Saturday 2 Jun, 2007

ダニエル・バレンボイム

長男坊と一緒にTVで、ダニエル・バレンボイムのベートーヴェン・ピアノソナタコンサートを観た。
DaddyのHDDレコーダには、幾つかのキーワードが登録してあり、いつもこいつが勝手にクラシック音楽のコンサートを録画してくれている。(もちろん見逃したくない番組は個別に予約しているが・・・)

20070602-Barenboim.JPGベートーヴェンのピアノソナタ、一応アルフレッド・ブレンデル演奏のCD全集を所持しているが、あまり聴くことはないし、聴いてもつまらない。
・・Daddyにとってそんな印象しかないのが、ベートーヴェンのピアノソナタである。
今回演奏されたのは第16番、第14番「月光」、第6番、第31番だったが、どれを聴いても気持ち良かった!

20070602-Barenboim2.JPGそれに加えてバレンボイムのオッチャンが渋くてカッコイイ!!
やっぱり男性ピアニストはショパンを弾いてはいけない(勝手に思い込む)
ベートーヴェン、ブラームス、ラフマニノフ、このあたりの曲を弾きこなせるようになりたい!!
と再認識した。10年後のDaddyはどうなっているんだろう・・・

Daddyが心地良く聴いていると長男坊は2曲目「月光」の出だしから急にシクシク泣き出した・・・?
時々訳もなく(聞いても理由が分からず)泣き出すことがあるのだが、今回はちょっと様子が違う。
「音が大きい。ボリュームを下げる」とか、「汽車」「春」「お別れ」「悲しい」など、訳の解らぬキーワードを並べ発している。
何かが彼の心に突き刺さったようだ。やはり音楽の力は凄い!!


20070602-BPO.JPG次に2004年5月に行われたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の野外コンサートを見た。場所はアテネ「ヘロデス・アティコス音楽堂」、どうやら古代遺跡のようである。

指揮はサイモン・ラトル、
そしてピアノ演奏がなんとバレンボイム!!
曲はブラームスのピアノ協奏曲第1番。いいのが録れてるじゃん!!
・・・もう聴く前から感無量。
20070602-BPO2.JPGちょっと小鳥の群れの鳴き声(ずっとピーピーピィーチク・・)が気になったが、演奏はもちろん文句なし。
第1楽章からクライマックス!
さすがブラームス、たまらん!!

それにしてもBSデジタルはイイ。
こんな素晴らしい演奏をタダで鑑賞できる。
画質、音の良さにも驚くばかりだ。

そして毎度のことながら、クラシック音楽に心癒されるDaddyなのであった。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:01   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック