Sunday 16 Mar, 2008

JFL開幕!

JFLの開幕戦「栃木SC vs FC琉球」を観てきた。
大人のサッカーを生で観戦するのは初めてのDaddyである。

ところで、JFLってなんだ?
という人もいて、ちょっと驚きなのだが、まだその程度しか知られていないのだろう。アマチュアでは最上位のサッカーリーグとでも言えばよいのだろうか?言わずと知れたJ1,J2はプロリーグである。

JFL所属チームでも、Jリーグへの参加意思があり、一定の条件(ホームタウンのスタジアムとか、リーグ戦をホームスタジアムで開催できるとか、所属する都道府県サッカー協会が承認しているとか、地元自治体が支援する等々)を満たしていれば、Jリーグ準加盟クラブとして認められ、かつリーグ戦でよい成績を残せば、めでたくJ2昇格ということになる。

     20080316-FirstButtle.JPG

観客数は6,300人強、昨年の半分なんだそうだが、オープニングセレモニーでは花火が上がったりして、開幕戦の雰囲気たっぷり!!
ボセーっとしていたDaddyもようやく目覚めた。
ひいきのチームは栃木SC、監督は元日本代表・柱谷幸一、対するFC琉球の総監督が元日本代表監督フィリップ・トルシエなのである。

トルシエ監督を一目見たかったのだが、見当たらない・・・なぜ?
後から知ったのだが、身内に不幸がありフランスに帰国していたそうだ。残念!!
グラウンドの選手たちを見渡してみると、「あれ?何だ?若過ぎるんじゃねぇか・・・?!」というのが第一印象である。だが何のことはない。Daddyが自分で思っている以上に「おっさん」になってるだけだった。選手たちは20〜30代前半がほとんどだろうから、若く見えて当然なのである・・・

いよいよキックオフ。
試合開始早々、選手たちの動きはかなり悪い。何をチンタラやってんだ!! 試合開始から10〜15分くらいはとても見てられる試合ではなかったが、徐々にいい動きが出てきた。開幕戦ならではの緊張感だったようである。
変な緊張感から開放された後は、ほとんど栃木SCのペースで試合が進む。前半1点、後半2点で3−0、余裕の試合運びだったので、安心して見ることができた。ただこちらがお祭り気分の中、少ない人数で応援している相手チームサポーターのことを考えるとちょっと気の毒ではあった。
このまま終わるのかと思ったら、後半残り5分くらいだったろうか。気の緩みだろう、ちょっとした間に余計な1点を献上してしまった。
甘いぞ栃木SC!

幾つか弱みと感じられる部分も見受けられたが、作戦だったのかも知れない。まだ1試合だけではよく分からない、ということで、今後も引き続き応援していきたいと思う。(ほとんどはTV観戦となるだろうが・・・)

(3月17日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:02   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック