Monday 27 Feb, 2012

胃カメラ

20120227-ExaminationGown.JPG先日の人間ドック、その場での結果は良好だったのに、送付されてきた封書には要精検の書類が・・・(前記事:要精検の予約
人生3度目の胃カメラであるバッド(下向き矢印)

まず食道の泡を消す液体を数ccゴクリ。続けてジェル状の麻酔薬をゴクリ。
それから待つこと10分程度。
今度は検査室に入って、のど周辺に麻酔スプレーを噴霧、肩に注射をされ、カメラ挿入・・・

おぇ〜おぇ〜っの連続ー(長音記号1)
のどは懸命に異物を飲み込もうとするが、太さ1cm程度のカメラの管はびくともしない。
お腹に空気を送られゲーッ(げっぷ)
自然に目からは涙が流れ出し、開きっぱなしの口からはヨダレがダラララもうやだ〜(悲しい顔)

20120229-DigestiveEndoscopyCenter.JPG時間にして10〜15分だったろうか。
検査が終わっても、しばらくは立ち上がれず・・ 身体だけでなく、気持ちまで凹んでしまう。
ホームドクターならすぐに所見を伝えてくれるのに、大学病院だと2週間後。また仕事を調整しないとフリーダイヤル

何でもなければいいなカメラ
(3月4日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:46   ==
この記事へのコメント
胃カメラには強い方なのですが、涙目にはなりますね。
カメラ前にいろんなものを飲んだり打ったり・・・それが苦痛です。

つらかったですねぇ・・・良い結果でありますように。。。
Posted by まこ at 2012年03月05日 19:51
まこ様
人によって拒絶反応に差があるんだそうです。
何人か知り合いの方から話をお聞きしましたが、私は最悪のほうにいる気がします。
とにかくつらい。
できれば子どものように、泣き叫んで逃げ出したいくらいです(>_<)
Posted by Daddyクワトロ at 2012年03月06日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック