Sunday 23 Oct, 2011

仲道郁代ピアノリサイタル

20111123-IkuyoLeflet.JPG今回は栃木市合併記念事業、三井住友海上文化財団派遣コンサートということで、料金が格安。
指定席で1,000円、子どもらは500円フリーダイヤル

しかしながら、安いコンサートは普段クラシックを聴かない人もやって来るようで、聴衆のマナーは今一つ。
でもさ、演奏中に咳をするときはハンカチを当てる、携帯電話の電源は切る、おしゃべりしない、荷物をいじってクシャクシャノイズを出さない。
この程度はやろうよ・・

さらに言えば、曲が終わったときは最後の音が消えるまで、そして演奏者の表情が曲から抜けるまで拍手は待つ!
曲が終わった途端に拍手をする人、知ったかぶりしなくていいよ!!
と、愚痴はこのくらいで。

まずプログラムに入る前に
東日本大震災へ哀悼の意を込めて「ノクターン嬰ハ短調 遺作」
これがもういきなり涙ウルウル・・

<曲目>
シューマン/リスト:歌曲集《ミルテの花》op.25-1より「献呈」S.566
リスト:愛の夢 第3番 変イ長調 S.541-3
リスト:2つの演奏会用練習曲より
     第1曲「森のざわめき」変ニ長調S.145-1
     第2曲「小人の踊り」嬰へ短調S.145-2
シューマン:《子どもの情景》より「トロイメライ」op.15-7
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」op.27-2
ショパン:ポロネーズ第3番 イ長調「軍隊」op.40-1
*ピアノ解体ショー
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調op.31
ショパン:12の練習曲op.10第5番 変ト長調「黒鍵」
ショパン:12の練習曲op.25第1番 変イ長調「エオリアンハープ」
ショパン:12の練習曲op.10 第3番 ホ長調「別れの曲」
ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」op.53

20111023-HallView.JPG演奏前にはそれぞれの曲のエピソードなどを語り、時折上品な冗談も交えたり、全体を通して和やかなコンサート。

アンコール曲には革命、愛の挨拶
どれもこれも彼女の優しさ溢れる演奏だったように思う。全体として安定感あったなー
ただ、ピアノ弾きなら好き嫌いがはっきり出るかも。

とっても素敵な「郁代ワールド」だったわーい(嬉しい顔)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:10   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック