Friday 13 Jul, 2018

2回戦(虎の子を死守)

プロスカウトからも注目されているというエースを擁する、Y校との対戦。ところがだ、相手は彼を温存。この試合に勝てば、明後日は王者・作新学院戦を控えている。
... なめられたものだな
ならば、エースが出てくる前に叩いておこう!!

試合が動いたのは3回表
ワンナウトから9番バッターがヒットで出塁すると、続く1番バッターは3塁線へセーフティーバント、ここで1塁へ悪送球がありオールセーフ。ランナーを1、2塁において、続く2番バッターはショートゴロでダブルプレーかと思われたが、2塁手が1塁へ悪送球したため、2塁ランナーは3塁を蹴ってホームへ!
棚から牡丹餅的な1点である。
続く3番次男坊はフォアボールを選ぶも後続が続かず、この回は1点どまり。

5回にまたまたチャンスが巡り、ツーアウトでランナー2、3塁
ここで3番バッター次男坊登場!!
追加点の大チャンス、しかも打てるような気がしてならない😆

と、気分はイケイケノリノリだったところに
げっ!... エース出てきやがった。追い込まれたら、どうにもならない勝負球を持っている。それが分かっていたからか、じっくり見極めることが多い次男坊にしては珍しい、
初球打ちだ ...やや泳がされて、ショートフライだったろうか?

その後は息の詰まる投手戦!
ドラマは最終回に。1−0のまま9回裏、相手チームのトップバッターがライト線に痛烈な3塁打!!
ノーアウト3塁で、次のバッターは大きなライトフライを打ち上げた。タッチアップで1点献上である。
... 延長戦になると苦しいな。
ここで、念のために3塁手にボールを回してベースを踏むと。
審判は「アウト!」の宣告

20180713-Win(1-0).JPG球場全体がどよめく。
目を疑うDaddy
まじか?!
相手ランナーのタッチアップが早すぎたのである。

味方チーム、応援団は狂喜乱舞である。一気にツーアウト!
最後のバッターも難なく仕留めて、試合終了!!
疲れた〜
(7月17日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:29   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。