Friday 11 Sep, 2015

氾濫の跡

大雨特別警報が解除され、ようやく晴れ間が出てきた。
河川の水位も落ち着いてきたのでサイクリングも兼ねて状況を見に行ってみると...
川周辺の田んぼ道、普通に見えるけど足を踏み入れるとズブズブとめり込む。草の無いところは歩かないように、自転車はとても危険だ。
20150911_AftertheFlood.jpg川沿いのサイクリングコースに入ると、氾濫した跡があちこちに。
初めて知ったのだが、よく見ると堤防を越えた水流は堤防の外側を削っている。なるほど... 氾濫するとこれで決壊するのか。だから堤防の外側を人工的に補強してなければ、壊れるまで時間の問題ってこと。

20150911_Article(DamagedRailroad).jpg友人から私鉄「東武宇都宮線」の架橋がやられた連絡があったので、見に行ってみると。なんであんなところが...
川らしいものはないので、よほどの氾濫があったのだろうか?
周囲は沼のようになっており、とても近寄ることはできない。これどうやって復旧するんだろ...重機は入れそうにないので、まずはそのルート確保からだろうか? それともレール伝いで工事機械を搬入するのだろうか?
興味津々だ目
20150911_DamagedBridge.jpg
この路線、長男坊が通学に利用している。
全線不通となってるので、困ったな〜って思ってたら、夕方になって「フオーン」電車の警笛音が聞こえた。カタカタという走る音も聞こえる。どうやら最寄駅までは動き出してるらしいぴかぴか(新しい)
よかったぁグッド(上向き矢印)
宇都宮方面には利用できないかと思ったら、大型バスがやってきて代行輸送も始まった。
日本てすごい国だなぁって思う。
(9月13日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:03   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック