Monday 4 Jun, 2007

ありがとう、羽田健太郎さん

6月2日、羽田健太郎さんが亡くなられたそうだ。
あまりにも突然の訃報で信じられない。
昨年3月、宮川泰さんがお亡くなりになられてから一年ちょっと
(旧記事:ありがとう、宮川泰さん
当時大変な寂しさを感じたが、75歳という年齢を思えば・・・だった。

しかし、ハネケンさんは58歳。まだまだじゃないですか。
毎週日曜日、楽しみにしていた「題名のない音楽会21」
フジ子ヘミングの「皇帝」に出会えたのもこの番組だった。
(旧記事:フジ子ヘミングでベートーベン
これだけではない。音楽の面白さ、醍醐味、華やかさ、短い30分番組だったが内容はとても濃く、勉強になることも多かった。
それに加えてご本人のピアノ演奏、そして作曲家としての活動。

日本アニメ大賞・音楽賞を受賞した「超時空要塞マクロス」の音楽は有名だが、Daddyにとっては「宇宙戦艦ヤマト完結編」のほうが衝撃的であった。このサントラは故・宮川泰さんとの共作で、アニメのBGMの域を超えたシンフォニーが満載だった。
ハネケンさんが作曲した「ウルクの歴史」は、今でも時々ピアノで弾くことがあるし、「Symphony of The Aquarius」のピアノ演奏なんかはDaddyの手の出せる領域ではない。10分弱の大曲、ピアノコンチェルトとして十分聴き応えがある曲だ。
そのうち根強いヤマトオケファンのために、宮川彬良さんと組んでコンサートやってくれるかと楽しみにしていたのだが・・・
これで本当に「さらば宇宙戦艦ヤマト」か。

つい先日までは元気なお姿をTVで拝見できたのに・・、
昨日の「題名のない音楽会21」では、『体調不良によりしばらく・・・』ってことだったが、まさかお亡くなりになるなんて・・・

心よりご冥福をお祈り致します。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:01   ==
この記事へのコメント
羽田健太郎さんの訃報はショックでした。
私もこの間の「題名のない音楽会」で「体調不良によりしばらく・・」というテロップを見て「おや?」と思ったのです。

ムスメらと毎週楽しみに見てたのにな〜>題名のない音楽会21

ご冥福をお祈りします。
Posted by あらやん at 2007年06月06日 22:15
あらやん様
先日はドヴォルザークの交響曲が流れていたので、何となく見てましたが、ハネケンさんのいない「題名のない音楽会」はやっぱり何か抜けてましたね。
つい前々回?に中村紘子さんがご出演されていたときは、難曲「ラフマニノフ・ピアノコンチェルトの3番を90歳になっても弾けるように競争しましょう・・・」とか笑いながら対談していたのに、その時はすでに・・・だったのでしょうかね。
Posted by Daddyクワトロ at 2007年06月06日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43885420

この記事へのトラックバック