Sunday 23 Dec, 2012

ピアノコンクール

8月の続き(前記事:ピアノコンクール東京予選)である。長男坊が東京本選に出場だパンチ

本番直前、仕上がりは上々。今までで一番いい状態じゃないかな?
期待を膨らませる親バカDaddyであるわーい(嬉しい顔)

今回も特別に許可をいただきステージ裏まで付き添ったが、待ち時間も長男坊の様子は安定している。マジでこれは行けるか?!

しかし演奏が始まるとすぐに暗転バッド(下向き矢印)
速いあせあせ(飛び散る汗)速すぎるあせあせ(飛び散る汗) この速度だとこの曲は伝わらないだろうし、今までの練習成果もうまく引き出せないなぁ〜 さらに途中、テンポもあやふやになって・・

それでもまあまあの出来。50名弱の演奏者の中では、ほどほど上な感じの印象だった。
ここのコンクール、半数くらいは何らかの賞がいただけて、次のステップへ進むことができる。ある意味、商売っ気たっぷりな感じがしなくもないが・・
20121223-Awards Ceremony.jpg
表彰式は一番下位の賞の受賞者から名前が呼ばれる。十数名いたかな、しかしまだここで長男坊のお呼びは掛からず。

思ったより高評価かexclamation&question
どんどん続く上位賞の発表に耳を傾けていたが、結局最後まで彼の名は出てこなかった。
えっ目・・・おかしくない?
どこにも引っ掛からない演奏じゃなかったでしょあせあせ(飛び散る汗)

前回次男坊の時も似たようなことがあったので、少々不信感が募った。そして直後、長男坊が軽いパニックに陥るどんっ(衝撃)
訳の分らぬマシンガントーク、30分くらいは続いたかな? こんな姿、久しぶりに見た。
彼なりに悔しかったんだろう。きつい練習だったからな〜

よく頑張ったグッド(上向き矢印)
お前の気持ち、よく分かるぞexclamation×2
もうここには出場しないと思う。
(12月31日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:23   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック