Saturday 14 Apr, 2007

ピアノ練習近況

ブルグミュラー「つばめ」
左手が右手を飛び越え戻ってを繰り返すメロディーにようやく正確性が出てきた。右手の伴奏「タタタ」のテンポが一定に続けられ、良くなっている。音を外さなければ弾いてて気持ちがいい!
スピードを変化させてメリハリを付けようと思うと、右手「タタタ」が崩れて左手のメロディを邪魔する。あと一歩ってところだ。

ブルグミュラー「乗馬」
ミスタッチを除けば、ほぼ仕上がっている。ただ最後のスケール連続打のところで、(骨折療養中の)左手薬指の反応が鈍く、右手とのタイミングが合わない。しかも打鍵が極端に弱いため、曲の最後が締まらない。薬指の回復待ちだ。あと半歩!

この2曲はピアニストDaddyの第一段階の締めとして、納得いくまで続けるつもりだ。

・・・
バッハ「インヴェンション第1番」
ヤバイことになっている。凝り性のDaddyが曲の難解さにいろいろと疑問を感じてしまい、調べていたら深みにハマりつつある。
音楽理論の基礎、鍵盤楽器テクニックの基礎(指使いというか指運動?バッハタッチ?)など、こんな簡単そうな譜面の中にDaddyにとって大変膨大な情報がぎっしりと詰まっている。
ブルグミュラー25の練習曲のように「だいたい弾ければいいや」という練習法はよくないようだ。偶然に弾けた、というのではなく確実に弾けるように完全マスターする必要がある。これは大変だ。まともに全曲やったら爺さんになってしまいそう・・・
取り分け、第1番も重要な位置付けなようなので、このまま練習を続けよう。どうせすぐにはマスターできないだろうから、その間に次は何番を練習するか調べておくことにしよう。
現在、第一展開部が両手でゆっくり弾ける程度。暗譜はまだ出来てない。初めて「暗譜出来ないかも」と感じているが、まだ大丈夫であろう・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:43   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック