Saturday 31 May, 2014

奉仕作業

20140531-Volunteer.jpg次男坊がお世話になってる中学のPTA活動に参加してきた。
例年、パパ連中は校内の側溝掃除なのでシャベル持参の人が多かったけど、今回は部活割り。野球部は保護者も一緒に歩道橋周辺のゴミ拾い。
部員と保護者で30人くらいになるのかな?

大人数でやれば大したことないと思ってたら、
なんだココ... 不法投棄の山じゃねーかむかっ(怒り)
空き缶、ビン、傘にタイヤ、バッテリー、ポット、ソファー、瓦などなど、挙げたらキリがない。そして定番のエロ本も
通りがかりで捨てたものもあれば、わざわざ持ってきて投げ捨てたものまで。

軽トラ2台、リヤカー3台分、
ぜ〜んぶ捨てた人の家に放り込んでやりたいわexclamation×2
(6月1日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:05   ==

Sunday 18 May, 2014

献血

20140518-BloodDonation.jpg年2回、恒例の献血に行ってきた。
でも献血カード見たら... あれっ?昨年やってないあせあせ(飛び散る汗) 仕事でテンパってたかな?

往復10キロ、お散歩にもならないサイクリングで向かってみると、そこにはピアノ師匠のご家族が。お婆ちゃまに旦那さん、三姉妹もお揃いで
あらひらめき こんにちはわーい(嬉しい顔)(笑)

休日はいつも混んでる献血センター
みんな自主的に.. どこの国でも同じようなものなのかな。途上国では売血してるって聞いたことあるけど..
無料のジュースを飲みながら本読みしながらのの待ち時間

20140518-BloodDonation(2).jpg

おみやげにカロリーメイトとアイスクリームをいただいて
帰路はノラリクラリ〜
(5月25日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 19:29   ==

Saturday 17 May, 2014

運動会

20140517SportsFestival.JPG長男坊が通う学校にて運動会が催された。小学部〜高等部までみんないっしょ

開会式ギリギリで校庭に入ると、どこに行っても鉢合わせしてしまう友人T君が待ちかまえてた(笑)
いつもながら大きなイベントテントで陣取ってたので、お邪魔しながらの観戦。

長男坊はふらりふらり、やる気無いようなあるような。親は安心して見てられるけど、やっぱり今までの生活よりは緩いよね。これが本人のためになるのかどうなのか

初めて見るここでの運動会。パラリンピックミニ版のような状況なかと思えば... 重い肢体不自由な子もいるから競争にならないシーンも多く...目

運動会という名目じゃなくてもよいのでは?
現代社会との接点とか、いろいろと考えさせられる日でもあった。
(5月18日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:42   ==

Saturday 10 May, 2014

中学野球部 後期総会

新入部員の保護者さんの歓迎会も兼ねて開催された。
もうすぐ夏、3年生の野球部生活は残り2か月ほど、あっという間にやってくる。
20140510-GeneralAssembly.jpgDaddyは今夏から来冬にかけて大仕事が控えている。どこまで見に行けるんだろうか...

みんな悔いのないように頑張れ〜☆

(5月11日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 21:17   ==

Tuesday 6 May, 2014

昭和16年夏の敗戦/猪瀬直樹

20140503-Haisen1941.jpg軍国主義だったから、軍部が暴走したから、侵略戦争だった、自衛のためだった
学校は何を教えてるのか。起きたことだけ教えとけばいいということなのか?
満州事変、日中戦争、太平洋戦争、こんな言葉を覚えて何になる。その背景を知って、どう思うかを考えさせるだけでもよいと思う。事実を知っておくべきだ。

昭和15年に設けられた内閣直轄の「内閣総力戦研究所」、昭和16年ここの研究員で構成された模擬内閣が、米国と開戦した場合のシミュレーションで「日本必敗」を予見していたとのこと。大きく違っていたのは、真珠湾攻撃と原爆投下くらいだとか。
当時の近衛首相にまで報告はいっていたのだが、この結果が活かされることはなかった。その後の東條内閣でも止めることはできなかった...

当時は統帥部と陸・海軍省で軍部が構成されていたが、統帥権(天皇大権)を持つ統帥部は独立した地位を保っていたため、政府や議会が介入できなかった。御前会議で出された石油備蓄の試算表が日米開戦の決め手になったようだけど、それもただの数字合わせ。タンカーが沈められることは計算から外してあるのだが、そんな条件は書かれてないから、出した数字に嘘はない?

風潮に流され、開戦だけが独り歩き...

東條英機さんが首相になった経緯、それから開戦までの日々は読んでて苦しくなった。極東国際軍事裁判でのやりとりも、天皇の責任論にならないよう玉虫色に...
日本人って良くも悪くも変わってない気がする。中国や韓国、アジア諸国の人たちが読んだらどう感じるんだろうな... 日本人気質、理解されないだろうね。

もう少し統帥部側の視点、考えが知りたかった。
機会があれば、また関連書物を読みたいと思う。
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:32   ==