Tuesday 21 Feb, 2012

栃木県議会議事堂ホールコンサート

20120221-PrefecturalGov.JPG羽石さんが演奏するそうなので、ちょっと足を運んでみた。初めて訪問する栃木県庁・新庁舎。建て直して5年くらいは経ったかな?

入ってびっくり、デ、デカイexclamation×2
ちょっと豪勢に作りすぎだな。こんな箱モノに見栄張ってどうすんだよあせあせ(飛び散る汗)
Daddyだって滅多に来ない場所、ランニングコストが掛かるだけ・・・総工費いくら掛かったんだ?と思いネットで調べようと思ったら、検索しても全然ヒットしない
なんで目
こういうのはすぐ見つかるようにしときなさいよむかっ(怒り)
怪しさ満載だわ・・

20120221-PianoView.JPG他の県でも似たような記事が見つかったりして、やっぱり同じこと思う人いるんだな。
どうせモノに使うなら、立派な消防車とか素敵な図書館とか、JRや東武鉄道と協力してチョ〜かっちょいい宇都宮駅を作るとか・・
住民が常に利用できるようなモノにして欲しい。県庁なんて滅多に来ないんだから。

それよりも、借金あるんだべ?
なんで最小限の機能に絞らないのかな・・ そういうアピールなら、日本一の県庁になれるのに。

さて本題るんるん
まず県議長さん挨拶、県知事さん紹介などが軽くあった後、
早速演奏へ
<< 曲目 >>
1.県民の歌(斉唱あり)
2.モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調KV.467
指揮:荻町修さん、ピアノ:羽石道代さん、オケ:栃木県交響楽団

県民の歌はDaddyも立って一緒に斉唱。
歌ったのは小学生以来かな?
いゃ〜生オーケストラバージョン。県民の歌かっちょいいグッド(上向き矢印)
感動したぴかぴか(新しい)

そしてモーツァルト。久しく聴いてない曲だったけど、たまらんわぁ〜揺れるハート
今回は羽石さんの手がよく見える。その距離3mほど。
手は大きくないですね眼鏡
第2楽章はもっと響きが欲しかったけど、場所が場所だけにしょうがないな。羽石さんも勝手が違ったのか、本調子じゃなかったような・・ ピアノがお休みのところで、しきりに手もみ。
いつもああいう仕草、多かったっけ?
なんとなく気になったDaddyである。

20120221-Leaflet.jpg無料の演奏会は45分くらいで終了。
すかさず県議会開催のお知らせ、議事堂傍聴席へ移動のアナウンス。
でも栃響のメンバーはまだ座ってる・・・
もしやこれ、アンコールありexclamation&question
そんなことはお構いなしに、聴衆を案内し始める進行担当者。

なんだかな・・・
だがDaddyはそんなに暇ではない。議会運営はあなた方の仕事です。県民が見てなくてもしっかりやってください。
借金してまでご立派な箱モノは要りません。
(2月25日掲載)
=== ☆   posted by Daddyクワトロ   ☆ =   at 22:04   ==