Tuesday 23 Jun, 2009

ぼく、このままでいい?/文:小原瑞穂、絵:MAYA MAXX

ぼくこのままでいい?.JPGMyWifeから、読んでみて、とバッグの中に入れられた。
会社の昼休みに読んだ。涙ウルウルになりながら。
知的障害児の姉が書いた家族の苦悩、喜び、発見・・・
そんな子供のいるご家庭なら、多かれ少なかれ経験していることだ。


Daddyが泣いて解決するなら、いくらでも泣いてやる。
それとも、命懸けで解決するのなら・・・
だが自分たちに見出せる環境の中で、懸命に一緒に生きるしかない。
多くの人に迷惑を掛けながら、
心無い連中に馬鹿にされたって、命までは取られないのだ。

最後のページ、
著者の母親が息子を想って言ったそうだ。
「一日でもいい、私より先に逝って欲しい」

・・・この一文、気持ち分かる。

別に彼を殺したい訳ではない。
どうなるか分からない彼を残して死ねないのだ。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:42   ==
この記事へのコメント
ぼく、このままでいいを読んで頂きありがとうございました。
著者の小原です。

クワトロさんのように、思っていただける方が1人でも増えていけば、彼らはとても幸せに生きていけると思います。

WIFE様にも、よろしくお伝えくださいませ。
Posted by 小原瑞穂 at 2009年09月23日 00:28
小原様
著者ご本人様から書き込み頂けるなんて・・・
MyWifeも驚いております!
人が作った社会の中で、適応できない人がいる。障害児に限ったことではありませんけど、日頃からいろんなことを考えされられます。
コメントありがとうございました。
Posted by Daddyクワトロ at 2009年09月23日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック