父様。結局、根負けして付き合うことに。

歌なんていつ以来だろうか?最近はフザけてしか歌った記憶がない。
仮面ライダー響鬼、まんが日本昔ばなし、あわてん坊のサンタクロース等々、これでは叔父様は満足する筈もないか。
ということで、久々に懐メロを歌うことに。
Let it be、昔の名前で出ています、北国の春、カサブランカ・ダンディ・・・
思ったより好評?!だったが、この辺で・・・


次はDaddyの実家へ。
途中Daddyの母方のお墓へ立ち寄ったが、それを含めても移動時間は30分ほど。
実家に着くなり次男坊は早速ダーツに夢中となるが、ボードすぐ脇に座ったDaddyのアゴにダーツが命中!!
ダーツの先は強力な磁石となっており刺さることはないが、10円5個分くらいの重さはあるだろうか?
コツーンッ!っと脳天にまで響く強烈な痛さである。まさか気を遣ってコントロールするかと思ったら、フルパワーで投げやがった。
こぉのぉアホッ!!軽く蹴りを入れた・・・(次男坊は苦笑い)

夕方になると雷雨。だがDaddyの住んでいた20年前と比べると全然大したことはない。当時は毎日のように落雷を眺めていたものだが・・・気候が少しずつ変化していることを実感する。


夜7時過ぎに帰宅の途へ
何だか締まらない日記になってしまったが、今日はこれでいいや。


(8月16日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:19   ==

Sunday 10 Aug, 2008

いわさきちひろ展

Daddyの夏季休暇6日目(最終日)
気温が上がらず、プールには行けそうにない・・・

MyWifeからの提案により宇都宮美術館へ「いわさきちひろ展」を見に行くことにした。
で、いわさきちひろさんって誰?

・・画家、絵本作家だそうである。
美術館で作品を見てたらびっくり!見たことのある絵がいくつかあった。それもDaddyの遠い記憶の隅、幼少の頃に見た絵本なのである。
「この本、家にあった・・・」

      20080810-Chihiro.jpg
色彩の綺麗さには正直驚いた。
Daddyは20歳過ぎの頃に水彩画を趣味にしていたことがあるため、ついつい細かいところまで見てしまう。
スケッチ、色使い、グラデーション、にじみ具合、透明感・・・
どの箇所から着色するのだろう、この色とこの色の重ね塗りは絵の具が乾いてからじゃないとできないなぁ、簡単に見えるがかなりの時間を要する絵だなぁ、一度に何枚描くのだろう、この色使いは描く前から?それとも塗りながら?
独学で、習ったことの無いDaddyには気になるところばかりだ。

戦争に関する絵も多く、1/4くらい場所を割いてあっただろうか。
ただその絵には鮮やかな色彩は微塵もない。まるで別人が描いたような絵で、彼女の心から戦争への悲しみが溢れ出てるのを感じた。

その他、子供たちを描いたものはどれも可愛らしく、全体としてホッとするもの、思わず笑みが出てしまうようなものばかりで、何とも不思議な世界なのである。


あまり興味は無かったし、我が子たちは退屈極まりなかったようだが、観ておいて良かったと思う。
久しぶりに描いてみたくもなった・・・

(8月12日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:30   ==

Saturday 9 Aug, 2008

ふれあいプール〜大図書館

Daddyの夏季休暇5日目、またプールに行って子供たちに泳ぎを教えた。

20080809-pool.jpg長男坊はあまり進歩無し。
やることは理解できているようだが、動作が伴ってこない。息継ぎをしようとすると、バタ足が止まって足が沈んでしまうため、顔を横に向けることが出来ず、正面に上がってしまう。よって溺れているように見える。

次男坊は格段の進歩!
息継ぎは出来ないが、水への恐怖心が消えてきて体が真っ直ぐになり、クロールの形が出来てきた。5mは確実に泳げる。
やるじゃないの!!
ここで、もう一歩鍛えようかと思ったところ・・・
雷が急速接近!!

