Tuesday 20 Aug, 2013

左手骨折(その2)

病院によって、こうも違うものなのか?
整形外科って評判良くないところが多いので、先日行った病院もあまり期待はしてなかったのだが...

今日の病院は当たりexclamation
前の医者と今回のお医者様、どのように違ったのか

◆前の医者
1.いきなりレントゲン
 レントゲンは痛めている左手のみ2枚
2.診察
 レントゲン写真の説明が主
 ヒビの入ってる所、1箇所教えてくれた。
 ゲンコツの出っ張りが、内側(手のひら側)に曲がっているとのこと
3.触診は皆無
 ここ痛いでしょう?のみ 
4.会話が噛み合わない
 医:ここ痛いでしょう
 私:痛くないです
 私:毎日ピアノ弾いてるんですが
 医:次は来週水曜日に
 私:治りますか
 医:痛みは2、3週間で無くなってくるでしょう
5.湿布と包帯
 包帯はきつくて、病院出てすぐに自分で巻きなおし
6.診療費
 六千円強

20130820-Fracture.jpg◆今回のお医者様ぴかぴか(新しい)
1.問診
 痛めた経緯を聞いてきた。(すでに2日経ってることを気にされてた)
2.触診
 ゲンコツの周囲、特に出っ張りの上の靭帯が切れてないかを触ったり、私に手を開かせたり握らせたりを繰り返して確認し、問題なさそうとの判断
3.レントゲン
 左右の違いを見るため、両手セットのレントゲンを2枚
4.レントゲン写真の説明
 ヒビ(亀裂)の入ってるところ、3箇所指摘
 ゲンコツが内側に曲がっているとのこと(前の医者と同じ見解)
5.会話
 聞きたいところを的確に穏やかに話される
 (1) ボクサー骨折と同じだけど、そんなにひどくないので手術は不要
 (2) ピアノは痛みが無くなれば、まったく問題ない
 (3) 全治1カ月くらいが普通
6.簡易ギブス
 患部があまり動かないようにと、その場で簡易ギブスを作り
 包帯で固定(写真右)
7.診療費
 三千円強

とまぁこんな具合。
ちゃんと治るとのことで、安心したDaddyなのである。
(8月25日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 20:35   ==