Sunday 6 Jan, 2019

レコードプレイヤーVictor QL-Y3F

久しぶりにレコードが聴きたくなって、物置から引っ張り出したのがDENON(当時はデンオンと読む)のレコードプレイヤーDP-15F。高校生の頃、念願叶って手に入れたプレイヤーである。少しでもいい音になるようチョコチョコ改造していたのだが、箱から出したら酷い悪臭...
あちこちに詰め込んだ油粘土の臭いである。臭くて部屋にはとても置けない。針は新しかったはずなのでカートリッジごと外して、本体は廃棄することに😭

それでも熱は冷めないので、ネットオークションで「Victor QL-Y3F」を落札、送料込みで9千円ほど。
外したカートリッジが使えるように、ヘッドシェルも別途落札。テクニクスの音も聴きたくて、余計なカートリッジも落札!

20190112-Headshell.jpgヘッドシェル/カートリッジ
Victor/Technics 280C
Lo-D/DL-65(先代からの流用)
2つ用意して、形だけはマニアックに

全部で1万3千円くらいの散財になったろうか。各部清掃でピカピカにして、アームの水平、針圧、アンチスケーティング調整。静電気除去スプレーはないので、軽く盤を清掃後に、イザッ再生!!
オーディオファンは、こういうマニュアルチックなところが楽しかったんだよね〜

レコードは荒井由実さんのアルバム「ひこうき雲」
オフコース狂だったDaddyが、なぜこのアルバムを所持していたのか、全く不明なのだが...

20190112-SlideStage.jpgあれ?フルオート機のはずなのに、アームが自動で動かない..
完全に壊れている感じではないので、アレコレいじっているうちに分かってきた。ここ(写真矢印参照)の滑りが悪いようである。再度念入りにツルツルになるまで清掃したら直ってくれた。何か薬剤塗ろうかとも思ったがやめた。
同症状の方は是非お試しあれ。

いよいよ針がレコードに降りて、チリチリノイズが...
音が鳴り出したらびっくり!!
20181230-QL-Y3F.jpg耳障りなチリノイズはあるけど、それを除けばCD聴いてるのと変わらないくらいの音...ってか、それよりも中音域が全面に押し出されるような感じ、心地よい柔らかさはこちらの方が上か?
すげーな😱

是非クラシック音楽を最新録音のレコード盤で聴いてみたい。どこかで安く入手できないかな〜
ホールで生演奏を聴くのが一番なのは承知しているが、マナーの悪い聴衆に出くわしたりすると半端なくげんなりなのだ...
=== ☆   posted by Daddy   ☆ =   at 15:19   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。