まだ40分くらいしか練習してないのだが、子供たちの楽しみは奪えない。ウォータースライダー、流水プールを回ってから早々に撤退した。
ライ様を甘く見てはいけない。
何とも消化不良だが、お約束のアイスクリームを購入して帰宅。

===
雷の通過を待って、Daddyは独り大図書館へ。
予約CDの準備ができた旨のメールが届いて11日が経過・・・1日オーバーしてしまったが、無事に借りることが出来た。三浦友理枝さんのアルバム「Chopin Etudes」、近々聴きに行く予定となっているコンサートのソリストなので、事前チェックである。

20080809-Cd&Books.JPG他にも昔のピアニストの個性に会いたくて、ヴィルヘルム・ケンプ、ウラディミール・ホロヴィッツを拝借。録音が1928〜64年ということで音質はよろしくないが、何か感じるものがあれば・・・ということで聴き込んでみよう。

軽く聴いたが、ケンプ様のテンペストはいい感じだ!

(8月11日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:34   ==

Wednesday 6 Aug, 2008

劇場版ポケットモンスターDP「ギラティナと氷空の花束シェイミ」

Daddyの夏季休暇2日目。

20080806-pokemon_movie.JPG映画館でポケモンを観るのは初めてである。
1か月ちょい前に購入した前売り券をいつ使おうかとタイミングを考えていたが、ようやく本日決行!

混雑が予想されたため、朝一番の上映時間(8:50)に合わせて出発したのだが、座席は1/4も埋まってなくガラガラだった。
座席はシアタールームのほぼ中央を確保したが、思ったよりもスクリーンに近い。次回からは中央よりも後ろに座るようにしよう。
座席に着くなり、次男坊はニンテンドーDSを起動。スクリーンからワイヤレス通信で、ポケモン「シェイミ」を受け取る。続いて長男坊も・・

それから本編。
まぁ大人が見てどう、という内容ではない。今回の映画は前回からの続きで、さらに来年公開の映画に続く、という終わり方で、何だか分かりづらい。要するに「つなぎ」なのだが、子供たちは続きがあることが分からなかったようである。
前回(昨年のダークライ)の方が内容が分かり易くて良かったか。

ただ映像はなかなか綺麗だった。
最近のポケモン映画に見られる傾向だが、コンピュータグラフィックスがキツくない程度に使用されていて、TV版とは違った印象を持つ。特に「水」の表現は素晴らしく、本物の映像のように感じたこともしばしば。
アニメーション技術の進化を感じることが出来た。


映画の後はプール。
         20080806-school_pool.jpg
長男坊の付き添いで小学校プール(Daddyは見学のみ)に行ってきた。このご時世、事故があってはということもあり、先生方は真剣。語気も鋭く言い放つ。
「言うことの聞けない人はすぐに退場して下さい!!」
プールはルールを守らなければ危険な場所であることは間違いないのだが、危ないことを経験しないうちにすべて抑制してしまう、という最近の社会のあり方もどうなのかと思ったりするのである。
では誰が子供たちに危険なことを教える、あるいは経験させるのだろう?親だろうか?ガキ大将だろうか?

プールサイドを走ってはいけないのは何故か?
水の中に入るときは後ろを向いて入るのは何故か?
子供たちは理解してるのだろうか・・・?

そんな思考の中、ふと思った。
何でDaddyは小学校にいるんだ?なんでクソ暑い中で見学してんだ?
町営プールのタダ券がいっぱいあったじゃないか!!
・・・大失敗だ。後悔先に立たず、覆水盆に返らず。


20080806-Birthday_cake.JPG気を取り直して、夜は昨日おあずけとなった、バースデーケーキ!!
喜んでいるのは子供たち。
Daddyはというと、夕食の後にケーキ・・・太るので食べたくないが、これが無いとやっぱり気分が出ない。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:37   ==

Tuesday 5 Aug, 2008

My Birthday

夏季休暇の初日、Daddyは今日から6連休である。
長男坊は朝から微熱(37.1℃)、天気も重たい曇り空。

ガソリン代が気になって、ちょっと図書館に・・・ということも減ってしまった。早くハイブリッド車が欲しいところである。できればプラグインハイブリッドを狙っているのだが、そこまでは待てそうにない。

久しぶりに何の予定も無く、庭の草むしり、ピアノ練習、英語学習iknow、それから長男坊とクラシック音楽鑑賞なんかをして、のんびりと過ごした。
最近の長男坊の夢はなんと「ピアニスト」なのだそうだ。誰に吹っ掛けられたのやら・・・

MyWifeは空手昇級試験のお手伝い。基本稽古や組手をサポートしたそうである。次男坊は同門塾生の研究をしたらしい。彼なりに考えて行動しているようだ。


皆が頑張っているのを見ると、Daddyが一番サボっているように感じてしまう。・・・ということは、まだDaddyには余裕があるということか?

馬力出していこうぜ!!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:37   ==

Sunday 3 Aug, 2008

大竹海岸鉾田海水浴場

プールの次は海!
昨日の祭りの酒が若干残っている気もするが、機を逃すわけにはいかない。

先日、長男坊に「前に海に行ったのはいつだったっけ?」と尋ねてみると「2004年7月18日と2004年8月7日だよ」と即座に答えが出た。なんか嘘くさいなぁーと思い、過去に撮影した写真の日付を調べてみたら、これが大正解!!すごい記憶力だ。その癖、昨年の運動会の日は覚えてなかったりするので不思議なのだが。
・・・もう4年も経ってしまったのか。

今回、初めて茨城県内の北関東自動車道(新しい高速道路)、まだ途中で切れているので「桜川筑西IC」からの利用となったが、これが予想以上に楽チン!!
今まで山を越え山を越えの連続(国道50号は渋滞があるので通らず)だったのだが、スピード100Kmでこれらをスイスイと通過し「水戸大洗IC」まで。
今までの苦労を思えば実に快適で、全線開通が待ち遠しい。移動時間は2時間弱、午前11時半ごろに到着した。
駐車場の空き待ち渋滞の中、車中で昼食タイムに。
MyWifeの弁当は旨い。いつも有難いと思う。

正午を回り、ようやく砂浜へ陣を移した。
当たり前だが、プールと海の遊び方は全く違う。大波と戯れなければ海に来た意味がないのである。この辺の海水浴場は、千葉寄りの方が波が高くて遊び甲斐があるように思えるのだが、今日はさらに高くてちょっと危険を感じた。
水位が膝上の辺りで遊んでいても、Daddyの身長をはるかに超える波が次々に押し寄せる。差があり過ぎだ!!高さ(高低差)は1.8mくらいあっただろうか。
次男坊は早々にギブアップしてしまい、水位が膝下のところに移り大暴れ。まったく彼らしいが、それなりに楽しめているようだ。

もちろんDaddyは果敢に突撃する!!ちょっと危険を感じるあたりが面白いのだ。自然との遊び方ってのはそういうものだと思う。スキーとか、木登りとか・・・少々危険を感じなければつまらない。

にしても、Daddyが楽しく感じるレベルに長男坊が喜んで付いて来た。これはこれで怖いもの知らずで、彼の行動が逆に怖くなってしまうのだが、今日はDaddyがそばに居るのだ。存分に楽しませてやるぞ!!

20080803_sea_attack.JPG大きなゴムボートを持ってちょっと奥へ・・・
ところがデカい波が次々に押し寄せるため、深みまでなかなかたどり着けないのだが、入ってしまえば後は待つだけである。
大波よ来い!!

