Friday 10 Dec, 2010

ヘッドフォンのミニプラグ修理

我が家には2つのヘッドフォンがある。
1つはSONY MDR-CD2000、もう一つがaudio-technica ATH-A700
価格はそれぞれ25,000円と15,000円弱

長男坊がケーブルを持って乱雑に扱うものだから、2つとも内部で断線してしまったバッド(下向き矢印)
捨てるには惜しいフリーダイヤル
   20101210-MDR-CD2000.jpg   20101210-Daddy_repairing.jpg
ソニーのヘッドフォンは長男坊の治療用に買ったもの。強烈に脳に作用するというCDCDを購入してよく聴かせたものだ。落ち着かない彼もこれを使うとおとなしくなり、時には眠り呆けてたり・・・
この高級ヘッドフォン、音はクセが無く装着感も抜群!
それでも上位機種のスピーカーを買ったと思えば相当に安い。

オーディオテクニカの音楽は、Daddyの趣味である。
ソニー製に比べると、低音にクセがあり、長時間の装着をすると圧迫感を感じる。やはり1万円の価格差は埋めがたい・・
そのため用途はロック系どんっ(衝撃)

部品はネットで購入
ハンダは電気信号の減衰を少なくするため、銀入りを使用
   20101211-MDR-CD2000.jpg   20101211-ATH-A700.jpg

修理は簡単
ケーブルをカットしテスターで通電を確認
それから、購入したミニプラグに接続、ハンダで固定して完成
作業時間2時間弱、チョロいものだわーい(嬉しい顔)
(12月11日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 10:32   ==
この記事へのコメント
すばらしい!
この使い捨ての昨今…
私はリサイクルだリユースだとゴタクの響きで掲げているより
父親が子供の前で壊れた物を直して又使えるようにする姿を見せることが一番だと思います!!
Daddy様最高です
昭和の風景のようで良い話じゃありませんか(涙)
Posted by 工房長 at 2010年12月11日 20:18
工房長殿
何でも直すよぉ〜!(笑)
使い捨てなんてとんでもない(>_<)
どんなモノでもまずは分解して、ダメ元で修理だね。
直る確率は6割くらいかな・・・
Posted by Daddyクワトロ at 2010年12月11日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック