Monday 15 Dec, 2008

続「甘え」の構造/土居健郎

amae.jpgまた一つ大人になれた気分である。
まったく本ってのはありがたい。

「甘え」ってなんだろう?
何だか子供っぽい、あまり良いイメージの言葉では無いと思っていたのだが、本書により考え方が随分と変わってしまった。

一年ほど前であろうか。Daddyは「他者とのつながり」について随分と思い悩んだ時期があり、いろいろと本を読んだりして自分なりの答えは出していたが、本書によってまた違った「つながり」を見つけ、さらに深みに入れたように感じた。

備忘録として、
気になった部分を抜粋しておこう。

・「甘え」は日本語に特異な言葉
・「甘え」は概念(普遍的な本質がある)
・「甘え」は人間関係の根本に関わる心理
・「甘やかす」は相手を喜ばせようとしているようにみえるが
  実はそうすることは自分自身にとって好都合だから
・「妬み」は対極的な心理
  自分と関係の無い人に対しては起きない
・健康で素直な「甘え」と自己愛的で屈折した「甘え」
  前者は自分の甘えを自覚しないが、後者は自覚があり、
  また素直な甘えができず屈折したもの
・「落ち着く」心理は「甘え」が前提
・「甘え」は満たされていないときには言語化できるが、
  充足しているときは「非言語的」に起きる
・死んでご先祖様のところへ・・・
 甘えの行方は死の彼方までも及ぶかもしれない
・宗教との関わり、日本人のシンクレティズム、素直さ


Daddyなりにまとめると、
「甘え」は良いとか悪いとかではなく、
人の存在があれば、甘えは存在する。

ってところだろうか?
まだ自分の中で消化仕切れていない感もあるが、Daddyの人生にはどんな形であれ、必ず「甘え」がつきまとうということだ。
これを自覚できるか、うまく付き合っていけるか?

頭の片隅には置いておこうひらめき
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:44   ==
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111285251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック