Friday 19 Jul, 2013

竜馬がゆく/司馬遼太郎

会社の昼休みに毎日15分間、江戸時代へ小旅行本
昨年11月に読み始め、ようやく8巻の大作を終えた。その最期はあまりに呆気なく書かれており、それがかえって巨星の喪失感を大きくしたように思う。茫然とした気持ちになりつつも、残された人たちの心の内を思うと、慟哭しそうになった。
でもここは会社、声を出して泣くわけにはいかない。いつの間にか、すっかり同志になっていたDaddyなのである。

20130618-RyomaGaYuku.jpg日本株式会社の原点
海軍の原点
民主主義の原点
現代日本の原点、と言ってもよいのではなかろうかぴかぴか(新しい)
すごい男がいたもんだ。学校の授業じゃ伝わらないんだよね〜 無駄な勉強なんだ。

「世に生を得るは、事をなすにあり」
Daddyには何ができるかな...

今の日本を見て、竜馬さんは何を想うのだろう目
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:50   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック