Monday 13 Jun, 2016

鎖骨骨折 抜釘(ばってい)

20160519-MetalPlate.jpgあれから1年。
金属プレート、気にならないこともあったが、常に違和感があったと言っていいだろう。力を入れたり、左側を向いて寝たりすると痛みが強くなる。またモノがぶつかったときなんかは激痛である。

オペ時間は不明。15時〜16時ごろとの予想(前の手術次第)とのことだが、14時過ぎても待ち状態、なんの連絡も入らない。また昨夜21時以降から断食がつついているのだが、不思議と空腹感はない。時間つぶしを考えていると、14時半になって手術開始時間を告げられた。
14時50分から!

20分後である。なんとも慌ただしい。初の紙おむつにはき替えてイザッ!
手術台に乗って3分もしないうちだろうか、麻酔が投与された。右側から冷たい感じが広がってきて、首周辺が冷たく痛い感じに我慢できなくなりそうなころ

意識が消えたようである。

20160613-MetalPlate.jpg何か夢を見ていて気持ちよく寝ていたのだが、呼びかけられて目覚めた。
ん?
あぁ手術だったっけ。状況を理解するまで数秒を要した。始まってしまえばあっという間。手術は1時間ほどで終了した。

酸素ボンベをしたまま、3時間ほどこのまま経過観察といわれ、MyWifeと退屈な片言程度の会話していると、彼女は熟睡
Daddyもそうしたかったが、欠片も眠気を感じない。いつも眠いことが多いのに、こういうのは珍しい。そんな退屈な中、1時間経ったところで、どういうわけか行動の許可が出た。
3時間ってのは何だったんだ?

夜中、麻酔が切れてくると激痛である。また骨折してんじゃないか?!という痛み方。強めの鎮痛剤を飲んだがさっぱり効かず、点滴で痛み止めを注入していただいて、ようやく我慢できる程度に。

翌未明、3時過ぎには痛みで目が覚めてしまい、迷わずナースコール!
今度は経口の鎮痛薬で、朝までぐっすり
怖い1日が無事に終わった。
(6月14日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:43   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック