Wednesday 24 May, 2017

世に棲む日々/司馬遼太郎

20170524-Yonisumuhibi.jpgまた一人、Daddyの中で逝ってしまった。
高杉晋作、享年27歳

長州藩の話を読みたいと思っていたところ、ネットで検索、司馬さんの本があるとのことで、早速手にしてみると、第1巻の書き出しは

「長州の人間のことを書きたいと思う」

司馬さんファンとしては堪らないな😆
全4巻の前半は吉田松陰、後半は高杉晋作、にしても司馬さんの描く人物はみんな魅力的☆

どこかしら似てるところがあると嬉しく思ったりもするDaddyだが、やっぱり違っていて偉人だな〜って思う。
歳の割に激動な人生、
男が志を持ったら、家族はほったらかし
何に命を懸けるのが良いのか。
Daddyはこれから何かを成すのだろうか...

もう少し読みたいな。次は「高杉晋作を歩く」
いろいろな写真付きで読めるみたいだ⤴⤴
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:06   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450199236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック