Saturday 14 Jul, 2007

ピアノ練習近況

左手薬指の骨折がほぼ完治し、思う存分にピアノを弾けるようになってきた。今日は3時間くらい練習した。
長かった・・・今年2月、医者から全治3か月と診断されたときは愕然としたが、結局5か月を要したようだ。まぁピアノで酷使し続けたのでしょうがないんだが。

今年春先までに卒業の予定だったブルグミュラー「乗馬」と「つばめ」、電子ピアノではほぼ弾けるようになっており、いつ録音しようかと思っていたのだが、今日アップライトで弾いてみたら・・・
何て下手くそな演奏!
このギャップはどう理解すればよいのか・・・
やっぱり楽器は生楽器じゃないとダメだ。下手くそな演奏を聴いていても「確かに自分でそう弾いている」と気付く。電子ピアノではこれが分からないってことは、いつもながら勝手にいい音に置き換えている、ということだろう。
でもどうやら今月いっぱいで仕上がりそうだ。予定より丸々4か月遅れたが、5か月の間演奏レベルを維持できたし、音楽理論なんかも少しずつ理解出き始めているし、無駄に時間を過ごしてきた訳ではないので、由としよう。

そして、ここ1か月ほど次は何やろうか、と考えていた・・・
そろそろピアノ曲らしい曲を弾いてみようってことで、先日のコンサートで聴いた「ショパン ピアノ協奏曲第1番第2楽章」を1日10分くらいで2週間ほど練習してみたりしたが、さすがにこれはまだ無理なようだ。
だが、スーパーゆっくりではあるが、あの名曲がDaddyの指から奏でられただけで感動してしまう。楽譜ってのはスゴイ!!
ショパンはこの曲を20歳で完成させたというから驚きだ。
(オケの方は今一だが・・・)

で、次の練習曲として決めたのが、
1.ドビュッシー「月の光」
2.ショパン「ノクターン第2番」(第1番と迷ったが)
【譜面は月の光の冒頭:拡大化】
ClairDeLune.JPGこの辺なら何とかなりそうだ。練習期間は半年かな?もうチョイ掛かるかな?
まあ仕事の忙しさも絡んでくるので一概に決められないが、そのくらいだろう。男子たるものショパンだけは弾くまい、と思っていたが、フジ子ヘミング様の影響は相当大きいようだ。


それと4月から始めているバッハ・インヴェンション第1番。
ようやく暗譜できてきたところ。こちらは音楽理論から入っていくと意外と覚えやすいのかも。まだ偉そうに言えるレベルではないが・・・
譜面見ながらなら、そこそこ弾けてきている。8月末くらいには次に行けるかなぁ?

・・・
次回ピアノ発表会の日程が決まった。
年末は会場が押さえられなかったようで、来年1月末頃だそうだ。
ということは、今年は気楽に年末を過ごせるようである。
選曲は再来月になるか?
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:37   ==
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
発表会の日程決まったのですね!!
今から当日が楽しみです・・・。(目線が観客)
Posted by あらやん at 2007年07月16日 17:02
あらやんさん、まさか傍観者ってことは・・・?
Posted by Daddyクワトロ at 2007年07月18日 21:57
いや、あの、多分舞台には上がると思うんですけど(苦笑)何せ自分で演奏はしないので、中途半端な感じです。元来の目立ちたがり屋が、何をしていいか(いや、何もしなくていいんだけど)わからなくっておろおろします。
どんな顔していいのか分からない。
Posted by あらやん at 2007年07月21日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47826638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

モーツァルト療法 〜音の最先端セラピー 〜
Excerpt: モーッアルトのCDは持ってるけどそれよりも高音域が綺麗に聞こえる気がしてきます。脳にいいんですよねー♪昼間この音楽を流しておくだけで気持ちよい気分になれます。お値段も手頃だし一枚持っとくのもありじゃな..
Weblog: ピアノを...
Tracked: 2007-10-05 05:19