Friday 1 Mar, 2019

K高校卒業式

20190301-graduates.jpg次男坊の卒業式に列してきた。
まだ次が決まっていないということもあり、素直に喜べないものだ。

そんな生徒も多い中、式は厳粛に淡々と進んでゆく。
校長先生、PTA会長、素晴らしい話をされていたが、生徒たちには伝わっているのだろうか。
人生に必要なこと、語彙力、哲学、多面性
揚げ足をとるのが得意なDaddyだが、突っ込みどころ無く、一つ一つ納得することができた。式辞のあとは、つい拍手をしたくなるのを我慢。学校は今でも「礼」なのである。このあたりが、厳格な印象を与えるのだろうか。

式を終え、卒業生が教室に戻ると、担任の先生から各々への卒業証書が授与される。一人一人の名前を呼んで全員に手渡した後、最後のお話、お別れのあいさつ。
この年でクラス担任ができるとは思わなかった、1年しか見ていないから3年分を見ることができなかった、とお詫び??...
副担任の先生からは、大学を出てすぐだったから、みんなの前で愚痴ってしまうことが多かったとか.. 今にも泣きだしそうで、聞いているこちらも堪えられない。
ご年配の先生と若い先生、お二人とも気持ちの伝わるお話だった。
次男坊、いい環境で過ごせたのではなかろうか。

Daddyの高校生のころ... 思い出したくもない。
校長先生の話はまともに聞いたことがない。担任は保身の話ばかり、Daddyが大学に行かないことに対して、学校として困る!
そんなことも言われた。
今のDaddyなら、知るか!!と即座に反抗したであろうが、当時は担任の言っていることがよく理解しきれなかったし、あの方の言動は絶対でもあった。

そうだ...
担任でもないのに最後の授業でDaddyを別室に呼びつけて、勇気をくれたM先生
まだ生きてるだろうか。
感謝を伝えに行こうと思い..早30年。今のDaddyを見てほしいと思うのだが

近日中に絶対!
(3月11日掲載)
=== ☆   posted by Daddy   ☆ =   at 23:02   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。