・・・うまく波に乗れることもあるが転覆してしまう場合も多々あり、Daddyも長男坊も怒濤に飲まれ3回転・・・。こんな時は自然の猛威に身を委ねて、収まるのを待つしかないのである。
平衡感覚が戻るまで数秒間待ち、立ち上がってから長男坊を探すと、彼は意外と冷静に対処できている。それどころか先に立ち直り、Daddyを探していることも何度かあったり。
頼もしいじゃないか!!

午後2時過ぎくらいからであろうか。潮位が徐々に上がり風も強くなってきて、さらに激しくなってきた。もうボートはどうにも使えないため、大浮き輪に変更し、さらに闘いを続行!!


ヘトヘトになり、午後3時半頃に撤収。

帰りは高速料金を節約するため、ルートをいろいろと探索。
「茨城町西IC」からの利用としたが、ほぼ時間は変わらず2時間である。

来年になればもっと海が近くなる!!


(8月4日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:10   ==

Saturday 2 Aug, 2008

ふれあいプール

ようやく今夏初のプールデヴューを果たしたDaddy。
気温30℃越えを待ち、これを心待ちにしていた次男坊は大はしゃぎである。今日の特訓はそんなに甘くはないのだが・・・

子供たちへのスイミング指南。別にDaddyは水泳を習ったことがある訳ではなく、ちょっと得意だったため、見様見真似の独学である。
昔は夏休みともなれば毎日学校のプールへ行き、そこが休みなら市営プールに通った。それから川で泳いだ経験も結構あるが、我が子等に川を勧める気はない。
何故なのだろう?

今の子供たちには何かが欠けている。危険察知能力だろうか。
ガキ大将的な存在の子供がいないことも気になる。遊びを教えることは、イコール責任が付いてたように思う。今から思えばそんな存在がいたグループと、そうではないグループとでは「やんちゃ」の度合いが随分と違ったように思う。
その昔、Daddyが乱暴者だったのもこの影響だろうか。ガキ大将の存在、それはそれは怖かったが、一緒にいて一番安心できる奴でもあった。


20080802-pool.jpgさてプールへ着くやいなや、向かうは25m練習プール。
すぐにクロールの特訓開始である。


まず顔を水に浸ける練習。
それから体をまっすぐにして浮く練習。

と、早くもここで次男坊リタイヤ。どうも水が冷たくて顔を浸けるだけで体が拒絶するようだ。半泣きである。
情けない・・・恐怖心が無くなるまで待つしかなさそうである。
「次回までに学校で練習しておけ!!」とDaddy指令を出すが、夏休み中のプールは全日通えても6日しか無いそうである。
何だか今の子供たちはいろいろと制約が多い・・・

引き続き長男坊に教えた。
バタ足のみで進む練習。
それから腕の振り方、合わせてバタ足。
最後に息の継ぎ方。

一つ一つDaddyが実演して見せて、子供たちにやらせてみる。
まだ溺れているように見える長男坊だが、表情からすると理解は出来たようである。あとは練習あるのみだ!!

様子を見て、今日はこれ以上の向上は無い、と思ったところで遊びに変更。ウォータースライダー、流水プール。
それからおいしいアイスクリーム。

そこそこ満足できたDaddyである。


20080802-BonDances.jpgプールの後は地区の盆踊りへ。
ご近所の方々とビール、日本酒・・・


(8月4日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:28   ==

Monday 28 Jul, 2008

suzuharuさん来訪

昨年4月以来、遠路遥々suzuharuさんがやってきた。前回同様Daddyはお仕事でお会いすることができなかったが・・・

20080728-Suzuharu.JPG昨年も我が子たちはちゃんと女の子と遊べるのか気になっていたが、やっぱり余計な心配だったようだ。

帰宅してsuzuharu家の写真を見て、大きくなったなぁ・・・と、何だか単身赴任の親父みたいにあせあせ(飛び散る汗)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:50   ==

