Tuesday 30 Jul, 2013

永遠の0/百田尚樹

20130721-EiennoZero.jpg涙々の連続、先日記事をアップした"竜馬がゆく"も泣けたけど、今回はその比じゃない。この人を死なせてはならない、って本気で思えた。本でこんなに泣かされるなんて。

主人公は宮部久蔵、最後まで生きることを諦めなかった超一流パイロットである。最期は神風特攻隊として...
死を徹底して回避するその様から、臆病者のレッテルすら貼られていたが、そんな彼にDaddyはどんどん魅かれていく。男として、文句なくカッコイイ。

神風特攻隊について思うことはいろいろあった。
時代が生んだ? 志願した? そこまでして守る国だった? 百歩譲って、勝てる算段があったのなら?
ずっとDaddyは、あんな命令を出してはいけないと思っていたが、今は何を書いても軽々しく思える。
九死一生と十死零生は雲泥の差、命の重み、特攻隊の超越した心の内...
もう何も言葉にならない

また、神風特攻隊は今で言うとテロリストだ、と述べられるところが数カ所あった。
「殉教的精神」
確かに第三者的に見ると似ているような気もする。Daddyはどう考えればよいのか分らなかった。
後半にその答えらしき箇所(テロリストとの違い)も出てくるのだが

主人公は生き残れる可能性があった。しかしあまりに意外なストーリーに、また泣かされてしまうDaddyなのであるもうやだ〜(悲しい顔)

そういえば...
7年前に渡米したとき、航空博物館で特攻隊のビデオ映像が延々と流されてたのを思い出した。
あの戦闘機たちは、超奇跡的に米艦船まで辿りついたんだなぁ

しかし「零生」...
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:14   ==

Friday 19 Jul, 2013

竜馬がゆく/司馬遼太郎

会社の昼休みに毎日15分間、江戸時代へ小旅行本
昨年11月に読み始め、ようやく8巻の大作を終えた。その最期はあまりに呆気なく書かれており、それがかえって巨星の喪失感を大きくしたように思う。茫然とした気持ちになりつつも、残された人たちの心の内を思うと、慟哭しそうになった。
でもここは会社、声を出して泣くわけにはいかない。いつの間にか、すっかり同志になっていたDaddyなのである。

20130618-RyomaGaYuku.jpg日本株式会社の原点
海軍の原点
民主主義の原点
現代日本の原点、と言ってもよいのではなかろうかぴかぴか(新しい)
すごい男がいたもんだ。学校の授業じゃ伝わらないんだよね〜 無駄な勉強なんだ。

「世に生を得るは、事をなすにあり」
Daddyには何ができるかな...

今の日本を見て、竜馬さんは何を想うのだろう目
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:50   ==

Monday 15 Jul, 2013

今年初プール

20130715-SwimmingRace.jpgなかなかゆっくりとした時間が取れなかったが、ようやくDaddyの夏開始! 長男坊を連れてプールに行ってきた。

初めは軽く水浴び、泳いだり水中を歩いたり。10分も遊んでいると、体が重くなってきた。200mほどダラダラしたら一休み。持参した本を読みながら日光浴である。
太陽が大好きなDaddy、至福の時間だ晴れ

よしっ!
気合いを入れて長男坊を呼び寄せ、恒例の50m競泳だ。
長男坊の合図でスタート!

よーいドンどんっ(衝撃)
長男坊、スイミングスクールで3年シゴかれてるだけある。すぐに身体一つの差をつけられてしまい、動揺してしまうDaddy。だがここで慌てても簡単には追いつけない。しばらくそのままついていくと、30m地点あたりでペースダウンー(長音記号1)

待ってましたぴかぴか(新しい) 一気に追いついて勝負だ!
すると、Daddyに気付いた長男坊もペースアップグッド(上向き矢印)
負けじとDaddyもフルパワーむかっ(怒り)むかっ(怒り)

しかし...ここで右腕に違和感雷
ダメだたらーっ(汗)身体がついてこない。ポンコツめ
まっ、今年初泳ぎで勝負したDaddyがバカだったよわーい(嬉しい顔)

約60cm(腕一本分)の差でゴール
長男坊に負けたのは初めてであるかわいい

Daddyの捨て台詞「8月末にもう1回勝負だ!」
誰かタイム計ってくれないかな〜
(7月17日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:29   ==

Saturday 13 Jul, 2013

第95回全国高校野球選手権栃木大会

20130713-Preliminary Round.jpg足利南vs鹿沼南
小学校時代の友人が監督を務めているチームの応援に行ってきた。

高校野球、何がいいって試合前の練習でしょ野球
キャッチボール、トス、ノック、ボール回し、声、この時点で駆け引きが始まっている。見る人が見れば、どちらが強いか(練習してるか)が分かる。しかし、勝負は時の運もあるわーい(嬉しい顔)

さて試合はというと、足利南が7回に一挙6点を奪う猛攻で鹿沼南に8−1とコールド勝ち。最後は押し出しのフォアボール。なんとも言えない幕切れ...
残念だったけどね、そのシーンだけを見てはいけないのだ。試合には流れがある。あの時、あの場面を終えて最後の局面につながっている。試合後もいいチームであって欲しい。

話はまったく変わるが、鹿沼南の応援をしていたブラバン演劇
音楽には辛口なDaddyもついつい耳を傾けてしまう、かなりハイレベルな演奏なのである。聴いていてとても心地好かった! そうとう練習してるねぴかぴか(新しい)
こちらも頑張れるんるん
(7月16日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 23:28   ==

Monday 1 Jul, 2013

ありがとう お義母さん

平成25年6月27日(木) MyWifeの実母が他界した。享年71歳、あまりに早急な旅立ちだった。

6月30日通夜、7月1日告別式を終えたものの、まだ実感は無い。なかなか心が受け入れようとしない。
働き者でいつも細やかな気配りをされ、どんな苦労話も笑い飛ばしてしまう、明るく気さくなお義母さんだった。曲者の旦那さんとはいつも喧嘩ばかりしていたが、それも生きていればのこと...
忙しない葬儀を終え、今頃お義父さんは心の穴を感じてるだろうな。だいじょぶだろうか...

不思議、と思える事象もいくつか目
26日にDaddyは愛用の傘を紛失、27日には次男坊が宝物のようにしてたペンケースを紛失。告別式の前夜(深夜1時過ぎ)には、Daddy宅でかつてない大きな音のラップ音が一回、その直後いつも聴きながら寝ているipodの音楽が途中で停止...
他のお宅にもちらほら奇談が

神仏幽霊を一切信じないDaddyなのだが、こうもいろいろ重なると怪異に感じてしまう。
傘もペンケースも、お義母さんに捧げますプレゼント

大変お世話になり、ありがとうございました
どうぞ安らかに...
(7月3日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:41   ==