Tuesday 15 Jan, 2019

ふるさと納税

返礼品がどうのこうの、騒いでいる割に面倒臭がってよくわかっていなかったDaddyである。昨年末にかけて、TVCMやネット上でやたらと見聞きすようになったので調べてみることに。

簡単にまとめるとこうだろうか。
1.居住地に収める税金から一定額を居住地以外に割り振る
  (名目は寄付)
  ※納税額に応じて上限あり
  ふるさと納税の各種サイト、例えば楽天のサイト等で
  申し込めばポイント還元もある。
2.寄付額に応じて返礼品がもらえる
3.年間のふるさと納税額に対して、自己負担は2,000円のみ
  ※上限額を超えない限り変動なし

20190115-Akitakomachi.jpg住民税を収めている居住地以外にお金を回すと、そのぶん税は控除されて、返礼品がもらえて、ポイントももらえるようである。

こんな制度があってよいのか?!
Daddyの上記まとめは合ってるのか?!

当然、ふるさと納税が増えれば居住地は減収となるわけで、逆に頑張れば増収にもなるようだ。ちなみにわが町は何を返礼品にしているのかと調べたら... おもちゃに文具、ウオーターカラー、お肉にお酒
文房具好きなDaddyはちょっと興味あるな。でも我が町から返礼品は戴けない...

仮に減収となった場合、国がその額の75%を交付税で補填してくれるそうだ。そうなると国の財源も必要なわけで、国税で集めたところから分捕るのか?結局はお金がぐるぐる回ることになうようだが、ふるさと納税しない人は払うばかりということか?
結局これってどうなんだ?
知らない人は損する仕組みなのか?
20190111-ToyookaKaban.jpg
そんな分かったような分からないような状況で、昨年末、慌ててふるさと納税をしたDaddyである。
返礼品は、ビジネスバッグ、あきたこまち 5Kgx2 5か月分、いくら醤油漬け100g×6P・無着色たらこ140g×6P、黒毛和牛2.2Kg...

新年度の税金からちゃんと控除されるのか、
とっても気になるのである。
=== ☆   posted by Daddy   ☆ =   at 20:44   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。