Sunday 2 Mar, 2008

平安四段

何も特別なことはない、普通の休日を過ごした。
だいたい午前中は英語の勉強、ピアノの練習、録画しておいたクラシック音楽鑑賞、午後は大図書館、買い物・・・というのがお決まりのパターン。

今日は空手の稽古(練習)にも付き合った。型「平安四段」(ピンアンヨダンと読む)である。
息子たちがリビングでバタバタやっているのだが、その間Daddyは無視して本を読んでいる。が、だんだんと気になってきて、そのうち見ていると焦れったくなってくる。

長男坊へ・・・
「後屈!、しっかり体重乗せて」
「なんだそれは、踊りか?」
「顔はどっち向くんだ!」

次男坊へ・・・
「突きはどこだ? 中段じゃないのか?!」
「前蹴りはしっかり出せ!」
「その左は肘打ちか? なんだか分からないぞ!」
「足が逆!!」
「前屈の時に顔が下向く癖があるぞ! しっかり前見ろ!」
「引き手はもっと上!」

などなど、
そのうち身振り手振り動き出してしまうのである。
しかし、Daddyは空手を習っていない。あまりブツブツ言わせるな。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:18   ==
この記事へのコメント
頑張っていますね。道場だけでなく、自宅で稽古を反復する意味は大きいですよ。兄弟揃って緑帯目指してください!
Posted by 塾長 at 2008年03月04日 09:27
塾長殿
お世話になっております。
親が子に関わるのは大切です! ついつい口出ししちゃいますね。
ところで、先週末から次男坊が激しい「偏頭痛?」に悩まされてます。医者にも行ってきましたが、今週は様子見の状態です・・・。
Posted by Daddyクワトロ at 2008年03月04日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック