Thursday 22 Mar, 2018

要精検

20180322-JichiMedicalUnivercityHospital.jpg人間ドックで引っ掛かったので検査してきた。
近くのD大学病院ではなく、初の自治医科大学病院。なんかD病院はモルモット感が半端なく、学生の口の利き方にも腹立つことが多いのでもう行かない。あまり悪口は言わないDaddyだが、行く度に我慢ならないものがあった。
まず社会人として、プロとして、タメ口はやめな!

今回は肝臓のエコー、それから大嫌いな胃カメラ
10時からエコー、10時半から胃カメラ、ずいぶんと前に担当医がご手配してくれたのだが、こんなにきっちり時間通りにできるのか?

案の定、10時15分になってもエコーのほうは順番待ち。「診察ありますか」って聞かれたので、「今日は検査のみです」って答えたのが敗因か?
エコー技師に文句言っても仕方ないので、消化器・肝臓内科の受付に行って、事情説明...めんどくさい
するとすぐに対応してくれた。
なんだ、できるのか

エコー技師が説明しながら、検査を進める。時々Daddyに話しかけてくるが、Daddyの返答には全く興味無いようだった。
なら初めから聞くな。
検査後はジェルのふき取りが甘くて気持ち悪かったな。人間ドックでは温かい蒸しタオルで拭いてくれるのに、ここはペーパータオル。おばさん看護師、テキトーすぎるだろーが!!

次、胃カメラ
もういつもながら最悪、拷問でしかない。
検査中に技師が「あーだいじょぶですねーここも問題なくきれいですねー」とコメントしてくれていたので、それを励みに耐えた。
終わった後は力が抜けて動けなくなるのだが、今回は回復が早かったような?


検査結果は4月6日、禁酒生活は2か月を過ぎている。
早くDaddyを解放してくれ!!
(3月24日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 15:22   ==