Wednesday 14 Nov, 2012

キエフ国立交響楽団

かなり久しぶりのオケ鑑賞るんるん
平日6:00開場、6:30開演ってことで、仕事は定時上がり。急いで栃木県総合文化センターへ。ギリギリかと思ったら、6:20頃に到着できた。MyFamilyと合流して菓子パン食べて、イザッ!

20121114_Ukraine.jpg指揮:ヴォロディーミル・シレンコ
ピアノ:ウラジーミル・ミシュク

【 曲 目 】
チャイコフスキー/幻想序曲「ロミオとジュリエット」
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調
チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調

平日、時間帯のこともあってか、お客さん少ないね。メインホール半分ちょいくらいしかいない?
まず、ロミオとジュリエット。オーケストラの編成(並び)はいつもと違って古典配置。左に1stヴァイオリン、右に2ndヴァイオリン、コントラバスは左側。ヴァイオリンの掛け合いが左へ右へ移るので、これはセンターで聴きたかったな。家でCD聴いてるとパッとしない曲だけど、生は迫力あって次男坊も気に入ったようだ。

20121114-UkraineOrche.JPGDaddyの席はステージ向かって左側。ピアノコンチェルトがあるときは、だいたいソリストの手が見えるところに陣取るのだが、そのラフマニノフが・・・
なんだこのスローテンポは、それに音量のバランスの悪さ。ピアノの聴かせどころでオケの音しか聞こえなかったり、ピアノとオケの音が度々ズレたり。日本のローカル楽団でもこんなにひどくないってくらいに聴き苦しかった。

リハーサル聴かせるなら、もっと安くしなフリーダイヤル
あまりマイナスコメントは書きたくないDaddyだが、今回は言っとかないとどんっ(衝撃)

20121114-Studying.JPG休憩中、次男坊はお勉強。えらい!
で、後半のプログラムはチャイコフスキーの第5番。
主題がしつこく出てくるのであまり好きな曲じゃないんだけど・・ 音の厚みかな? 思ったよりもドドーッと響いて、心まで大きくなったような気分。とても心地好い演奏だった。
Daddyからはブラボー2回、ほかの聴衆からもあったね。あまり入ってない割にブラボーが多かったように思う。コンチェルトで不完全燃焼だっただけに、すっきりしたわーい(嬉しい顔)

アンコールは2曲
チャイコフスキー/歌劇「雪姫」より 道化師のダンス
スコリク/メロディ

「道化師のダンス」はウキウキ、Daddyの頭が久しぶりに踊ったわーい(嬉しい顔)
スコリクの「メロディ」はとてもきれいなメロディ(笑) どちらも聴いたことない曲だったけど、いい感じかわいい
あとで復習しておこう。

次男坊の学童野球が終わったら、もっと聴きに行くぞー(長音記号1)
(11月16日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:40   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック