Sunday 27 Jun, 2010

ピアノ探検隊

20100627-Piano(2).jpgピアノの分解〜組み立てを体験してきた。
と言っても、体験したのは長男坊なのだが・・・

残念だったのが、グランドピアノではなくてアップライト型だったこと・・・
だいたいのことは知っていたが、やはりやってみないと分からないことも。

全面のカバー、ふた、鍵盤、アクション機構、大きな部位はどれもこれも簡単に外れる、そんなことは知っているのだ。
だがアクション部位の分解となると・・・フリーダイヤル

必要なのはマイナスドライバー
アクション部にはマイナスねじが使われている。子供たちには軸がブレやすく、付け外しが難しいようだった。そりゃそうだ、ドライバーすら持ったことが無いだろうに。

20100627-Piano(1).jpgなんでマイナスねじなのかというと、昔はプラスねじが無かったから、だそうだ。
なら今はプラスねじでも良さそうなものだが・・・?

長男坊、悪戦苦闘していたが意外と集中力を発揮!!
ダンパー、ハンマー、ウィッペンを外して、元に戻す。
ピアノ線を直接弾(はじ)いてみる。
それから調律にも挑戦!!
どれもこれもまじめに取り組んでいた。(ほぉ〜目

20100627-Piano(3).jpg再度組み立てた後には試弾会
長男坊は2番手に出撃!
アクション部が露呈しているピアノで、ソナチネNo.1を披露したるんるん

ピアノ椅子が無くて弾きづらそうだったが、それでもソコソコ弾けるあんたは偉い。Daddyには出来ないような気がする・・・
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:45   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック