Saturday 19 Sep, 2009

小学校運動会

20090919-SportsFestival.JPG長男坊(5年生)、次男坊(3年生)の通う小学校の運動会に行ってきた。
しかしこんなに不満タラタラなのは初めて。今までもいろいろあったが・・・

長男坊の組体操、いくつか棒立ち・・・
付き添いの先生は「俺が代わるからどけ!」という仕草まで・・・何あれ・・・?

まぁ出来ないことは予想していたが、幼稚園の時は努力して克服したこともある。そりゃ幼稚園とは違うかも知れないが、やってることは大差無い。

出来ないなら、出来ることをやらせればいいし、それでもやって欲しいことがあるなら、家で猛特訓だって出来たはずだ。
Daddyは何も聞いてないぞどんっ(衝撃)

あまり批判するようなことは書きたくないが、努力して出来なかったのなら仕方のないこと。しかしそれすらも放棄して、何の断りもなくあんな姿を親に見せつけるとは・・・


一方、次男坊
かけっこは運悪く強豪と同グループ。それでも2位争いはなかなか面白かった。頑張ったぞ!!

次男坊曰く、疾走中に
「インコースから抜かしたズルイぞ!!」
という野次があったそうだ。

大馬鹿者めっ、そんなルールどこにある!!
元陸上部のDaddyが教えてやる。
オープンコースの場合、インコースが空いてれば全く問題ない。しかし通常は空いてないからアウトコースから抜くのである。今回の例では、インコースを開けたほうに問題ありなのだ。

さらに言うと、後ろのランナーが速い場合、インコースを【少し】開けるという作戦もある。手慣れた相手ならインから抜こうとするところ、そこを閉じる。そして透かさず、またインを開ける。
こうすると相手はインから抜くか、アウトから抜くか迷うのである。そんなことをしているうちにゴールは目前、ってことだ。
別にきたない手法でも何でもない。F1レースでもやってることなんだから。

徒競走だってただ走ればいいってもんじゃない。
もちろん圧倒的な差がある相手にはこんな小賢しいことは通じないが。

その他、横綱引き、騎馬戦もなかなか面白かった。
ただ作戦を練れば、もっと楽しめたハズだが・・・
こういう所に遊びの醍醐味があると思うのだが。そんなことを教えてる暇が無いのか?それともリーダー格になれる子が居なかったのか?
詳細が分からないのでこの辺で。

そして大取りの紅白リレーは、やっぱり面白い。
ただもうちょっと人数増やした方がいいような気もする。せっかくの見所もあっという間に終わってしまう。


それにしても長男坊の組体操が悔やまれる。
無理だから・・・
無理と決めて諦めたのか・・・

後味悪い運動会だったなバッド(下向き矢印)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:37   ==
この記事へのコメント
シャア様
伊香保は残念でした…又の機会を楽しみにしてます
(そして信用してます(^^))
一昔前は、臭いものには蓋をなんて言葉がありましたが、
今では『臭いものは避けろ』的な感じがします。
目の前の問題を見て見ぬふり・分かっていてもしらん顔、残念です!!
『出来ない と やらない』とは大きな違いですよね。
Posted by 工房長 at 2009年09月26日 09:45
工房長殿
お世話になっております。
はい。学校には連絡帳にて私からの意見を申し上げましたが、真意はうまく伝わっていないようですので、次なる手を考えます。
モビルスーツの性能が、戦力の決定的な差でないことを教えてやる!
(↑特に意味は無いです(笑))
Posted by Daddyクワトロ at 2009年09月27日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック