Saturday 31 Mar, 2018

ピアノサークル発表会

Daddyに新たな試練! 昨秋加入したピアノサークルで発表会を催すことになった。実際にはプレ発表会ということで、発表会の運営はどうやるんだろう?事務局は何をする?
みんな発表会に出たことはあるが、その裏方を知る人はいない。そんな試行錯誤の発表会♬

それでも弾くことには変わりない🎹

このサークル活動は練習会がメインなので、いつもなら誰かが弾いていてもおしゃべりは自由、もぐもぐタイムしながらでも聴けるのだが...
今回はホールなので飲食厳禁!
発表会形式だからおしゃべりも厳禁!

Daddyの発表曲は、年末に弾いたショパンの「別れ」

出来はというと...
緊張はあまり無かったが、音色が違うんだよな〜ビビってしまうのはコレなんだ、いつもながら気付く。間違っていないのにイメージしている音と違う音が出てくるから状況を確認したくなる。でも曲は止められないから、確認できずに次の小節へ進む、さらに違う音を感じて、確認するまもなく次へ...
このルーチンが繰り返されると緊張が高まっておかしくなってくる。
どうすれば改善できるんだ?
師匠は練習しかない!って言う。いろいろ聞いたけどやっぱりそれが正解っぽいんだけど...
大人のピアノ、時間なんてそんなに取れるもんじゃない。

演奏後は上級者から「ずいぶんタッチが変わりましたね〜たくさん練習した成果が出てたと思うよ。ちゃんと弾けてましたよ〜」って言われたので気分良くしていたんだけど、
あとでビデオ観てみたら、どーなんだコレ...

しかもカメラの設定が間違ってて、エフェクトモード
写真類はすべて全滅だった⤵
(4月3日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:17   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。