Sunday 27 Jul, 2008

山あげ祭り

26〜27日の土日ともに曇り時々雨。
プールに行こう!計画は今週もボツとなる・・・早いとこ泳ぎたいし、息子たちにも泳ぎを教え込みたい。

先日、なんと小4の長男坊が学校の25mプールを泳ぎ切ったとのことなのだ。外見ほとんど溺れていたそうなのだが、それでも泳ぎ切る根性は大したものである。長男坊よ、Daddyがもっと楽に泳げるようにしてやるから期待して待ってろ。
そして次男坊にもライバル心が芽生えたようで、顔を水に浸けることすら出来なかったのが、今では風呂の中で潜水遊び。学校のプールでも目を開けられるようになってきたそうだ。ならば後は自然と付いてくる。次男坊も覚悟しておけ。

だがプールに行ける日は一体いつなんだ!!


20080727-Yamaage.JPG今日は仕方なく栃木県那須烏山市の「山あげ祭り」を見に行ってきたのだが、計画性が無かったため見所をことごとく外してしまった・・・夜の余興公演も雨で時間延期??
疲れたので帰ってきてしまった。

来年はちゃんと見に行こう。

(7月28日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:12   ==

Friday 25 Jul, 2008

伊佐舞 37度原酒

ちょうど2年前、アメリカ長期滞在でお世話になったMyWifeの知人が、今月9日に帰国した。旦那様はまだ米国に滞在だそうで、寂しく暮らしているのやら、清々してやっているのやら・・・

子供たちは夏休みなので、Daddyを除くMyFamilyは23日〜24日にかけ、1泊2日の再会ツアーに出かけた。(Daddyは当然お仕事!)

次男坊は再会の喜び全開だったようで、夜11時過ぎまで起きていたそうだ。うるさかっただろうに・・・
そして夜中の0時半頃には岩手県で震度6強の地震が発生!幸い現地での大きな被害等は無かったようだが、たぶんMyFamily訪問中のお宅でも震度3以上はあったであろう。
フワフワ、ガタガタという変な揺れの地震だったが、これで地震国に帰国した実感がさらに湧いたのではなかろうか。
みなさん目覚めてしまい、それからさらにガヤガヤしたそうだ・・・

翌日、Daddyにお土産が届いた。
20080725-Isamai.JPG本格いも焼酎「伊佐舞」(37度原酒)

おおっ!これはこれは見慣れないお酒が。そこいらでは手に入らない代物なのである。
(JAL国際線限定販売)
木箱に入って、赤い布に包まれて・・・
どうにももったいなくて呑めない。

みなさんと一緒にやりたいっ!!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:37   ==

Thursday 24 Jul, 2008

土用の丑の日

「土用の丑の日」って何とも意味不明な言葉である。いい機会なので調べてみた。

まず「土用」って何だ?
古代中国の五行思想(木火土金水)に季節が割り当てられ、木は春、火は夏、金は秋、水は冬・・・じゃあ土はというと、季節の変わり目を指し、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間とのことを言うらしい。
なんと土用は夏だけではなかったのだ!

じゃあ「丑」って何だ?
十二支の「丑」のこと。子(ね)、丑(うし)、だから2番目(2日目)を言う。古代中国で日付として使われていたそうで、後に時刻や方位にも使用されるようになったとか。12月、12時・・・なるほど。
十二支のほかに「六十干支」ってもある。なんだそれ・・・深みにハマるので、このくらいにしておこう。
要するに上記18日間の2日目のことか。

では、なぜ鰻なのか。
鰻屋と平賀源内さんのお話が有力らしいが、いろいろ説があるようなので、Daddyとしてはどうでもよくなってしまった。


20080724_Unagi.jpgさて、今日お昼に会社に来た弁当屋さんを覗いたところ、特別メニュー「鰻弁当」があったので食してみた。
500円弁当(普通の弁当は400円)だったが、この値段にしちゃなかなか旨かったのでちょっと得した気分になれた。

20080724-Unagi.JPGそして夕食もウナギ!
鰻が嫌いだった子供たち、今日はなぜかガツガツ食べていたのでビックリ!!


元気出していこうぜ!!
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:34   ==